一穂 ミチ

イラスト1
Pocket

新刊書

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは スモールワールズ [ 一穂 ミチ ] へ。


スモールワールズ』とは

 

本書『スモールワールズ』は、新刊書で199頁の全部で六編の物語からなる第165回直木賞の候補となった短編集です。

物語ごとに全く異なるタッチの、哀しみが漂いながらも心に沁みる様々な家族の形が描かれていて、それでいてとても読みやすい物語ばかりの短編集です。

 

スモールワールズ』の簡単な内容

 

ままならない現実を抱えて生きる人たちの6つの物語。夫婦円満を装う主婦と、家庭に恵まれない少年。「秘密」を抱えて出戻ってきた姉とふたたび暮らす高校生の弟。初孫の誕生に喜ぶ祖母と娘家族。人知れず手紙を交わしつづける男と女。向き合うことができなかった父と子。大切なことを言えないまま別れてしまった先輩と後輩。誰かの悲しみに寄り添いながら、愛おしい喜怒哀楽を描き尽くす連作集。第74回日本推理作家協会賞短編部門候補作「ピクニック」収録。(「BOOK」データベースより)

 


 

スモールワールズ』の感想

 

本書『スモールワールズ』の第一話「ネオンテトラ」は自分の姪っ子の同級生で家族に問題を抱えた男の子と、夫との間に問題を抱えた女との話です。

決して明るくはない話であり、私の苦手とする女性の内心を追いかける分野の作品だと感じ、この短編のような物語が最後まで続くのであれば読み通せないかもしれない、などと思っていました。

 

ところが、二作目の「魔王の帰還」は全くタッチが異なる、ユーモアに満ちた作品だったのです。

この作品は、ユーモラスでありながら青春小説でもあり、なお愛に充ち溢れた物語でもありました。

その第二話を読み進めるうちに、その文章の美しさまで気付けるようになっていました。

この作品は嵐山のりの絵でコミカライズされています。

 

 

そして、第三話「ピクニック」はまたタッチが異なっていました。それは、第三人称で語られる悲劇の物語であり、また上質のミステリーでもありました。

とある愛にあふれた家族の幸せな日々が一瞬の出来事で壊れてしまう様子は、恐怖すら感じましたが、最後は意外な結末に終わる物語です。

 

第四話の「花うた」は、いわゆる「書簡体小説」と呼ばれる全編手紙文で成り立っている作品です。

何となく先が読めるような気もしていましたが、最終的には物語に惹き込まれていたものです。

ただ、作中では犯罪被害者の会の様子なども記してありますが、よくこういう批判的な文章をかけたという印象でした。

書いたことを批判しているのではなく、批判的なことを書く力に対し、素直に驚いただけのことです。

この作品に関しては、本書『スモールワールズ』の巻末に「プリズン・サークル」という映画を見て想像して書いた作品だという説明がありました。

 

第五話「愛を適量」は五十男の一人称小説で、LGBTがテーマの悲哀に満ちた、しかし愛情についても考えさせられる作品になっています。

LGBT関連の話はいくつか読んできましたが、この物語のような観点からの問題提起というか、物語の運びはユニークなもので、意外性に満ちた展開には驚かされました。

 

第六話「式日」は、登場人物は先輩と後輩だけの、名前も示されない物語です。思いもかけない出会いから親しくなった二人の、他人には推し量ることもできなさそうなとある一日を追いかけた話です。

何となく、マイナーなアメリカ映画で描かれていそうな片田舎の出来事を記している、と思ったのですが、何故アメリカ映画なのか、自分でもよく分かりません。

 

それにしてもよくもまあタッチの異なる話を次から次に紡ぐことができるものだと感心するばかりです。

それも、第三話「ピクニック」は第74回日本推理作家協会賞短編部門の候補作にもあげられるほどの作品であり、どの物語もその完成度はかなりの高さにあると思えます。

そうした作品集だからこそ直木賞の候補にもなったのでしょう。

 

読了後、作者の言葉を読んでいると、プロットはまったく立てずに書き始めるとありました。それでいて『スモールワールズ』のように簡単な普通の言葉で人物の内心に迫り、意外な展開の作品を書けるのですから見事なものです( 直木賞候補・一穂ミチが語る、『スモールワールズ』に込めた想い : 参照 )。

また、「世界は残酷だということと、世界が美しいと思うことは矛盾なく成り立つ。そういうことを書きたい」という作者の言葉はインパクトがありました( 世界は残酷で美しい : 参照 )。

この点は若い頃にはまって読んだ五木寛之の確か短編集の中の一編に、ナチスの将校が一方で残虐な行為を行いつつ、他方でピアノで美しいメロディーを奏でることが矛盾せずに成立することについて書いた作品がありましたが、その場面を思い出してしまいました。

もしかしたら『蒼ざめた馬を見よ』ではなかったかと思うのですが、定かではありません。

 

 

