風野 真知雄

イラスト1
Pocket

文庫

文藝春秋・大和書房

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


主人公は南町奉行の根岸肥前守鎮衛という歴史上に実在した人物だそうで、知らなかったのだけれど、あの鬼平こと長谷川平蔵と同時代の人らしいです。

更に、「耳袋」も根岸肥前守が実際書いていた随筆のようなものが実在するらしく、本シリーズではその裏耳袋帖とも言うべき「耳袋秘帖」なるものを設定して、事件の狂言回しにしています。

この事件がまたしゃべる猫や古井戸の呪いなど怪異なものが絡む話で、その謎解きが各短編を組み立てつつ、巻毎の現実の人間の闇を暴いていく、という面白い構成をとっています。

単に怪異現象を全面的に押し出すのではなく、そのような話をきっかけとしながら現実の事件を解決していくその手法は、滑稽なせりふ回しとともに読み進んでしまいます。一読の価値ありです。

本シリーズは「殺人事件」(16巻)と「妖怪」シリーズ(6巻)との二系統があるようです。もともと大和書房から「だいわ文庫」として出版されていましたが、後に文藝春秋社から加筆新装丁されて再刊行されています。

出版状況については詳しくは文藝春秋社の耳袋秘帖シリーズ 紹介サイトをご覧ください。

[投稿日]2015年04月09日  [最終更新日]2015年12月22日
Pocket

おすすめの小説

SF・ファンタジー色をもつおすすめの時代小説小説

未読の作品もありますが、それ以外はどれも楽に楽しめる作品です。
妖星伝 ( 半村 良 )
他者の生命を喰らわずして生きてはいけない人間の存在について、そうした宿命を持ちながら何故に存在するのかをエンターテインメントの物語に乗せて問うている、壮大な作品で、横尾忠則の装幀が素晴らしい名作です。
いつの日か天の船が迎えに来るのを待つ「金色様」と、異能力を持った熊悟朗と遥香の、ミステリー色をも併せ持った、「生きる」ことについて問う物語。
魔界転生 ( 山田 風太郎 )
復活させられた柳生宗矩や宮本武蔵らが同じく復活した柳生十兵衛と戦う物語で、映画化もされた、ファンタジー色豊かな物語です。
戦国スナイパー ( 柳内 たくみ )
陸上自衛隊狙撃隊員の慶一郎が戦国時代にタイムスリップし、織田信長の知己を得て、この時代で生き残りをかけて戦い抜く物語。
金春屋ゴメス ( 西條 奈加 )
近未来の日本の北関東沿岸部に存在する鎖国状態の「江戸国」に、三百倍の難関を潜り抜け、入国を許可された大学二年生の辰次郎。そこに待ち受けていたのは「金春屋ゴメス」と呼ばれる長崎奉行馬込播磨守だった。
機巧のイヴ ( 乾 緑郎 )
科学技術が発達したもうひとつの江戸時代を背景にロボットSFと時代劇とを融合させた物語。私は未読です。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です