完本 妻は、くノ一(三) 月光値千両/宵闇迫れば

ついに妻・織江の正体を知った彦馬。だが彦馬の想いは変わらず、手習い所の先生をしながら妻との再会を願う。一方、抜け忍となることを決意した織江の前には、お庭番頭領の川村真一郎が立ちはだかる。そんな織江に手を差し伸べたのは、かつての凄腕くノ一、母・雅江だった。川村の企みに満ちた「お化け屋敷」で壮絶な戦いが繰り広げられる中、織江の驚くべき過去も明らかに―。特別書き下ろし短編「牢のなかの織江」も収録。(「BOOK」データベースより)

 

妻は、くノ一 シリーズ」完本版第三巻の長編痛快時代小説です。

 

あいかわらず、身の回りで起きる不思議や、それに見合う「甲子夜話」記載の話の謎を兄妹している彦馬らでした。

彦馬の手習い所に通う寛太の家の開かずの間の話(第一話 開かずの間)、「足のような顔をした男」に殺された男(第二話 猫のような馬)、甘味屋「五の橋」の親父の失踪の謎(第四話 お化け屋敷)、「一」と書かれた陶器のかけらの秘密(第五話 ちぎれても錦)などが続きます。

また、鳥居燿蔵はお庭番頭領の川村真一郎と共に、いろいろな仕掛けが満載の幽霊屋敷を新たに建て静山に売りつけようと企み、その間に、織江の母雅江も織江と共にお庭番組織から抜けることを決意します(第三話 お化け屋敷)。

その後、例のお化け屋敷でのお庭番同士の戦いがあり(第六話 お化け屋敷ふたたび)、意外な事実が判明します。

そして、ある商人の突然の放蕩に隠された謎(第七話 むなしさの理由)、庭石にペッちゃんこされた隠居の話(第八話 ぺっちゃんこ)、共に芝居を見に行った友人は既に死んでいた話(第九話 芝居好きの幽霊)、根岸の里で話題の人魚の話(第十話 陸の人魚)、柳原土手で見られた消えた辻斬りの謎(第十一話 殺しの蜃気楼)と続いていきます。

 

このように、相変わらずの謎解きをする彦馬ですが、いよいよ織江とそれを助ける母雅江の抜け忍としての活動が始まり、物語は大きく動き始めます。

と同時に、本シリーズの根幹に関わる重要な事実が二つも明らかにされます。

それはシリーズの色合いも変わったように感じられるほどです。

勿論、彦馬の謎解きもこれまで同様に続いていきます。

 

途中、お化け屋敷での闘争があったり、宵闇順平という新たな凄腕のお庭番も登場し、静山の寝所深くへと忍び込んだりする場面も見られたりと、アクション小説としての見どころも満載の一編になっています。

とはいえ、風野真知雄という作家の他の多くの作品と同じく、この作家の一番の魅力は細かな謎ときをちりばめたストーリーの展開にあると思われ、そうした観点から楽しむにはもってこいの作品だと思います。

付添い屋・六平太 鵺の巻 逢引き娘

長年離れて暮らしていた穏蔵が、音羽の顔役・甚五郎の身内になって一月足らず、倅との微妙な間合いに、いまだ戸惑う、付添い屋稼業の秋月六平太。ある夜、仕事の帰り道で鉢合わせた賊を斬り伏せて以来、謎の刺客に襲われはじめる。きな臭さが漂う中、六平太は日本橋の箔屋から依頼を受け、千住の百姓家で暮らす幸七のもとへ、娘のお糸を送り届けることに。ひとり宿に泊っていた六平太だったが、ふと、お糸の父・新左衛門の「なんとしても娘を連れ帰って下さい」という一言が思い浮かび、急ぎ表へ飛び出した。嫌な胸騒ぎが…。王道の人情時代劇第十二弾!(「BOOK」データベースより)

付添い屋六平太シリーズの第十二弾です。

第一話 負の刻印
六平太は、行きつけの飯屋・吾作で、包丁鍛冶の政三と知り合った。吾作の主・菊次によれば、政三は三年前から雑司ヶ谷の鍛冶屋で働いているというが、詳しい身元は分からない。その政三に、殺意を向ける青年が現れた。六平太は音羽の顔役・甚五郎に呼び出され……。

第二話 夜盗斬り
ある夜、箱崎町で逃走中の盗賊一味と出くわし、一人を斬り伏せた六平太。襲われた鰹節問屋を調べた同心・新九郎によれば、数年前から関八州取締出役が行方を追っている、行田の蓮兵衛の手口と似ているらしい。数日後、謎の刺客に襲われた六平太は?

