浅倉 秋成

イラスト1
Pocket

新刊書

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 俺ではない炎上 [ 浅倉秋成 ] へ。


俺ではない炎上』とは

 

本書『俺ではない炎上』は2022年5月に刊行された、363頁の長編のミステリー小説です。

王様のブランチで紹介されていて確かに面白い作品ではあったのですが、物語にリアリティを感じることができず、どうにも半端な印象を持ってしまった作品でした。

 

俺ではない炎上』の簡単なあらすじ

 

外回り中の大帝ハウス大善支社営業部長・山縣泰介のもとに、支社長から緊急の電話が入った。「とにかくすぐ戻れ。絶対に裏口から」どうやら泰介が「女子大生殺害犯」であるとされて、すでに実名、写真付きでネットに素性が晒され、大炎上しているらしい。Twitterで犯行を自慢していたそうだが、そのアカウントが泰介のものであると誤認されてしまったようだ。誤解はすぐに解けるだろうと楽観視していたが、当該アカウントは実に巧妙で、見れば見るほど泰介のものとしか思えず、誰一人として無実を信じてくれない。会社も、友人も、家族でさえも…。ほんの数時間にして日本中の人間が敵になり、誰も彼もに追いかけられる中、泰介は必死の逃亡を続ける。(「BOOK」データベースより)

 

俺ではない炎上』の感想

 

本書『俺ではない炎上』は、現代のインターネット社会では誰にでも起こりうる、ネット上で突然に濡れ衣をかけられて必死で逃走する男の姿を、多視点で描き出しています。

物語の設定自体はじつに恐ろしい状況です。けっして絵空事ではない、いつ自分に降りかかってもおかしくないというのが現代のSNSの怖さでしょう。

本書の状況ような十年も前からの偽アカウントということは考えにくいとしても、男性が女性になりすまして交流を続けるなど、SNS上のなりすましという話はよく聞く話です。

 

ともあれ、インターネットの現状はさておいて本書の話です。

主な登場人物をあげると、主人公が山縣泰介という大帝ハウス大善支社の営業部長という役職についている人物で、その妻が芙由子であり、夏美という娘がいます。

また、泰介のツイッターを見つけ拡散させたのが住吉初羽馬という大学生で、のちに初羽馬とともに泰介を追いかけるのが初羽馬の大学の後輩のサクラ(んぼ)という女性です。

さらに、泰介の家へ行き、妻の由美子らから事情聴取をするのが堀健比古という所轄の刑事であって、その相棒となる県警捜査一課の刑事が六浦といいます。

 

本書『俺ではない炎上』の物語の設定自体は現代的であり、ありうる話であって、着眼点は面白そうであり期待して読み始めました。

しかし、どうにも物語に没入できません。ストーリーに現実感がないためとは思うのだけれど、ではどこが現実感がないのかと問われれば具体的に指摘はできないのです。

そもそも、ツイッター上で自分が殺人犯に仕立て上げられるという設定自体に現実感を感じないのか、それとも主人公の逃走劇が非現実的なのかよく分かりません。もしかしたら、両方とも原因と言えるのかもしれません。

 

本書『俺ではない炎上』で作者が言いたいことは、「自分は悪くない」という個々人の責任逃れの主張、にあるのかなという気はします。

ネット社会で簡単につぶやくことはできても、そのつぶやきに対して責任をとろうとはしない社会へ、それは違う、と声高に叫んでいるようです。

また、主人公の泰介自身が自分自身を見直すきっかけにもなっているこの物語は、自分自身を客観的に見ることが難しい、という事実を教えてくれてもいるようです。

 

現代的な視点の面白さとは別に、ミステリーとしての出来はどうかと言えば、作者の浅倉秋成の前著『六人の噓つきな大学生』で見せたような視点のユニークさ、意外性が本書でも維持されていてさすがだと思います。

 

 

本書『俺ではない炎上』については、最終的には、そうだったのかという意外性に満ちた物語だった、と少しは言うことができる、という印象です。

ミステリー小説の定番のミスリードを誘う構成には少々違和感を感じるのですが、この点は個人の好みの問題という点もあるので、あまり声高に叫ぶところはないと思われます。

また、堀と六浦両刑事の会話の行き着く先がどうにも中途半端な気がします。しかし、この点も「自分は悪くない」というこの本のテーマと思しき言葉へ行きつくのだから、それでいいのかもしれません。

