和田 竜

イラスト1
Pocket

文庫

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは のぼうの城 (小学館文庫) [ 和田 竜 ] へ。


戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説。(上巻 : 「BOOK」データベースより)

「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。「これよ、これ。儂が求めていたものは」一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。(下巻 : 「BOOK」データベースより)

 

豊臣秀吉の小田原城攻めの際の石田三成による忍城攻防戦という史実に基づく長編の時代小説です。

 

各場面を単につないでいくに過ぎないような淡々とした語り口でありながら、登場人物の夫々がしっかりと書き込まれています。更には場面ごと情景描写が視覚的で、これは人気が出る筈だとひとり納得しながら一気に読んでしまいました。

 

前評判にたがわない面白い読み物でした。一級のエンターテイメント作品としてお勧めです。

原作者が脚本家だそうで、映像的な描写に納得したものです。

ちなみに、本書を原作として野村萬斎の主演で映画化もされています。

 

[投稿日]2015年03月26日  [最終更新日]2019年3月28日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です