第三話 裏の顔
六平太は、根津に住む高名な絵師・仙谷透水に付添いを頼まれた。破門した男・相馬林太郎につけ狙われていたのだ。どうやら破門には、女弟子の川路露風が関わっていると見え――。そして透水には絵師のほかに、なんと、もうひとつの意外な顔があった!?

第四話 逢引き娘
日本橋に建つ箔屋の娘・お糸の付添いを請けた六平太は、千住へ足を向けた。お糸を幼馴染の幸七に会わせるためだった。翌朝早く、逃げ出そうとするふたりを止めた六平太が事情を聞くと、幸七が江戸払いになり、夫婦になれなくなったとお糸が訴え……。

 

本書での六平太はあまり大きな事件はありません。平凡な日常が、淡々と過ぎていく印象です。

そうした中、実は六平太の倅で今年十五歳になる穏蔵が、音羽の顔役である毘沙門の甚五郎のもとで皆に可愛がられながらもまっすぐと育っている様子が随所で描かれているのは、読んでいて心地よいものです。

もちろん、一時は身を隠していた髪結いのおりくとの仲も何の変わったこともありません。

付き添い屋の仕事も順調で、相も変わらずに依頼人の人生が横道にそれないように手を貸している六平太であり、まさに人情小説ここにありという仕上がりになっています。

 

ただ、町中で盗賊一味と出くわし、その一人を斬り伏せたことが気になる事件ではあります。この事件と、日々の暮らしの中で六平太が何者かに襲われることが続いたことが関係があるのかは何も書いてありません。

また六平太は、前巻から登場してきた新たな隣人である弥左衛門が、細かなことで長屋の住人に真実とは異なることを告げていることに気が付き、妙に気になっています。

今後の展開はこの弥左衛門が一つの柱となるのかもしれません。

 

とはいえ、本シリーズも順調に進んでいるようです。

今後どのように展開するかは分かりませんが、本シリーズを追いかけたいと思っています。

倅の了見: 読売屋 天一郎(三)

武家出身で、いまは読売屋“末成り屋”の主となった天一郎を、越後から出てきた竹川肇という老人が訪ねてきた。亡くなった天一郎の父親の古い友人だという。老人の話から「父の残像」と葛藤する天一郎。父の死の真相がわかってきたとき、天一郎の前に過去から「悪」が蘇る!正義の筆と華麗なる剣で世の不正に敢然と立ち向かう、痛快シリーズの待ち焦がれた第三弾。(「BOOK」データベースより)

 

読売屋天一郎シリーズ第三巻の長編痛快時代小説です。

 

竹川肇という名の年を取った侍が江戸へ出てきて、かつての仲間に会い、さらに天一郎のもとへも現れます。何故に天一郎を訪ねてきたのか、次に会った時に話すというばかりでした。

錦修斎こと中原修三郎の甥っ子の中原道助は湯島の昌平黌へ通っていましたが、十三歳という若さでありながら優秀すぎるために年上の学生らのいじめに遭い、不慮の死を遂げてしまいます。

いじめの相手は六百石から八百石取りの家柄の旗本の倅たちであり、わずか数十俵の御家人の中原家とは身分違いでした。そのため、道助の親たちは立場の弱い修三郎には怒りを向けても、いじめの相手には何も言えずにいるのでした。

また、彫師鍬形三流こと本多広之進は、浮世絵版木の彫師を生業にしている浪人の家との養子縁組という形で自分を捨てたはずの親や兄夫婦から、金貸しもしている市川家との養子婿の話を持ち出されていました。

 

三流の話はこれ以上膨らまずに次巻に持ち越され、天一郎の父親の死にからんだ中川肇という老人の話と、また錦修斎の甥っ子の中原道助の死についての話が中心となっています。

いじめや身分違いなどという現代にも通じそうな話を、作者辻堂魁らしい切なさに満ちた物語として仕上げられています。

 

ひとつには、江戸時代という封建社会の中で、弱者には怒りを向ける先がないという理不尽な状況を、読売という筆の力で権力を持った御家人に対峙させるという、痛快小説にはもってこいの展開です。

天一郎シリーズである以上、天一郎自身の活躍の場面が展開されるのは勿論ですが、天一郎の仲間である修斎の、自分ができることを為すその行動が心を打ちます。

 

