和田 竜

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 忍びの国 (新潮文庫) [ 和田竜 ] へ。


時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた―。破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。(「BOOK」データベースより)

 

のぼうの城』同様、天正伊賀の乱という史実を基にした長編の時代小説です。

 

のぼうの城の感動は無い、というのが読後に感じた一番の印象でした。

しかし、あの児玉清氏が絶賛しているくらいだからこの作品を絶賛面人も当然いるのでしょう。

 勿論私もこの本を面白くない、と言っているわけではありません。この作者の文章は読みやすく、ストーリーも面白いのです。ただ、『のぼうの城』と比較すると、『のぼうの城』に軍配が上がると言っているだけなのです。

 

ちなみに、本書も大野智を主演として映画化されていますし、また坂ノ睦の画でコミック化もされています。

 

[投稿日]2015年03月26日  [最終更新日]2019年3月28日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です