 

以上、個人的な理由不明な不満を並べて文句ばかり言っているようですが、それでも視点の現代性、主人公の人間性への言及、ミステリーとしての面白さなどを思うと、面白い作品だったと言えそうです。

またこの作者のこれからの作品を読むことになるのだろうと思います。

[投稿日]2022年07月12日  [最終更新日]2022年7月12日
Pocket

おすすめの小説

「王様のブランチ」で紹介された本

特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 ( 南原 詠 )
南原詠著『特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来』は2022年1月に刊行された、受賞した第20回「このミステリーがすごい! 大賞」の選評まで入れて新刊書で267頁の長編のミステリー小説です。現役弁理士が描く企業ミステリーです。
元彼の遺言状 ( 新川 帆立 )
本書『元彼の遺言状』は、女性弁護士を主人公とする、新刊書で322頁という分量の長編のミステリー小説です。主人公の女性弁護士のキャラクターがユニークと言えばユニークなのですが、個人的には今一つの作品でした。
花束は毒 ( 織守 きょうや )
織守きょうや著の『花束は毒』は2021年7月に刊行された、第20回「このミステリーがすごい! 大賞」の選評まで入れて新刊書で267頁の長編のミステリー小説です。結末は意外性があった、それまでのストーリーは平板にも思えた作品でもありました。
かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖 ( 宮内 悠介 )
宮内悠介著の『かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖』は2022年1月に刊行された、新刊書で312頁の連作のミステリー短編小説集です。明治期に実在した「パンの会」という集いを借りた、彼らが謎解きに腐心するさまが魅力的な作品です。
同姓同名 ( 下村 敦史 )
本書はテレビ番組の「王様のブランチ」で紹介されていた長編の推理小説です。 登場人物は大山正紀という同姓同名の人物ばかりであり、どんでん返しにつぐどんでん返しが続く、とても面白いエンターテイメント小説です。

関連リンク

浅倉秋成『俺ではない炎上』 | 双葉社
双葉社 公式サイト : ある日突然SNSで「女子大生殺害犯」に仕立てられた男。日本中が敵になり、必死の逃亡を続ける男が辿り着いた 驚くべき真相は !?
浅倉秋成『俺ではない炎上』 | 小説丸
就職活動を題材にした『六人の噓つきな大学生』が二〇二二年本屋大賞をはじめ各種文学賞にノミネートされた浅倉秋成は、いま最も勢いのある作家である。レジェンドの小畑健...
俺ではない炎上 - COLORFUL
就職活動における究極の心理戦を描いた『六人の嘘つきな大学生』でブレイクした浅倉秋成が、次なるテーマに選んだのは“SNSでの炎上”。ある日突然「女子大生殺害犯」に...
『俺ではない炎上』〝明日は我が身〟のリアルさ
SNSはやっていますか? 便利で楽しいし、今や私たちの生活になくてはならないものですよね。しかし、ある日突然、あなたのアカウントが炎上してしまったらどうします?...
【著者インタビュー】浅倉秋成『俺ではない炎上』/50代半ばのSNS弱者が巻き込まれた理不尽極まりない炎上逃亡劇
ある日突然、SNSに自分のなりすましアカウントが現われ、身に覚えのない「若い女性の殺害」を写真付きで告白されてしまったら……。明日は我が身かもしれない、現代的な...
SNS炎上からの逃亡サスペンス――だけではない複数視点の人間ドラマ
前作『六人の嘘つきな大学生』が本屋大賞を始め複数の文芸賞にノミネートされ、一躍脚光を浴びた浅倉秋成の待望の新作長篇。今回はインターネット上のサービス―SNSを題...
ヒット連発中! 浅倉秋成が語る「絶対読んでしまう物語」の極意とは?
『六人の噓つきな大学生』で大ブレイクした浅倉さんの新作『俺ではない炎上』は、SNSでのなりすまし×炎上×逃亡劇を描き、スリル満点! とても他人事とは思えない緊迫...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。