そしてもう一つの話である竹川肇の物語も、また切なさにあふれています。

天一郎自身は自分の父親のことを知らずに育っています。しかしながら、奔放に生きていた父親が、破落戸に襲われ落命したということに嫌悪感を持っていたようです。

好き勝手に生きた自分はいい、残された母親と子供は勝手な亭主のとばっちりを請けなければならなかった、と言い捨てるほどなのです。

そこに、父親の死の真実を明らかにするという老人が現れ、この老人にまつわる物語が展開されるます。

 

今回の話もまた通俗的になりそうなところを、作者の筆の運びは心地よい物語の運びとして読ませてくれており、痛快小説の醍醐味を感じさせてくれています。

紫の夢-おれは一万石(3)

廻船問屋戸川屋から借金百二十七両の返済を求める書状が届いた。戸川屋のひとり娘は、元国家老園田頼母の妻女だ。頼母は正紀暗殺を企てたとして腹をつめている。復讐のにおいがするが、新江戸家老佐名木源三郎の調べでは、借金は高岡藩としてなした正式なものであるという。進退窮まった正紀は、ついに商人に屈してしまうのか!?待望のシリーズ第三弾!(「BOOK」データベースより)

 

『おれは一万石シリーズ』の第三弾の長編痛快時代小説です。

 

前巻では、ここ数年の凶作で財政難に陥った高岡藩の新たな収入源として高岡河岸に新たな船着き場や納屋を設けることに成功した正紀らの活躍が描かれていました。

ところが、ここにきて高岡河岸の事実上の支配者である廻船問屋戸川屋から貸金の返済を求める書状が届くのでした。というのも、戸川屋の一人娘は前巻での騒動の責めを負い腹を切った元国家老園田頼母の妻女だったのです。

一方、高積見廻り与力の山野辺蔵之介は築地の河岸近くで上がった船頭の斬殺死体の件を扱うことになり、下り塩仲買問屋の大松屋から、播磨龍野の極上の下り醤油が奪われたことを聞き込み、商売敵の津久井屋の名を聞き出します。

また、正紀が借金の相談に龍野藩脇坂家の安董(やすただ)のもとへ行くと大松屋の醤油が奪われ、藩としても困っているため、期日までに取り戻してくれたなら、あらたに取り寄せた分を半額で譲ろうと言われるのでした。

 

こうして、また正紀の藩の財政にからんだ新たな金策に振り回される正紀の姿が描かれることになります。

今回は、山野辺の抱える事件と正紀の金策とをうまいことリンクさせ、正紀の行動と山野辺の行動の意味とを一致させることで、二人の行動を自然なものにしています。

そうした中、正紀の新妻京の行い、言葉を今回も上手くくみ取ることができずに、京を怒らせてしまう正紀の姿があります。

 

前回は下総の塩の流れを描写してありましたが、今回は前回でも少しだけ語られていた醤油に焦点が当たります。

当時、清酒やしょうゆ、塩から雪駄に至るまで、上方のすぐれた産物が江戸に送られてい」て、「下り酒」や「下りしょうゆ」などと呼ばれて珍重されていたそうです。

その後、下総の野田と銚子とを中心として醤油作りが盛んとなり、「地回り醤油」が上方からの「下り醤油」にとって代わるようになりました( 以上 キッコーマン ホームページ : 参照 )。

 

このように下総の醤油を取り上げた小説は記憶にありません。

ただ、これまでも取り上げてきた 辻堂魁の『風の市兵衛シリーズ』の中の『遠き潮騒』が、銚子を主な舞台としており、港町として上方からの酒や塩、そして醤油を取り扱う問屋がありこと、また地回りの醤油のことなども描かれていました。

 

 

本書では、山野辺が担当することになった事件と正紀の緊急性のある借金返済のための金策とをうまく関連付け、二人での事件探索の様子が描かれることになります。

加えて、下り醤油である「龍野醤油」の特徴の風味は劣らないままの淡い色をした醤油という特徴をうまく生かした物語の運びを考えてあります。

まだ三巻しか読んではいませんが、それなりの興味を引く物語展開になっていて、今後も読み続けていこうと思っています。

塩の道-おれは一万石(2)

凶作のため高岡藩の米収穫高も例年の七割しかなく、藩財政がさらに困窮することが予想された。年貢を増やしてこの危機を乗り切ろうと図る江戸家老に反対した正紀は、正式に井上家に婿入りし、世継ぎとなったにもかかわらず、自ら新たな財源を探しに奔走する。ところが、そんな正紀の行動を面白く思わぬ者もいた―。好評シリーズ第二弾!(「BOOK」データベースより)

