織守 きょうや

イラスト1
Pocket

新刊書

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 花束は毒 [ 織守 きょうや ] へ。


花束は毒』とは

 

本書『花束は毒』は2021年7月に刊行された、新刊書で293頁の長編のミステリー小説です。

「王様のブランチ」で紹介されていたので読んだのですが、確かに結末には意外性があったものの、結末に至るまでのストーリーが平板に思えた作品でもありました。

 

花束は毒』の簡単なあらすじ

 

罠、また罠。100%騙される、戦慄ミステリー!

「結婚をやめろ」との手紙に怯える元医学生の真壁。
彼には、脅迫者を追及できない理由があった。
そんな真壁を助けたい木瀬は、探偵に調査を依頼する。
探偵・北見理花と木瀬の出会いは中学時代。
彼女は探偵見習いを自称して生徒たちの依頼を請け負う少女だった。

ーーあの時、彼女がもたらした「解決」は今も僕の心に棘を残している。
大人になった今度こそ、僕は違う結果を出せるだろうか……。

背筋が寒くなる真相に、ラストに残る深い問いかけに、読者からの悲鳴と称賛続出の傑作ミステリー。( 出版社より )

 

花束は毒』の感想

 

本書での事件は、真壁研一という元医学生のもとに「結婚をやめろ」という脅迫の手紙が届いたことから始まります。

真壁研一は木瀬芳樹という大学生のいとこであり、この木瀬芳樹が本書の大半の語り手でもあります。

警察は取り合ってくれなさそうな事件のため、木瀬芳樹が真壁の姿を見かねて自ら探偵事務所に調査を依頼しようとするのです。

このときに調査を依頼した探偵が、木瀬芳樹の中学時代の一学年先輩であり、従兄の聡一が当時いじめられていた問題の解決をした北見理花という女性でした。

この北見理花もまた、本書での語り手の一人であり、先の木瀬芳樹の語りを中心に北見理花の視点がたまに入るという形式で物語が進みます。

 

物語の少なくとも中ほどまでは、ほとんど全部と言っていいくらいに、探偵である北見理花と彼女に付きそう木瀬芳樹との、真壁が過去に犯したとされる強姦事件の調査の様子が語れられるだけで進みます。

この過程ではストーリーの変化が見られず、物語の展開が平板で実に退屈に感じました。

また、途中経過が平板に感じたためかもしれませんが、本書のメインの語り手となる木瀬芳樹や、探偵役の北見理花もともにその人となりについての描写はなく、少なくとも印象には残りません。

本書のようなミステリーでは不要、と言われればそれまでなのですが、個人的には特に探偵役の北見理花についてはもう少し書き込みが欲しいと思ってしまったものです。

 

たしかに、すべてを読み終えた今は、本書の帯にあった「100%騙される戦慄」という言葉は嘘ではなかった、と納得しています。

終盤に近付くにつれ、犯人の見当はつくといえばつくのですが、それでもなお結末自体は驚きを感じました。

それまで平板に感じたストーリーはこの結末のためにあえてそのようにしたのかと思ったほどですが、それはさすがにないでしょう。

それほどに驚きを持った結末ではあったのですが、それまでの運びが私の好みではなく、ただ、レビューでの「結末に驚いた」という声と「王様のブランチ」での紹介があったことを頼りにとりあえず最後まで読み通したと言えます。

 

結局、ミステリーとしての結末の驚きこそ感心はしたものの、物語の面白さとしては残念ながらレビューほどではなかったと言わざるを得ません。

私の好みとは少しのずれがあったというほかない作品でした。

[投稿日]2022年04月03日  [最終更新日]2022年4月3日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

果てしなき渇き ( 深町 秋生 )
深町秋生著の『果てしなき渇き』は、第3回『このミス』大賞を受賞した長編のミステリー作品です。現在と過去の物語が交錯し、少しずつ浮かび上がる加奈子の輪郭。探るほどに深くなる彼女の謎。そして用意された驚愕の結末とは。
ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞作品。
真実の10メートル手前 ( 米澤 穂信 )
米澤穂信著の『真実の10メートル手前』は、フリージャーナリストの太刀洗万智という女性を主人公とした六編の物語が収められた短編推理小説集で、第155回直木賞候補になった作品です。
サクリファイス ( 近藤 史恵 )
プロの自転車競技(ロードレース)を舞台としているスポーツ小説で、また青春小説でもあり、そしてミステリーでもある贅沢な小説です。自転車競技の実態を知らな一般読者には臨場感に満ちた描写に満足できる作品だと思えます。
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 ( 柚月 裕子 )
もと弁護士の上水流涼子と、その助手貴山の、依頼者のために頭脳を絞り出します。知的ゲームを楽しむ六編の短編からなるミステリー小説集です。

関連リンク

織守きょうや『花束は毒』 | 小説丸
第二二回日本ホラー小説大賞読者賞受賞作から始まる『記憶屋』シリーズでブレイクした織守きょうやは、「泣けるホラー」の書き手として知られている。一方で、現役弁護士と...
「王様のブランチ」で話題 100%騙される? 驚愕の真相が話題のミステリ『花束は毒』[文芸書ベストセラー]に登場
4位以下で注目は8位に初登場の『花束は毒』。累計発行部数55万部を超える「記憶屋」シリーズの著者で現役弁護士の織守きょうやさんの作品。脅迫を受けた青年と事件を調...
読後呆然!「王様のブランチ」でも話題に。100%騙される戦慄ミステリー『花束は毒』
世の中には知らない方が幸せでいられる事実がたくさん転がっている。知らぬが仏。聞かぬが花。たとえば、大切な人の過去がその一つだろう。知ったところで誰も幸せになれな...
織守きょうや『花束は毒』 絶賛、驚嘆、悲鳴が続々! 話題のミステリー
織守きょうやさんの書下ろし新作『花束は毒』。「結婚をやめろ」という脅迫状を調べる探偵・北見理花と依頼人で後輩の木瀬芳樹がたどり着く、思いもよらぬ真相とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。