和田 竜

イラスト1
Pocket

新刊書

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


戦国時代も終わり近くの1568年(永禄11年)から、信長と石山本願寺との間の戦は約十年もの間続くことになります。本書はその石山合戦と言われる戦の中でも、1576年(天正4年)に毛利氏と織田氏との間に起こった「天王寺の戦い」と「第一次木津川口の戦い」を描いたものです。

本書の一番の魅力は登場人物のキャラクターでしょう。まずは「稀代の荒者」で「大層な醜女」である景(きょう)が魅力的です。女だてらに豪傑でありながら、まだまだ子供です。そして宣教師のフロイスに「日本の海賊の最大なる者」と言われた「能島村上」の当主で景の父・村上武吉(たけよし)を始めとする村上水軍の武将たち、それに敵方の、真鍋七五三兵衛(まなべしめのひょうえ)や、鉄砲集団雑賀党の首領である鈴木孫市(すずきまごいち)らがまた非常に人間的で魅せられます。

これらの武将が命知らずに暴れまわるのですが、その描写が視覚的です。著者はインタビューの中で、当時の人間の「命についての考え方」を現代の人間の感覚でとらえては「時代の空気が見えてこない」と言い、そして「当時の空気」として「恐怖に対して鈍感だった」と言っています。実際、本書の登場人物は、文字通りに「笑いながら」死んでいきます。この点は読みながら誇張が過ぎると思った個所なのですが、このインタビューを読むと、そこはあえて書かれていたようです。

そうした意味でも本書は劇画です。主人公の容貌からして醜女から美女間で極端に評価が分かれますし、一方の鍵となる人物である真鍋七五三兵衛はまた『北斗の拳』のラオウを彷彿とさせる武将として描かれています。

また、例えば海戦時において、別々の戦船に乗っている武将がまるで隣の部屋にでもいるかのように会話をしています。いくらなんでも戦の最中に隣の船までは、どんな大声であろうと届かないだろうと思うのですが、そこはいわばお約束として目をつぶるべきところなのでしょう。でも、そうした細かな疑問点はものともしない迫力をこの本は持っているのです。

本書の魅力の二番目は、綿密な資料の読み込みに裏付けられたリアリティーでしょう。資料の読み込みだけで一年を費やしているそうで、細かな場面描写にも資料の裏付けを示してあります。それは人物の性格にまで至っており、読み手は書かれている事柄の実在を信じそうになるまでに巧みです。逆にこの資料の提示が邪魔だという声も散見しました。この点は読み手の好みにもかかわってくるのでしょうが、本屋大賞を受賞している事実はこの手法が受け入れられているということではないでしょうか。少なくとも私は実に楽しく読むことができました。

こうした点は、隆慶一郎の『一夢庵風流記』が似たような雰囲気を持っていますが、本書のような劇画調とまでは言えないと思います。あえて言えば『一夢庵風流記』を原作とした原哲夫の画になる『花の慶次』というコミックの方が近いかもしれません。

本書は、資料を前面に出しているという点ではこれまでの作風とは異なっていますが、視覚的であり面白さを追求する姿勢は従来と何ら変わりません。これからも読みごたえのある作品を待ちたいものです。

[投稿日]2015年03月26日  [最終更新日]2015年3月26日
Pocket

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です