 

『おれは一万石シリーズ』の第二弾の長編痛快時代小説です。

 

下り塩の仲買問屋伊勢屋の跡取りが、醤油問屋武蔵屋の前に積まれていた醤油樽の下敷きになって命を落としてしまいます。事故として処理されていく中、高積見廻り与力の山野辺蔵之介だけが疑いを持っていました。

調べていく中で伊勢屋は、西国からの下り塩を乗せた船が行方不明となっために、新たに借り入れた非常な高利の金銭に苦しんでいたことが判明します。

そこに下り塩仲買問屋の戸倉屋から借金の肩代わりの申し出があると聞き、疑念を抱く山野辺でした。

一方、高岡藩井上家の継嗣としての暮らしが始まっていた正紀ですが、凶作で米の収穫も例年の七割しかないなか、新たな財源の確保に悩んでいました。

そうした折、山野辺と同行していたいた正紀は、地廻り塩の産地問屋である桜井屋の隠居の長兵衛と出会い、伊勢屋の買取を考えているという話を聞くのでした。

 

本書の正紀は、晴れて高倉藩井上家の継嗣となっており、高倉藩の財政の危機に頭を痛めています。

まず考えるのは新田の開発ですが既に新たに開発できる土地もなく、そこで目を付けたのが既存の河岸場の更なる利用による運上金の増収という考えでした。

しかし、すでにある高岡河岸は反正紀派である国家老の園田頼母の縁戚にあたる戸川屋という廻船問屋の力が強く、使うことはできなさそうで、新たな方途を考える必要が出てくるのでした。

そこに下り塩を取り扱おうという桜井屋の長兵衛との再会が役に立ってくるのです。

ここに「下り塩」とは、「江戸時代塩廻船によって江戸に移入された瀬戸内産塩」のことであり、「下総行徳,武蔵大師河原など江戸湾岸で産出される地塩」のことを「地廻り塩)」と言ったそうです( コトバンク : 参照 )。

 

第一巻でも書いたように、こうした経済的な観点での時代小説は、 辻堂魁の渡り用人の活躍を描いた『風の市兵衛シリーズ』など数点の作品以外にはあまり読んだことがなく新鮮ではありました。

 

 

ただ、どうしても痛快小説の展開としては剣戟の場面も取り込む必要はあり、正紀や山野辺、それに正紀と共に高岡藩に移籍してきた正紀付きの中小姓である植村などが派手に立ち回ります。

たとえ大名の後嗣とはいえ、主人公の立ち回りは欠かせないというところであり、作者もそこらは苦労されているところでしょう。

 

また、女心を解しない正紀と京との微妙な言葉の行き違いなど、初々しさの残る新婚の様子も気になります。

更には、第一巻で登場したものの本巻で改めて重要な役割を担うことになった桜井屋の長兵衛の存在も見どころの一つです。

勿論、何とか反正紀派を駆逐しながら後嗣としての存在を強固にしていく正紀の立場こそが見どころではあります。今後の展開が待たれます。

おれは一万石

一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名、下総高岡藩井上家に婿入りすることになった竹腰正紀はまだ十七歳の若者だ。正紀は、高岡藩江戸上屋敷を訪れたおり、堤普請を嘆願する百姓と出会い、二千本の杭を調達する約束を結んでしまう。まだ婿入り前にもかかわらず、高岡藩のために奔走する日々が始まった!待望の新シリーズついに開幕!(「BOOK」データベースより)

 

『おれは一万石シリーズ』第一弾である長編の痛快時代小説です。

 

本書の主人公竹腰正紀は、美濃今尾藩三万石前藩主であった竹腰勝起を父に持つ十七歳です。兄竹腰睦群が美濃今尾藩の現藩主であり、父勝起は尾張徳川家八代徳川宗勝の八男という将軍家に近い血筋の家柄です。

この竹腰勝起を始め、主人公の正紀や叔父の正国らの存在、その血筋、知行の藩などすべて歴史的な事実のようです( ウィキペディア: 参照 )。その実在の人物らが架空の物語を紡ぎだしているわけです。

その正紀が、父勝起の弟である正国が婿入りし藩主となっている下総高岡藩へ婿入りすることになりました。妻となるべきは正国のという名の十九歳になる娘です。

ある日正紀が婿として入る高岡藩上屋敷の叔父正国を訪ねた際に、陳情に来ていた高岡藩小浮村村名主の息子申彦と門前で出会い、堤の補強のための木杭二千本の手配を約束してしまいます。

