紹介作品

著作

  1. i(アイ)
イラスト1
Pocket

西 加奈子 雑感

1977年イラン・テヘラン生まれ。エジプト・大阪府育ち。小説家。2004年『あおい』でデビュー。2005年2作目の『さくら』が20万部を超えるベストセラーを記録。2006年刊行『きいろいゾウ』は著書初の映画化となる。2015年、作家生活10周年を記念して刊行された長編『サラバ!』で直木賞を受賞。年末に読もうと思っている本は、ゼイディー・スミスの『美について』。( おこもり読書のすすめ ; 参照 )

[投稿日] 2018年02月18日  [最終更新日] 2018年2月18日
Pocket

おすすめの小説

女流小説作家

原田 マハ
暗幕のゲルニカ』はピカソの「ゲルニカ」を、『楽園のカンヴァス』はアンリ・ルソーの「夢」をモチーフに、絵画に魅せられた女性キュレーターが活躍するミステリーです。
小川 洋子
この作家は「博士の愛した数式」しか読んだことは無いのですが、それでも80分しか記憶が持たない数学者と家政婦とその家政婦の息子が織りなす物語は、心地よい感動をもたらしてくれました。
中島 京子
東京郊外に住む平井家に住み込み女中をしていたタキという女性の太平洋戦争へと突き進む昭和の時代を描いた回想録という形式をとり、第143回直木賞を受賞した『小さいおうち』という作品しか読んだことがありませんが、この作品全編にあふれる主人公のいろいろな思いは素晴らしいものでした。
今村 夏子
2010年『あたらしい娘』で太宰治賞受賞。同作を「こちらあみ子」と改題して新作中編「ピクニック」とともに収められた『こちらあみ子』で2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。2016年発表の『あひる』、2017年の『星の子』がそれぞれ第155、157回の芥川賞候補作品となり、また『星の子』は第39回野間文芸新人賞を受賞しています。
宮下 奈都
ピアノの調律師になろうとする若者を描いた『羊と鋼の森』は第154回直木賞候補になり、第13回本屋大賞を受賞しています。
本

関連リンク

作家の読書道:第53回 西 加奈子 - WEB本の雑誌
家族小説『さくら』が20万部を越えるロングセラーとなり、夫婦の深い愛情を描く最新刊『きいろいゾウ』も好評を博している西加奈子さん。
【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話
先日の第152回直木賞を『サラバ!』で受賞された、作家の西加奈子さん。西さんといえば、これまでにも、恋で疲れたら『きいろいゾウ』に、人間関係に悩んだら『漁港の肉子ちゃん』に救われろ、といわれる(かなり個人的統計です)、現代人の心のよりどころ的な作品を数多く出されてきました。
作家・西加奈子さんのインタビューを公開しております|国連UNHCR協会
昨年、作家生活10周年を記念する作品『サラバ!』で第152回直木賞を受賞された作家・西 加奈子さん。
中村文則、西加奈子が語る、ピース又吉のイイ話 | ダ・ヴィンチニュース
「西加奈子さんの『サラバ!』を読み終わったあとに、僕は自分の小説『火花』を書き、そのあとに、中村文則さんの『教団X』を読んだ──
『サラバ!』を経て、見えてきた新たな世界――。又吉直樹 ×西 加奈子『i(アイ)』刊行記念対談
直木賞受賞作『サラバ!』から2年。問い続けた末に生まれてきた新作『i(アイ)』は、“今”という時代に生きる意味を突きつけてくる一冊だ。それは小説家・西加奈子の切実な叫びでもある。
西加奈子「どの瞬間が欠けても、今の私はいなかったんだなあと思う」 | ダ・ヴィンチニュース
作家デビュー10周年記念作『サラバ!』での直木賞受賞が記憶に新しい西加奈子さん。『まにまに』は、『ダ・ヴィンチ』ほか新聞や雑誌に掲載されたエッセイをまとめた一冊だ。
西加奈子 | 本が売れない時代に作家になってよかった | エンタメウィーク
作家として大胆でありながらも締め切りには真面目。絶妙なバランス感覚を備えた西さんというキャラクターについてうかがいました。
角田光代さん×西加奈子さん|人気作家が「年末読みたい本」とは?おこもり読書のすすめ
東京下町のとある街角にひっそりと佇むアマノ食堂。この店に訪れるお客さんの“おいしいお話”を毎週お届けしていきます。第12回のテーマは「読書」。
西加奈子『舞台』の魅力 大好きなニューヨークの細部が宿る、人気長編
『サラバ!』で第152回直木賞、第12回本屋大賞2位を獲得、今注目を集める西加奈子さん。人気作『舞台』の文庫化を記念して、作品について語っていただきました。
「当たり前じゃ、おもろくない」西加奈子さんの小さな幸せの見つけ方
9月に最新エッセイ集『まにまに』を上梓した西加奈子さん。飾らない文体で綴られる日々のこと、本や音楽への溢れる愛は、きっと私たちの日常の中にも小さな幸せはたくさん転がっているのだということを気付かせてくれるはず。
「お世辞」は信じたほうがずっと幸せ。作家・西加奈子インタビュー | 現代ビジネス
〈まくことが好きなのは、男だけだと思っていた。〉そんな象徴的な一文で始まる『まく子』は、『サラバ!』で直木賞を受賞した西加奈子さんの受賞後第一作。
【直木賞受賞会見】西加奈子さん「プロレスからむちゃくちゃ勇気をいただいてます」
候補2度目、『サラバ!』(小学館刊)で直木賞に輝いた西加奈子さん(37)。トレードマークのまとめ髪、ダークグレー地にピンクストライプのセットアップというスタイル。晴れ晴れとした笑顔を見せながら、帝国ホテル(東京都千代田区)の会見場に現れた。
【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ずっとなりたかった職業とは?
第152回直木賞を受賞した『サラバ!』の素晴らしさを伝えるべくスタートした、著者・西加奈子さんインタビュー。前回は『サラバ!』が生まれる、鳥肌ものの舞台裏をお聞きしましたが、そもそも西さんが作家を志したきっかけは?