佐藤 究

イラスト1
Pocket

新刊書

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは テスカトリポカ [ 佐藤 究 ] へ。


本書『テスカトリポカ』は、新刊書で553頁にもなる第165回直木賞を受賞した長編のクライム小説です

アステカの神の力を背景にした圧倒的な暴力を描く濃密なその文章は若干説明的とも感じましたが、その描写力は魅力的です。

 

テスカトリポカ』の簡単なあらすじ

 

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。第34回山本周五郎賞受賞。(Amazon「商品説明」より)

 

メキシコの北西部にあるクリアカン生まれのルシアは、麻薬組織の跋扈する故郷を逃れ、たどり着いた日本でヤクザの土方興三と一緒になり、息子土方コシモを産んだ。

十三歳となり180cmを超える大男へと育ったコシモは母親を殴る父親を絞め殺し、少年院へと収容されてしまう。

一方、ベラクルス州ベラクルスで生まれたリベルタは五人の孫に恵まれたが、孫の一人が殺されたのはアステカの教えを伝えなかったためだと、残された四人の孫にアステカの神について教え始めた。

四兄弟は後に麻薬カルテルのロス・カサソラスとしてメキシコ北東部のヌエボ・ラレドを支配するが、新興のドゴ・カルテルの襲撃でバルミロ・カサソラ以外は殺されてしまう。

バルミロはドゴ・カルテルの手から逃れてインドネシアのジャカルタへと逃亡し、この地で末永充嗣という日本人と出会うのだった。

 

テスカトリポカ』の感想

 

本書『テスカトリポカ』は、アステカの神話を背景に、麻薬の密売と臓器売買を行う犯罪者を描いた作品です。

テスカトリポカ」とは、アステカ神話の主要な神の一柱であり、神々の中で最も大きな力を持つとされ、キリスト教の宣教師たちによって悪魔とされた。「テスカトリポカ(Tezcatlipoca)」は、ナワトル語で tezcatl(鏡)、poca(煙る)という言葉から成り、従ってその名は「煙を吐く鏡」を意味する( ウィキペディア : 参照 )

 

直木賞の選考会ではこれほどに暴力的な作品を賞の対象としていいのか大議論があったそうですが、それももっともだと思った作品でした。

 

暴力的な小説はこれまでも数多くのものがありました。

古くは夢枕獏の『サイコダイバー・シリーズ』から、近頃読んだ作品では深町秋生の『ヘルドッグス 地獄の犬たち』に至るまで多くの作品があります。

 

 

本書『テスカトリポカ』という作品の内容が暴力的であること、そのこと自体は何も言うことはないのでしょう。

しかし、それが直木賞という世の中にかなりな影響力を持つ権威ある文学賞の対象としてふさわしいかという議論は当然あっておかしくないと思います。

本書が候補作となっている時点でその点はクリアされているという気もしますが、直木賞選考委員は候補作選定作業にはかかわっていないのであらためて問題になるのも仕方がないとも考えられるのです。

そうなってくると直木賞とは何かというところから問い直されるのでしょうか。難しいところです。

 

でも、本書『テスカトリポカ』が私が惹き込まれた作品であることは間違いありません。

冒頭に本書は「説明的と感じた」と書きましたが、本書は小説というよりは「語り」であり、ただひたすらに俯瞰的な目線で描き出してあります。

この「語り」という言葉自体が多義的であり、素人が語ってはいけない分野ではありそうですが、本書を話すとき他に言葉が見当たりません。

とにかく、物語の流れを俯瞰的に、会話文ではなく地の文で説明的に記してある、ということを言いたいのです。

 

本書『テスカトリポカ』の中心人物は元メキシコの麻薬組織のリーダであったバルミロという男であり、鍵となる人物としてコシモという男がいて、冒頭からこの二人の来歴が描かれています。

その描写も、最初はコシモの母のルシアの生まれから始まり、日本で生まれたコシモの青年期までが66頁にわたっています。

また、バルミロに関しても同じで、章を変えてバルミロの祖母のリベルタの幼いころから説き起こしてあります。

このリベルタによってアステカの神話を教え込まれ、他の三兄弟と共にメキシコの麻薬カルテルの支配者となり、後に逃亡してジャカルタに至るまでが90頁以上をかけて語られています。

その後、「第二部 麻薬密売人と医師」で100頁以上をかけて、日本人医者の末永充嗣と出会い臓器売買の組織を作り上げていく過程が描かれます。

その間の描写はまさに「語り」であり、例えば会話文を軸に成立する『安積班シリーズ』のような今野敏の作品群とは対照的な位置にあると思えます。

 

 

他の重要人物としては、臓器売買の中心人物として末永充嗣と川崎市にいる闇医師野村健二という日本人がいます。

その他に新南龍という黒社会に属する若い中国人の集団や、増山礼一というヤクザの幹部が周りを固め、暴力的な物語に色を添えています。

と言っても、この暴力団たち自体の暴力はそれほど描かれてはいません。

 

本書『テスカトリポカ』という物語はバルミロを中心としてはいますが、その背景にはアステカの神話が息づいていています。

小さな疑問点ですが、アステカの神話では神への供物として死者の心臓を神に捧げることによって死者の魂が救済されるとして、死んだ父親の心臓を取り出し、顔の上に乗せる場面が出てきます。