しかし、高岡藩は勿論、今尾藩にもそのような余裕はなく、当然ですが部屋住の身の上である正紀にはどうしようもありません。

その上いまだ高岡藩に婿入りしてもいない正紀です。途方に暮れてしまうのでした。

 

主人公は神道無念流の戸賀崎暉芳の門弟で免許皆伝の腕前を持つ、竹腰(井上)正紀という十七歳の若者です。

この正紀が下総高岡藩井上家に婿として入ることになりますが、高岡藩では井上家から婿を選ぶべきだという一派もおり、正紀は全面的に受け入れられたわけではありませんでした。

そうした中、利根川決壊を防ぐために奔走する正紀らの姿が描かれています。

 

おれは一万石シリーズ』の項でも書いたように、大名が主人公の痛快小説はあまり読んだことがありませんでした。

主人公が大名だということは、浪人や同心、町人などが主人公の普通の時代小説とは異なり、自分が治めるべき藩の存在があり、何かと制約もあると思われます。

事実、本書には「高岡藩は定府大名」だとありました。つまりは「江戸に定住」することになります。しかし多分物語上は自分の藩へのへの往来が必要になると思われ、どう処理するのか見どころです。

ともあれ、本書の段階ではまだ藩主ではなく、婿にもなっていないため幕府への届け出で移動しています。

 

他にも、大名である以上は市井に暮らす民とは異なる生活があるでしょうし、事実、本書では徳川家に連なる身分の正紀の日常としての他の大名たちとの付き合いなど、いつもの時代小説とは異なる雰囲気が醸し出されています。

とくに、財政困難な大名の生活も描かれ、その中で突発的な災害に対応しなければならない藩主の立場、という特別な視点での物語が描かれているのは非常に興味を惹かれるところでした。

本書の場合、それが利根川の決壊を防ぐということになります。

二千本の杭を調達するために、正紀はどう動くのか。正紀の周りの者はそれをいかに助けていくのか。正紀の婿入りに反対する者らの妨害工作はどのようなものなのか。

 

登場人物としては、正紀付きの中小姓である植村仁助がいます。後には正紀について高岡藩へと移籍しますが、大柄で丸太のように太い腕をしていて剛腕ですが、剣はまるで駄目という二十一歳の若者です。

また、戸賀崎道場の仲間で正紀の親友でもある山野辺蔵之助がいます。父を亡くし、北町奉行所高積見廻り与力という役職を継ぐことになる同い年の男です。

高岡から帰る途中で破落戸にからまれ難儀しているところを助けた老夫婦が、後々正紀の手助けをしてくれる塩問屋の桜井屋長兵衛でした。

そして、正紀の妻となるがいます。正紀を通じて藩の財政についても考慮し始めるという微妙な変化と、女心を解さない正紀と間で、若い二人の歩み寄りの様子なども見どころの一つになっています。

 

予想外に面白く読んだ小説でした。

おれは一万石シリーズ

おれは一万石シリーズ(2019年08月14日現在)

  1. おれは一万石 1
  2. おれは一万石 2 塩の道
  3. おれは一万石 3 紫の夢
  4. おれは一万石 4 麦の滴
  5. おれは一万石 5 無節の欅
  6. おれは一万石 6 一揆の声
  1. おれは一万石 7 定信の触
  2. おれは一万石 8 囲米の罠
  3. おれは一万石 9 贋作の謀
  4. おれは一万石 10 無人の稲田

 

登場人物
井上(竹腰)正紀 美濃今尾藩竹腰家の次男。
竹腰勝起 正紀の実父。美濃今尾藩前藩主。
竹腰睦群 正紀の実兄。美濃今尾藩藩主。
山野辺蔵之助 高積み見廻り与力で正の親友。
植村仁助 正紀の供侍 今尾藩から高岡藩に移籍。
井上正国 高岡藩藩主。正紀の父勝起の弟。
井上京    正国の娘 正紀の妻となる。
児島丙左衛門 高岡藩江戸家老。
佐名木源三郎 高岡藩江戸詰め中老。
園田頼母 高岡藩国家老。下妻藩江戸家老園田次五郎兵衛とは親戚関係。
井上正棠 下妻藩藩主。
井上正広 正棠の長男。
園田次五郎兵衛 下妻藩江戸家老。

 

