石井 仁蔵

イラスト1
Pocket


エヴァーグリーン・ゲーム』とは

 

本書『エヴァーグリーン・ゲーム』は、2023年11月に364頁のソフトカバーでポプラ社から刊行され、第12回ポプラ社小説新人賞を受賞した長編のエンターテイメント小説です。

わが国ではメジャーとは言えないチェスというゲームをテーマにした物語で、大変興味深く読んだ作品でした。

 

エヴァーグリーン・ゲーム』の簡単なあらすじ

 

【選考委員、絶賛の嵐! 第12回ポプラ社小説新人賞受賞作!!】
世界有数の頭脳スポーツであるチェスと出会い、その面白さに魅入られた4人の若者たち。
64マスの盤上で、命を懸けた闘いが繰り広げられるーー!

「勝つために治せよ、絶対に」
小学生の透は、難病で入院生活を送っており、行きたかった遠足はもちろん、学校にも行けず癇癪を起してしまう。そんなとき、小児病棟でチェスに没頭する輝と出会うーー。
<年齢より才能より、大事なものがある。もうわかってるだろ?>
チェス部の実力者である高校生の晴紀だが、マイナー競技ゆえにプロを目指すかどうか悩んでいた。ある日、部長のルイに誘われた合コンで、昔好きだった女の子と再会し……?
「人生を賭けて、ママに復讐してやろう。」
全盲の少女・冴理は、母からピアノのレッスンを強要される日々。しかし盲学校の保健室の先生に偶然すすめられたチェスにハマってしまいーー。
「俺はただ、チェスを指すこの一瞬のために、生きている。」
天涯孤独の釣崎は、少年院を出たのち単身アメリカへわたる。マフィアのドンとチェスの勝負することになり……!?

そして、彼らは己の全てをかけて、チェスプレイヤー日本一を決めるチェスワングランプリに挑むことに。
チェスと人生がドラマティックに交錯する、熱い感動のエンターテイメント作!(内容紹介(出版社より))

 

エヴァーグリーン・ゲーム』の感想

 

本書『エヴァーグリーン・ゲーム』は、チェスというボードゲームをテーマにした、第12回ポプラ社小説新人賞を受賞した小説です。

チェスというゲームについては、将棋がゲームの中で獲った駒を自身の手駒として使うことができるのに対して、チェスの場合はゲームから退場してしまうということを聞いたことがあります。

ほかにはキングやクイーン、そしてポーンという駒の名前を聞いたことがあるくらいで、駒の動きすらも知らないというのが正直なところです。

 

本書はそのチェスというボードゲームに魅せられて自分の人生をチェスに捧げ、「チェスワングランプリ」という日本一のチェスプレイヤーを決める大会に出場する四人の物語です。

基本的に、チェスをテーマにした作品としてはとてもよくできたエンターテイメント小説だと思います。

しかし、日本一を決める大会の出場者のトップの四人の人生が互いにすでに何らかのかかわりを持っていたという点は違和感を感じました。

でも、彼らの人生がそのどこかの場面で少なからず交錯しているという点は、エンターテイメント小説としては仕方のないことであり許容範囲というべきだとの思いもあります。

こうした設定こそがエンターテイメント小説を盛り上げるのであり、過度なリアリティーの追及は作家の想像力に縛りを掛けてしまうものでしょう。

 

そうした疑問を除けば、本書『エヴァーグリーン・ゲーム』はチェスというゲームに魅せられた人たちを主人公にした面白い作品でした。

先に書いたこととは矛盾するようもでありますが、登場人物たちもそれぞれに個性豊かです。

病を抱えた少年、チェスのできる喫茶店の経営者、その店で腕を磨いた目の見えない娘、そして裏社会との関係が疑われている傍若無人な態度の男という四人です。

それぞれに人生の生きがいをチェスというゲームに求め、トップに立つことを目標としているのです。

 

ほとんどの読者はチェスというゲームを知らず、その点は作者にとって大きなハンディだと思います。

でも、チェスというゲームを知らなくても本書を読むのに不都合はないという点は作者のうまいところでしょう。

ただ、作者も作中で述べられているように、チェスには引き分けが多いという点が分かりにくいゲームになっているとも言えそうです。

この点に関しては、作中で「ステイルメイト」という言葉について「相手を追い詰めていく過程で起こる、強制的な引き分けのこと」という説明がされてありました。

「チェスの精神として、自殺でゲームが終わるのはよくない」ということなのだそうです。

ただこの点の説明だけでは私にとっては若干分かりにくいので、例えば下記サイトなどを参照してください。

 

その他、将棋では「きまった指し方」である定跡や、攻めや守りの型があるそうですが、チェスにもいろいろな定跡があり、「シシリアンディフェンス・ドラゴンバリエーション」や「アクセラレイテッド・ロンドンシステム」などの名前が当初から出てきます。

もちろん、そうした定跡の説明があってもチェスの素人である読者に理解できるはずもなく、ただ名前だけが挙げてありますが、チェスというゲームの雰囲気を盛り上げるには効果的でしょう。

