紹介作品

イラスト1
Pocket

一穂 ミチ 雑感

一穂ミチ』のプロフィール

 

。BLを主題とした作品を発表している。デビュー作は「雪よ林檎の香のごとく」、代表作は「イエスかノーか半分か」。2021年、『スモールワールズ』収録の短編「ピクニック」で第74回日本推理作家協会賞短編部門候補、『スモールワールズ』で第165回直木賞候補にあがる。引用元:一穂ミチ

 

一穂ミチ』について

 

一穂ミチという作家は、BL小説界では名の通った作家さんのようですが、BL小説の書き手から直木賞の候補となった作家さんと言えば『流浪の月』の『凪良ゆう』がいます。

 

 

この人の文章もまたとてもやさしく、美しくあったと覚えています。BL小説という分野自体が人物の心理を優しく描き出すことが要求される分野なのではないか、と思ってしまうほどです。

個人的にはそちらの分野の作品に手を出そうという気はありませんが、こうも美しい文章を書く作家さんが続いてくると、そういう意味では興味がわきます。

[投稿日] 2021年11月24日  [最終更新日] 2021年11月24日
Pocket

おすすめの小説

直木賞を受賞した小説

なかでも、家族や夫婦、男女のあり方をテーマにした作品です。
少年と犬 ( 馳 星周 )
馳星周著の『少年と犬』は、岩手から九州までを旅した一匹の犬の、旅の中での人々との出会いを描いた、2020年下期の直木賞を受賞した連作の短編小説集です。読了後に「動物ものはずるい」という言葉の本当の意味が分かった感動の小説でした。
海の見える理髪店 ( 荻原 浩 )
第155回直木賞を受賞したいろいろな家族の在り方を描いた全六編からなる短編集です。表題作の「海の見える理髪店」は、この物語が予想外の展開を見せるなかで、何気ない言葉の端々から汲み取れる想いは、美しい文章とともに心に残るものでした。特に最後の一行は泣かせます。
小さいおうち ( 中島 京子 )
中島京子著の『小さいおうち』は、東京郊外の私鉄沿線の町に住む平井家の女中をするタキという女性がを主人公とする、第143回直木賞を受賞した小説です。昭和を生き抜いたひとりの女性の一途な思いを描いた、回想録の形をとった人間ドラマ、と言っていいと思います。
切羽へ ( 井上 荒野 )
「繊細で官能的な大人のための恋愛長編。」とは、コピーにあった文章です。直木賞受賞作。「性よりも性的な、男と女のやりとり」を醸し出している佳品です。
月の満ち欠け ( 佐藤 正午 )
佐藤正午著の『月の満ち欠け』は、輪廻転生をテーマとして、一人の女性の想いをめぐる三人の男性のドラマを描いた、第157回直木賞を受賞した長編小説です。正木瑠璃という夫のある女性が、彼女に恋する一人の若者との語らいの中で「月の満ち欠けのように、生と死を繰り返」しあなたの目の前に現れる、と約束します。

関連リンク

一穂ミチさんの読んできた本たち 怖がりなのに、怖いもの好き
作家の読書道 第230回:一穂ミチさん 短篇集『スモールワールズ』が大評判となり、直木賞にもノミネートされている一穂ミチさん。
BL作家の一般文芸が熱い 一穂ミチさん、直木賞候補で評価
男性同士の恋愛や性愛を描く「ボーイズラブ(BL)」小説で知られる作家の一般文芸作品に、注目が集まっている。
直木賞候補・一穂ミチが語る、『スモールワールズ』に込めた想い 「私の知らない巡りをしている星が無数にあって、重なって離れていく」
発売前から書店員の間で話題騒然となり、先日発表された第165回直木賞にもノミネートされた『スモールワールズ』。著者の一穂ミチは、もともとBL作品などを中心に活動していた作家。