時代小説には珍しく、大名が主人公の痛快時代小説です。

主人公は美濃今尾藩三万石前藩主竹腰勝起の次男の正紀という十七歳の若者です。

この正紀が、下総高岡藩一万石に婿入りし藩の危機を救っていく、というこれまでの時代小説とは少々視点が異なった物語です。

高岡藩井上家の現藩主井上正国はやはり入り婿であり、正紀の父勝起の弟です。そこで、高岡藩井上家では、次の当主は井上家から迎えるべき、という考えの正紀の婿入りを歓迎しない空気もあったのです。

ここに下妻藩という存在があり、この下妻藩井上家が高岡藩井上家と共に浜松藩井上家を本家とする関係にあります。

そして下妻藩江戸家老の園田次五郎兵衛と高岡藩国家老の園田頼母とが親戚関係にあることから問題は複雑になります。

 

ここで、江戸時代の「大名」とは、石高一万石以上の所領を幕府から禄として与えられた藩主のことであり、徳川将軍家直属の家臣団のうち石高が一万石未満で、儀式など将軍が出席する席に参列する御目見以上の家格を持つ者が「旗本」であり、御目見以下の家格に位置付けられた者が「御家人」と言われていました( ウィキペディア 「大名」・「旗本」・「御家人」 : 参照 )。

つまり、正紀が養子に入った高岡藩は石高が一俵でも欠けると大名としての地位を失い旗本になってしまうという弱小の藩だったのです。

 

それにしても、痛快時代小説で大名を主人公に据えるという発想は、テレビドラマでは「暴れん坊将軍」などの作品もありましたが、小説ではあまり知りません。

 

 

筒井康隆に『ジャズ大名』という映画化もされた中編の作品はありますが(新潮文庫『エロチック街道』所収)、かなり昔に読んだもので内容はほとんど覚えていません。また 風野真知雄には『大名やくざ』という作品があるそうですが私は未読です。

 

 

ともあれ、本シリーズは弱小大名が自分の藩の、借金や自然災害などの様々な危機を知恵と人々の助けを借りて乗り越えていく様を描いています。

例えば、第一巻では氾濫の危機にあった利根川の堤防を強化するための杭二千本を手当てするための財源確保をいかにするかが描かれています。

このような一個の藩の経済的な基盤など、普通の痛快時代小説では描かれることのない新たな視点を提供してくれているのです。私がこれまで読んだ時代小説ではあまりない視点でした。

ただ、 青山文平の『鬼はもとより』などは経済の面から見た時代小説でありましたし、 辻堂魁の『風の市兵衛シリーズ』は渡り用人を主人公とする経済的視点を加味した痛快時代小説でした。

 

 

ただ、まだシリーズの初めの数巻を読んだだけですのではっきりとは言えないのですが、先に挙げた例えば辻堂魁の作品などと比べると、本『おれは一万石シリーズ』はあまり情感を感じさせません。

また文章も決して美しいとは言えません。

作家の特徴かもしれませんが、少なくとも本『おれは一万石シリーズ』は単純にストーリーを楽しむエンターテイメント小説というべきだと思います。

その点では私の好みとは少しずれたところのあるシリーズでした。

しかしながら、素直にストーリーを楽しみながら気楽に読むには最適かもしれません。

千野 隆司

1951年、東京都生まれ。國學院大學文学部卒。1990年、「夜の道行」で、第12回小説推理新人賞を受賞。以後、時代小説を次々と発表。常に新作が待望される作家である。主な時代小説シリーズに「若殿見聞録」(ハルキ文庫)、「駆け出し同心・鈴原淳之助」(双葉文庫)、「寺侍 市之丞」(光文社時代小説文庫)、「戸隠秘宝の砦」(小学館文庫)などがある。( 宝島社サイト : 参照 )

完本 妻は、くノ一(二) 身も心も/風の囁き

元平戸藩主の松浦静山に知識と人柄を買われ、下屋敷に出向くようになった彦馬。赤い烏、夜歩く人形…持ち込まれる謎は解決するも、肝心の妻・織江捜しは進まない。一方、その織江も任務で飯炊き女に扮し平戸藩下屋敷に潜入していた。そこで静山の密貿易の証拠を手に入れるが、彦馬を想う気持ちから提出を決心できないでいる。やがて、江戸城中奥番の鳥居耀蔵がある事に気付き、動き始め―。任務と愛、揺れる織江の運命は?(「BOOK」データベースより)

 

妻は、くノ一 シリーズ」完本版第二巻の長編痛快時代小説です。

 