一方で、敵対する相手の心臓も取り出して顔の上に乗せ神への供物とする行為はどういう意味になるのでしょう。

敵対する相手の魂でさえも救うべきというのか、私の読み込み不足でしょうがよく分かりませんでした。

 

本書のテーマになっている臓器売買と神への供物として心臓を捧げる行為は似たような行為ですが、一方は商売として臓器を取り出し、一方は神事として臓器を取り出します。

この両者を結びつけたことについて作者の佐藤究は「人類の暴力性について考えていて、世界中に伝わる人身供犠のことが気になった」と書かれています。

そして人類の残虐性の構造を解明することが「とめどないバイオレンスを解除するカギ」になるかもしれないとも書いておられます。( 好書好日インタビュー記事 : 参照 )。

そうした試みが成功しているかは私には分かりませんが、各賞の対象として評価されている以上は成功しているというべきなのでしょう。

 

さらには、バルミロらが手を付ける臓器売買は、臓器の供給元として日本が選ばれ、子供たちの臓器が売買の対象とされています。

心臓外科医であった臓器売買のコーディネーターの末永充嗣や、かつては准教授であったコカイン中毒の野村健二などが子供の身体から心臓を始めとする臓器を摘出するのに適していたのです。

子供を犯罪の対象とする行為自体忌むべきものですが、それが臓器売買の対象とするというのですから衝撃は強いものがあります。

少なくとも物語としてはインパクトの強いものとなっていると思います。

 

本書『テスカトリポカ』の作者の佐藤究という作家は、緻密な調査の上に物語を組み立てる能力が高いのでしょう。

私は本書の前には『Ank : a mirroring ape』という作品しか読んではいないのですが、この作品が遺伝子の変異についての作者のアイデアを見事に駆使した作品でした。

この作品は吉川英治文学新人賞・大藪春彦賞、ダブル受賞の超弩級のエンターテイメント小説で、面白い物語ちうものを十分に理解している人がストーリーを構築しているという印象を持ったものです。

 

 

本書『テスカトリポカ』では、そのときとは全く異なる文体で臓器売買に手を付けるメキシコの麻薬カルテルの大物の姿を描いています。

冒頭からの物語の流れはメキシコで敵対勢力に殲滅させられた自分たちのカルテルの再興を目指す物語だと思っていたのですが、全く異なる物語でした。

しかし、その思い違いは決して面白くないということではなく、新たな物語の語り手の登場を楽しみと思うものです。

深町秋生月村了衛、より近い印象では赤松利市長浦京といった書き手の方が近いかもしれません。

新たな語り手の登場を楽しみがまた一人増えたという印象です。

[投稿日]2021年08月02日  [最終更新日]2021年8月2日
Pocket

関連リンク

『テスカトリポカ』が克明に描き出す「麻薬カルテルの論理」 一級のノワールを堪能せよ
『テスカトリポカ』という聞きなれない単語は、メキシコにかつて存在したアステカ文明の神話における最強の神の名前だ。
話題の『テスカトリポカ』。古代アステカの人身供犠と現代社会のダークサイドが浮彫にした人間の本質とは?
『テスカトリポカ』(佐藤究著)の直木賞受賞を記念して、過去に行われた著者インタビューを掲載する(初出:別冊文藝春秋 電子版37号 (2021年5月号))。
【連載小説】令和によみがえる暗黒神話――。三冠作家・佐藤究が、アステカの呪いを解き放つ! 「テスカトリポカ」#1
鬼才・佐藤究が三年以上かけて執筆した本作は、アステカの旧暦に則り、全五十二章で構成される。時を刻むように綴られた本作の第一部十三章を、発売までの毎週、特別公開する。
佐藤究さん「テスカトリポカ」インタビュー 暗黒の資本主義と血塗られた古代文明が交錯する、魔術的クライムノベル
メキシコの町から川崎に逃れてきた母と、暴力団員の父の間に生まれた土方コシモ。日本の学校に馴染めない彼は、ある事件を起こして少年院へ。
佐藤究『テスカトリポカ』 神話的構造が小説に奥行き与える
地球の裏表で物語は始まる。カサソラ兄弟が統べる麻薬組織が敵対勢力によって壊滅させられ、唯一の生き残りとなった三男のバルミロはメキシコ国外へと逃亡した。
佐藤 究さん『テスカトリポカ』
発表する作品すべて怪作の奇才・佐藤究さんが、3年半ぶりに新作『テスカトリポカ』を発表。まず、こんな大作を3年半で書きあげたことに驚いてしまう。
史上2人目の直木賞&山本賞W受賞の佐藤究さん「テスカトリポカ」とは…選考委員も1時間激論の超問題作の魅力
直木賞の選考委員になって21年。43回に渡って選考会に臨んできた林真理子さん(67)が表情に疲労の色をにじませて言った。
新たなる犯罪を発明する唯一無二のクライムノベル『テスカトリポカ』
もしも著者名や書名を知らずに読んでいたら、「日本の風俗をこんなにもリアルに描写できる小説家が海外にいたのか!」と驚いてしまっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です