 

本書『エヴァーグリーン・ゲーム』では、こうしたチェスというゲームの特性を織り交ぜながら、チェスに魅せられた四人の人生が語られていきます。

ラストは、若干出来すぎの印象もありますが、それでも面白く読み終えることができました。

個々人の人生に光をもたらし、生きる目的を持たせてくれたチェスというゲーム。そのゲームで頂点に立つべく奮闘する四人の物語は予想外に読みがいのある作品でした。

[投稿日]2024年02月04日  [最終更新日]2024年2月4日
Pocket

おすすめの小説

ゲーム自体をテーマにした小説

盤上の向日葵 ( 柚月裕子 )
文庫本上下二巻で670頁近くにもなる将棋の世界を舞台にした長編の社会派ミステリー小説ですが、将棋をしない人にも面白い2018年本屋大賞候補作です。
真剣師 小池重明 ( 団鬼六 )
本書『真剣師 小池重明』は文庫本で326頁の実在の将棋師を描いた評伝です。柚月裕子の『盤上の向日葵』を読む前提として読んだのですが、一気に読んでしまいました。
盤上の夜 ( 宮内悠介 )
第一回創元SF短編賞で山田正紀賞を贈られた表題作にはじまる全六編の短編集です。本書で第33回日本SF大賞を受賞しており、近年の日本SF界の有望新人です。ただ、人間の内面へと向かう作風は、個人的な好みからは若干外れています。
涙香迷宮 ( 竹本健司 )
本書はゲームそのものではありませんが、黒岩涙香の残した「いろは歌」に隠された謎を解明する暗号ミステリーという点でゲーム性が強いという意味で選んでいます。
ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
本書もゲーム自体ではなく、異能の精鋭たちによる究極の"騙し合い"という意味でのゲーム性の強い作品です。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の受賞作品です。

関連リンク

『エヴァーグリーン・ゲーム』作者「自分の中で物語が出来上がっていたからこそ、最後まで書き進めた」第12回ポプラ社小説新人賞受賞・石井仁蔵インタビュー
前身のポプラ社小説大賞を含めると、『食堂かたつむり』の小川糸、『四十九日のレシピ』の伊吹有喜、『ビオレタ』の寺地はるななど、数々の人気作家を輩出してきたポプラ社...
【各界絶賛、稀有な才能現る!】選考委員満場一致の第12回ポプラ社小説新人賞受賞作、『エヴァーグリーン・ゲーム』いよいよ刊行!
<三島有紀子監督による特報映像で、発売前から期待が高まる話題作。一世一代の大勝負を鮮烈に描き、稀有な才能を見せた、傑作エンタメ誕生。>
本当に新人賞?! 書店員も小説家も推す期待作『エヴァーグリーン・ゲーム』
第12回ポプラ社小説新人賞を受賞した石井仁蔵さんの『エヴァーグリーン・ゲーム』が、2023年11月1日に発売された。それぞれ背負うものがある4人の若者たちが「チ...
頭脳スポーツ「チェス」が題材の石井仁蔵著『エヴァーグリーン・ゲーム』発売!三島有紀子監督によるショートフィルムも公開!
世界的な人気を誇り、競技人口は8億人以上ともいわれる「チェス」ですが、日本では競技人口2万人あまりとマイナーな存在です。そんなチェスを題材としたエンターテインメ...
小説「エヴァーグリーン・ゲーム」発刊のお知らせ
11月1日、チェスをテーマにした小説「エヴァーグリーン・ゲーム」(石井仁蔵著、2022年ポプラ社小説新人賞受賞作)がポプラ社より発刊されました。発刊に当たっては...
【第12回ポプラ社小説新人賞】石井仁蔵さん「エヴァーグリーン・ゲーム」が受賞
第12回ポプラ社小説新人賞は、1105作品の応募作品の中から一次選考で149作品が、二次選考で37作品が通過し、三次選考で最終候補7作品が決定。
とことん好きになれるものを見つけろ……の先に現れる苛烈なメッセージ【書評:吉田大助】
鮮烈なタイトルは、一八五二年にアンデルセンがデューフレンを破った伝説的なチェスの試合から取られている。「魔法みたいな逆転勝利」(作中の表現より)の美しさから、一...
【Vol.7:石井仁蔵】編集者が注目!2024年はこの作家を読んでほしい!
ほんのひきだしでは、この年末年始も13日間にわたり、各出版社の文芸編集者の皆さんが【いま注目の作家】を紹介する「編集者が注目!2024年はこの作家を読んでほしい...
第12回ポプラ社小説新人賞受賞作『エヴァーグリーン・ゲーム』 | ダ・ヴィンチWeb
自分には命を懸けてでも成し遂げたい何かがあるだろうか——。 第12回ポプラ社小説新人賞に輝いた、石井仁蔵氏による小説『エヴァーグリーン・ゲーム』(ポプラ社)。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です