前巻で江戸へ出てきた雙星彦馬も何とか江戸の暮らしに慣れ、彼が教える手習い所も順調で、あいも変わらずに身辺で起きた不思議話や松浦静山の記した「甲子夜話」にある似た話の謎を解き明かしています。

つまり、赤いカラスがいたり(第一話 赤いカラス)、湯船の中に手桶一杯分ほどのはまぐりの貝殻が見つかったり(第二話 はまぐり湯)、年賀の挨拶に行った静山の平戸藩下屋敷で、夜歩く人形の謎を解明するように言われたり(第三話 人形は夜歩く)しているのです。

その間に、下屋敷に潜り込んでいた織江は、辰吉に襲われた危機も静山の飼い犬のマツに助けられたり、下屋敷に突然現れた彦馬を助けたりと忙しくしていました。

また、静山が辰吉を捉えはしたものの、中奥に勤める鳥居耀蔵という男が捕らえられた辰吉を引き取りに来たのでした(第四話 読心斎)。

その後、静山が盗人に覚書を盗まれる事件が起き(第五話 後生小判)、多分その盗人を知っている彦馬が対処しつつ(第六話 武道なりさがる)、手習い所の子供の世話も見ていました。

また、妻恋稲荷の良縁社の小ぶりの鳥居が違う場所へ移った謎(第七話 竜の風)を解いたと思ったら、雙星家の養子である雁二郎が江戸藩邸詰となり織江の前に現れ、織江に気づいた様子でもあったのです(第八話 異鳥の肉)。

その織江は母親の雅江から、今のままでいいのかと問い詰められ(第九話 義眼と蜂)、西海屋には一匹の犬に括りつけられた怪しい手紙が届くのでした(第十話 狐の飛脚)。

 

江戸の町にも慣れた雙星彦馬の、自分が教える手習い所の子供たちとのエピソードもはさみながら、探し求める織江との距離も次第に近くなっていきます。

こうした彦馬と織江の物語を主軸に据えつつも、静山の「甲子夜話」に書かれた不思議物語の謎を解明しながら、静山自身に対する探索の手も次第に迫ってくる様子も見逃せません。

また、織江の母親の動向も気になるところであり、幾重にも見どころを持った物語として成立しているのですから、この作者の手腕も見事なものだと思います。

 

勿論、登場人物らが知らない間に互いにすれ違い、それと知らないままに助け合ったりと、物語の世界が小さくなってしまうという不都合点もありはするのですが、それはこうしたエンターテイメント小説の約束事としてある程度は受け入れるべき事柄でしょう。

今回は、静山に敵対する人物として鳥居燿蔵という時代小説では定番の悪役も次第にその存在を明確にしてきています。この人物をどのように育て上げるものかも見どころの一つといえるでしょう。

 

鳥居耀蔵を描いた作品といえば、 田牧大和の『三悪人』という作品があります。若かりし頃の遠山の金さんと鳥居耀蔵とがタッグを組み、後の老中水野忠邦の非道を懲らしめる、という実にユニークな設定の長編痛快時代小説です。

 

 

また、 西條奈加涅槃の雪もありました。これは、天保の改革期における水野忠邦、鳥居耀蔵と遠山景元との対立という図式の中、寄席の制限、芝居小屋の移転などの数々の施策とそれによる市井の暮らしへの影響を、高安門佑という吟味方与力の眼を通してみた作品という一面を持つ、ユーモラスな味を持った時代小説です。

 

 

また、宮部みゆきの『孤宿の人』の加賀様のモデルがこの鳥居耀蔵だと思われます。

 

 

エンターテイメント時代小説としてて、更に脂が乗ってきている本書です。続編を早く読みたいと思わせられる作品でした。

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

「人も同じ、身分は違えども煙草の銘柄ほどのもの」煙管の吸い口を見つめ、平蔵は人の儚き生を思い、正義と悪との境を憂えていた―。京都西町奉行長谷川平蔵は、火を用いた奇っ怪な連続殺人を止めるため、最も頼りにする江戸の火消、松永源吾を京に呼ぶ。源吾は平蔵の息子・銕三郎と真相に迫るが、やがて銕三郎が暴走し―。勇壮な男たちが京の街を駆け抜ける!(「BOOK」データベースより)

 

羽州ぼろ鳶組シリーズの第四弾となる長編の痛快時代小説です。

 

