小松 左京

イラスト1
Pocket

文庫

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


小松左京と言えばまずは「日本沈没」を挙げるべきなのでしょう。この本はいわゆる宇宙を舞台にしたり、タイムトラベルをするといったいかにも現実とかけ離れたSFとは異なり、社会的な問題提起を含む日常の延長上にある物語として、SF嫌いの人にも受け入れられる物語です。

映画化もされ社会現象を引き起こしました。その発想はすごいです。でも、SFとかそうではないとか、分類はどうでもいいのです。単純に物語としてとても面白く読むことができます。

日本が沈む、そのメカニズムよりも、日本列島という基盤を失った日本人はその後どう生きていくのか、が書きたかったらしいのですが、生前には書かれることはありませんでした。

先年続編が出版されましたが私は未読です。

また、映画もリメイクされそこそこヒットしたと思います。見ましたが、ヒットした理由は分かりませんでした。

[投稿日]2015年04月11日  [最終更新日]2015年4月11日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です