吉川 英梨

女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希 (宝島社文庫) [ 吉川英梨 ] へ。


警視庁鑑識課に勤める原麻希は、ある日、子供を預かったという誘拐犯からの電話を受ける。犯人の指示のもと、箱根の芦ノ湖畔へと向かった麻希だが、そこには同じく息子を誘拐されたかつての上司、戸倉加奈子の姿があった。殺人現場に届く「アゲハ」からのメッセージの意味は?誘拐は、麻希と加奈子の運命を変えた八年前の事件が関係しているのか―!?女性秘匿捜査官・原麻希が社会の闇に挑む、長編警察ミステリー。(「BOOK」データベースより)

ノンストップの痛快警察ミステリー小説として、楽しく読むことができる長編の警察小説です。

誘拐犯からの子供を預かったとの電話を受けた原麻紀が指示の場所に行くと、そこには原麻紀同様に自分の息子を誘拐された麻希かつての上司の戸倉加奈子がいました。早速捜査を始めようとする二人でしたが、何故か麻希の行動は犯人に筒抜けであり、犯人の指示以外の行動をしようとするとすぐに犯人に伝わるのです。

麻希の身近に内通者がいるとしか考えられない状況ではあるものの、その存在は全く分かりません。そこで二人は、誘拐犯の指示に従うようにと指示されながらも、事件の背景を調べていくのですが、そこにはかつて彼女らがかつて追い、そして敗北したとある事件と、壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのでした。

本書は痛快警察小説として、実に小気味いいタッチで進んでいきます。主人公の原麻紀というキャラクターが、「フルネームで呼ぶな」などとときにはコミカルに、そして時には警察官としてシリアスに犯人を追いつめます。

本書は単純に物語の流れを楽しむ小説でしょう。単純に作者の敷いたレールに乗っていけば楽しいひと時を過ごせる、そんな物語だと思います。

ですから、少々の設定の強引さ物語構成の甘さなどは無視して読むべきでしょう。例えば、自ら罪を認めている強姦犯人が嫌疑不十分で釈放されるとか、鑑識課員が捜査し尽くした筈の現場であるのに新たな証拠品が見つかるなどの疑問点は、一応そんなものとして話を読み進めるべきです。

そうすれば、シリアスな場面が展開するなかに、ときにコミカルな進行があったりする工夫も気楽に楽しめ、面白く読み進めることができます。そして、「背望会」についての謎の解明についてもそれなりに興味を持つことができ、ミステリアスな展開も楽しめると思います。

言ってみれば、ノンストップの痛快警察ミステリー小説であり、文句なしに楽しめる小説です。

[投稿日]2017年09月25日  [最終更新日]2017年9月25日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた推理小説

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 ( 深町 秋生 )
真相究明のためなら手段を選ばず、警視総監賞や方面本部賞を何度も受けている警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事八神瑛子が躍動する、ジェットコースター警察小説。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
白夜行 ( 東野 圭吾 )
19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。

関連リンク

女秘匿捜査官 原麻希 アゲハ - フジテレビ
警視庁捜査第一課の原麻希(瀬戸朝香)は、係長の妹尾浩輔(高杉亘)から呼び出され、現場へ急ぐ。麻希が到着するとそこには、黒焦げの遺体があった。現場検証をしながら、麻希は6年前の事件を思い出していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です