前巻の第三巻「九紋龍」では、放火を手段として皆殺しの押し込みを働く盗賊千羽一家を相手とした源吾らの活躍が描かれました。

本書では、第二巻で急遽江戸へと帰ってきた加持星十郎の、京都での「青坊主」という物の怪の絡んだ事件解決の様子の場面から幕を開けます。

しかし、水を使った殺人事件であった「青坊主」の事件は終わっておらず、新たに物の怪「火車」の仕業だという人間の身体が発火する事件が起きていたのです。

そこで、平蔵からのあらたな要請をうけ、今度は加持星十郎に加え、源吾と武蔵も共に上洛し、火消しの意地を懸けて戦いを挑むことになるのでした。

 

本書では京の都における奉行所の仕組みが説明されています。

京都所司代と京都郡代とで治めていた仕組みの内、郡代の権限だった京と、その周辺の天領の行政と司法の権限を新たに作られた京都町奉行に担当させることになります。

江戸時代の所司代は京都の治安維持の任務にあたった幕府の部署であり、京都市政を預かる京都町奉行は所司代の指揮に従うものの、老中の管轄でした( ウィキペディア : 参照 )。

本書の背景関連でいうと、京都の火消しは四家あるものの京都所司代の管轄だそうで、今の京都所司代の土井利里は田沼意次の政敵であるらしく、平蔵が直接に出動を願っても所司代の命が必要だとした動かない状況だったのです。

 

本書には新しいキャラクターが登場します。その一人が長谷川銕三郎です。

この人物こそ池波正太郎の大人気小説『鬼平犯科帳』の主人公「鬼平」こと長谷川平蔵宣以であり、これまで本シリーズに登場している長谷川平蔵宣雄はその父親です。

この銕三郎は若い頃は「本所の銕」などと呼ばれるほどの放蕩を尽くしていたようで、石川島人足寄場はこの人の功績だというのは有名な話です。

こういう男を見ていると、勝海舟の父親の勝小吉を思い出します。この人については 子母澤寛の描いた『親子鷹』と『おとこ鷹』とが有名ですが、これらの作品は今の痛快小説の原点をなす作品であって、その面白さも含めて時代小説では必読の作品だと思います。

 

 

またもう一人、常火消淀藩火消頭取野条弾馬という男が登場します。この男が経歴も人柄も源吾とそっくりであり、源吾自らが自分と同じだというほどの男でした。

さらに、京の絡繰り師の五代目平井利兵衛と六代目平井利兵衛の水穂という女性が登場し、新たな火消しの道具を見せてくれます。

 

そうした登場人物が生き生きと動き回り、京の都を火事から救おうと縦横無尽に活躍し、火消しの心意気を見せてくれます。

ただ、このシリーズに対して持っていた若干の不安が垣間見える作品でもありました。

というのも、そもそも痛快小説は魅力的なキャラクターの存在があって、ストーリーの背景には勧善懲悪の物語があり、日本人の心の奥底をくすぐる浪花節的な物語が潜んでいると思っています。

しかし、そのことは、一歩間違えば安直な浪花節物語、つまりは通俗的なお涙頂戴の物語に陥る危険性があると思うのです。

そういう意味で本書はぎりぎりのところにあり、読む人によっては本書は安直だと言う人がいるかもしれないと思うほどです。

こうしたことは前にも書いているのですが、本書では特にそのあたりの線引きが微妙であり、少々怪しいところを感じたものでした。

そのように感じたのは、銕三郎と平蔵との終盤の会話であり、また野条弾馬を雇い入れた淀藩当代の稲葉正弘の行いです。

本シリーズが荒唐無稽な設定のもと、火消したちの心意気を読ませるものであることはよく理解しているつもりですが、それにしても少々無理のある描き方ではないかと思ってしまったのです。

でも、まあ、あまり声高に叫ぶ問題でもないでしょうし、面白い作品であることに間違いはないのですから、そういう印象を持ったことだけを指摘しておくにとどめます。

 

また、本シリーズでは歴史上の実在の人物を多数登場させていますが、本書においては渋川春海もまた名前だけではありますが登場しています。また本書での敵役として土御門家が京都での新たな敵役として登場しています。

この土御門家というのは、室町時代の陰陽師として高名な安倍晴明の流れを汲む家系であり、暦の編纂権を握っており、幕府と対立をしているのです。

この点において渋川春海が編纂権を奪い返したこともありましたが、今では再び土御門家が編纂権を握っているのです。

冲方丁の『天地明察』がこのあたりのことを描いており、非常に面白い小説でした。

 

 

ともあれ、本シリーズは近年の時代小説の中では掘り出しものの一冊であり、続編を読んでいこうと思います。