第165回直木三十五賞は佐藤究氏の『テスカトリポカ』と澤田瞳子氏の『星落ちて、なお』に決定!

イラスト1

第165回直木三十五賞は佐藤究氏の 『 テスカトリポカ』と澤田瞳子氏の『星落ちて、なお』に決定しました。

同時に発表された芥川賞の受賞者も二人の、都合四人の受賞という珍しい事態となりました。

 

2021年1月21日 に直木賞の発表が行われ 、 第165回直木三十五賞は佐藤究氏の『テスカトリポカ』と澤田瞳子氏の『星落ちて、なお』に決定しました。

直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会 – 文藝春秋 : 参照

ちなみに、「直木賞」と言えば、下掲のサイトを参照してください。

直木賞のすべて

芥川賞、直木賞の講評や裏話など、さまざまな情報満載のサイトで、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です