新川 帆立

イラスト1
Pocket

新刊書

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 競争の番人 [ 新川 帆立 ] へ。


競争の番人』とは

 

本書『競争の番人』は2022年5月に刊行された長編のお仕事小説です。

公正取引委員会の職員を主人公とする物語で大変期待して読んだ作品だったのですが、期待が高すぎたためか今一つ乗り切れない読書となってしまいました。

 

競争の番人』の簡単なあらすじ

 

弱くても戦え! 『元彼の遺言状』著者、注目の新鋭が放つ面白さ最高の「公取委」ミステリー。

ウェディング業界を巣食う談合、下請けいじめ、立入検査拒否。市場の独り占めを取り締まる公正取引委員会を舞台に、凸凹バディが悪を成敗する!

公正取引委員会の審査官、白熊楓は、聴取対象者が自殺した責任を問われ、部署異動に。東大首席・ハーバード大留学帰りのエリート審査官・小勝負勉と同じチームで働くことになった。二人は反発しあいながらも、ウェディング業界の価格カルテル調査に乗り出す。数々の妨害を越えて、市場を支配する巨悪を打ち倒せるか。ノンストップ・エンターテインメント・ミステリー!

「デビュー2年目の勝負作です。わくわくドキドキ、ちょっぴり身につまされ、不思議と力が湧いてくる。理屈抜きで面白い王道エンターテインメントを目指して書きました。エンタメの幕の内弁当、どうぞ召し上がれ!」-新川帆立(内容紹介(出版社より))

 

 

競争の番人』の感想

 

本書『競争の番人』は、これまで少なくとも私は読んだことのない公正取引委員会の職員を主人公とする物語で、大変期待して読んだ作品でした。

公正取引委員会とは「独占禁止法を運用するために設置された機関」( 公正取引委員会 : 参照 )であり、「自由な経済活動が公正に行われるように、企業の違反行為に目を光らせ、消費者の利益を守ってい」る機関だそうです( 公正取引委員会とは : 参照 )。

ニュースなどではよく聞く名称であり、独占禁止法を遵守させるための機関だということは何となく知っていましたが、その実態については何も知らないと言ってよく、本書はそうした知的好奇心を満たす意味でも期待が持てるものだったのです。

 

本書『競争の番人』を読むにあたり期待していた点は二点ありました。

一つは今述べた公正取引委員会というその職務をよく知らない機関が舞台であることであり、もう一点はホテル業界の裏も知ることができるという点です。

実際本書を読み、公正取引委員会の立入検査に警察権のような強制力がないことや、拒否された場合の罰則規定が発動されたことがないなど、驚かされることが少なからずありました。

もう一つのホテル業界の慣習などの側面も少しではあっても描いてありました。

直接的には栃木県S市の三つのホテルを舞台とするウェディング費用値上げ幅の合意が疑われる、いわゆるカルテルの問題点を取り上げてあるのですが、ほかにも納入業者いじめの話や業者間の新規参入阻止のはなしなどが取り上げられています。

そうした実際は話には聞いたことがあるものの、その状況はよく知らないことばかりであり、新たな側面を教えられた気がします。

 

ただ、そのことは本書『競争の番人』の弱点にもつながると思えます。つまり、ウエディング業界のカルテルなどの慣習についての描き方が今一つ浅く、物足りなさを感じたことです。

法的な側面を深く掘り下げてもエンターテイメント作品としての面白さを削ぐと思われたのかもしれませんが、単純に大物のボスの一言ですべてが決まるというだけではカルテルの実態がよく分かりません。

納入業者の新規参入阻止の問題にしても、結局は大物のボスの責任に帰着するように描かれていて、どうにも中途半端です。

勿論、物語の面白さとしてそれなりに楽しませてくれたとは思うのですが、そちらの不満が残ります。

 

登場人物にしても白熊楓という警察官になりたかった女性と、東大法学部を首席で卒業し、国家公務員試験も一位で合格したという超エリートの小勝負勉というコンビが中心になっていますが、それほどに魅力を感じられず今一つでした。

ほかに、案件ごとに組まれる今回の組のキャップが風見であり、他に桃園という女性がいます。

また、敵役として登場するホテル天沢Sのオーナーである天沢雲海も、その性格設定が単純だと感じてしまったのも残念でした。

 

次いで、公正取引委員会の職務が今一つ分かりにくいとも感じました。

職務の対象となる「独占禁止法」という法律のことをよく分かっていないのですから、それも仕方のないことかもしれません。

警察や検察との職務の重なりなど、最低限のことは説明してあるのでそれでいい筈なのですが、それでもどうにも主人公たちの職務の内容が漠然としています。

読み手である私の能力の問題もあるでしょうが、そればかりとも言えない気もします。

 

ともあれ、本書『競争の番人』は物語が小気味よく展開するのはいいのですが、内容に感情移入するということがなかったのは残念でした。

 

ちなみに、本書『競争の番人』を原作とするテレビドラマが、2022年7月期にフジテレビ系で放送中です。

[投稿日]2022年07月29日  [最終更新日]2022年7月29日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのお仕事小説

店長がバカすぎて ( 早見 和真 )
早見和真著の『店長がバカすぎて』は、書店員を主人公としたお仕事小説であり、書店を舞台にしたコメディ小説でもあって、2020年本屋大賞の候補となった作品でもあります。ただ、途中から失速気味だと感じてしまった、微妙な小説でした。
民王 ( 池井戸 潤 )
池井戸潤著の『民王』は、文庫本で解説まで入れて352頁の長編のエンターテイメント小説です。内閣総理大臣の父親と、そのバカ息子の人格が入れ替わるという、この作者には珍しいコメディタッチの作品で、池井戸潤にしては今一つの印象です。
本日は、お日柄もよく ( 原田マハ )
原田マハ著の『本日は、お日柄もよく』は、一般にはよく知られていない「スピーチライター」という職業を目指す一人の女性の姿をユーモラスに描いた長編のお仕事小説です。
舟を編む ( 三浦 しをん )
三浦しをん著の『舟を編む』は、辞書の編纂という、その裏側を何も知らない世界を垣間見せてくれる本屋大賞を受賞した長編小説です。出版社の営業部員・馬締光也は辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。
ハケンアニメ! ( 辻村深月 )
辻村深月著の『ハケンアニメ!』は、アニメ業界を舞台に、三組の仕事を中心に描き出した長編小説です。登場する女性の恋心や、アニメの聖地の様子が描かれたりと、いろんな事柄が盛り込まれたサービス満点のお仕事小説であり、青春小説です。

関連リンク

異色の元弁護士作家・新川帆立の仕事論「自分に向いていることよりも、 小説家になるという好きなことを選んだ」
第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し作家デビュー。10月にはデビュー作『元彼の遺言状』の続編『倒産続きの彼女』が発売され話題を呼んでいます。...
新川帆立が新連載。「弁護士になるか、作家になるか?」異色鼎談も。
『元彼の遺言状』(宝島社)で第19回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した新川帆立さんが、「小説現代」2021年12月号(講談社)で新連載をスタートさせた。...
作家の読書道 第235回:新川帆立さん
宝島社が主催する第19回『このミステリーがすごい!』大賞を『元彼の遺言状』で受賞、今年のはじめに刊行して一気に話題を集めた新川帆立さん。小中学生時代はファンタジ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。