小松 左京

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 戦争はなかった (新潮文庫) [ 小松左京 ] へ。


小松左京の作品はほとんどを読んでいますが、本サイトで取り上げているほかに、とりあえず代表的な長編とは別に短編集を一冊取り上げておきます。

この本を選んだのは「くだんのはは」が収録されているからです。

何故「くだんのはは」が心に残っているのかはよく分かりません。この作品はホラー短編で、その結末が不気味だったことに加え、「くだんのはは」というタイトルに駄洒落以上の意味を感じ、妙に納得させられたことを覚えていますので、そうしたことが理由になっているのでしょうか。

他にも、戦争に突き進んでいく結末に妙に納得させられた短編があるのですが、その短編の題名も収録されている本のタイトルも覚えていません。我が家の本棚に眠っているはずなのですが・・・。

このように、小松左京の短編には、タイトルももう覚えてはいないのですが、妙に心に残っているものが何篇かあります。また、人間の体の仕組みをそのまま物語のプロットとしたものなど、長編だけではなく、短編にも面白い作品が多数ありました。

[投稿日]2015年04月11日  [最終更新日]2019年3月25日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です