いずれにせよ、この作家の作品はさらに読んでみたいとも思いますが、BL小説はやはり受け付けませんし、悩ましいところです。

[投稿日]2021年11月14日  [最終更新日]2021年11月24日
Pocket

おすすめの小説

家族をテーマにした小説

小さいおうち ( 中島 京子 )
中島京子著の『小さいおうち』は、東京郊外の私鉄沿線の町に住む平井家の女中をするタキという女性がを主人公とする、第143回直木賞を受賞した小説です。昭和を生き抜いたひとりの女性の一途な思いを描いた、回想録の形をとった人間ドラマ、と言っていいと思います。
海の見える理髪店 ( 荻原 浩 )
第155回直木賞を受賞したいろいろな家族の在り方を描いた全六編からなる短編集です。表題作の「海の見える理髪店」は、この物語が予想外の展開を見せるなかで、何気ない言葉の端々から汲み取れる想いは、美しい文章とともに心に残るものでした。特に最後の一行は泣かせます。
そして、バトンは渡された ( 瀬尾 まいこ )
親子、家族の関係を改めて考えさせられる2019年本屋大賞にノミネートされた長編小説です。血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。
52ヘルツのクジラたち ( 町田そのこ )
本書は、2021年本屋大賞にノミネートされた、新刊書で260頁の長編の現代小説です。家庭内虐待を取り上げ、声を上げても聞いてもらえない女と文字通り声をあげることのできない少年との交流を描いた作品で、好みではないが、しかし読むべき作品でした。
エイジ ( 重松 清 )
東京近郊の桜ヶ丘ニュータウンに住む中学2年生の高橋栄司、通称エイジの日常をリアルに描いて、友達や女の子、そして家族への感情をもてあます少年の一時期を描いています。

関連リンク

一穂ミチさん「スモールワールズ」インタビュー 不幸になる選択も、あっていい
男性同士の恋愛を描くボーイズラブ(BL)小説界の旗手のひとり、一穂(いちほ)ミチさんによる一般文芸初の単行本『スモールワールズ』(講談社)が話題を呼んでいる。
スモールワールズ(著:一穂ミチ・2021年4月22日発売)公式ページ
スモールワールズ 公式ページ
一穂ミチ『スモールワールズ』 | 小説丸
同人誌活動を経て二〇〇八年に商業デビューし、ボーイズラブ小説界をメインに活躍してきた一穂ミチによる、一般文芸作が発売前から注目を集めている。
直木賞候補・一穂ミチが語る、『スモールワールズ』に込めた想い
発売前から書店員の間で話題騒然となり、先日発表された第165回直木賞にもノミネートされた『スモールワールズ』。著者の一穂ミチは、もともとBL作品などを中心に活動していた作家。
『スモールワールズ』ができるまで!〈一穂ミチ大解剖インタビュー〉
6年前に一穂さんの小説『off you go』と出会って、一目ぼれのように恋に落ちた私は、一穂さんに熱烈なラブレターを書き、小説の執筆をお願いしました。あれから何度もお会いして今年ついに『スモールワールズ』を刊行まで辿り着きました。
世界は残酷で美しい 一穂ミチさん『スモールワールズ』が人気上昇
男性同士の恋愛を描くボーイズラブ(BL)小説で長く活躍してきた一穂ミチさん。一般文芸として初の単行本となった『スモールワールズ』(講談社)は、「歪(いびつ)な家族」がテーマの連作短編集だ。
一穂ミチの絶品短編集『スモールワールズ』が素晴らしい
一穂ミチ『スモールワールズ』(講談社)が素晴らしい。たとえば、美和と貴史がまだ結婚する前、デートの帰りに電車が停まったときのことを、美和が思い出すくだりがある。
直木賞候補作家インタビュー「どんな家族にも“歪(いびつ)さ”がある」――一穂 ミチ
「家族を持とうと持たなかろうと、人間が社会的な動物である以上、完全に“家族”という枠組みから逃れることはできないと思います。
読書家が続々とトリコに...一穂ミチ『スモールワールズ』早くもコミカライズ!
「発売前から話題沸騰!」とうたわれて世に出る本はたくさんあります。しかし今、もしかしてビッグウェーブが起きる瞬間に立ち会っているのかもしれないと予感させているのが、・・・
【特別寄稿】一穂ミチが話題作『スモールワールズ』で投げかける「大丈夫」
発売前の見本(プルーフ)が足りなくなって、3回も重版をしたという、話題の新作『スモールワールズ』。見本なので通常は少部数を配るのみだが、書店員をはじめ、・・・
一穂ミチ。本好きなら、見過ごすわけにはいかない。直木賞候補作の衝撃
先日、第165回芥川賞・直木賞の候補作が発表された。選考会は来月14日に行われる。今回は「すごい才能が現れた!!」と話題沸騰中の直木賞候補作、一穂ミチさんの『スモールワールズ』(講談社)を紹介したい。
《直木賞候補作インタビュー》「歪でない家族なんているのだろうか」一穂ミチが突きつける6つの「家族」の物語
「家族を持とうと持たなかろうと、人間が社会的な動物である以上、完全に“家族”という枠組みから逃れることはできないと思います。愛と死を描いていない小説はない、という・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です