イラスト1
Pocket

F.P・ウィルスン 雑感

紹介している作品はいわゆる「アドヴァーサリ・サイクル/ナイトワールド・サイクル」の一作目から三作目です。

これらの本を最初に読んだ頃は「ナイトワールド・サイクル」のうちの一冊という位置づけは無かったように記憶しています。この後、『リボ-ン』『闇の報復』と続き、『ナイトワールド』で完結することになります。そして『ナイトワールド』で全体の謎が解き明かされるのですが、後付けで世界観を付け足したような感じがしないでもありません。

他の本は未読です。何より、「始末屋ジャック」シリーズが続いていることを知らなかったのは不覚です。これからまた読まなくては。

このウィルスンという作家は、 S・キングD・R・クーンツロバート・R・マキャモンと並んで紹介されることが多いような気がします。でも、やはり キングが別格としてあり、後は好みで順番が変わるのではないでしょうか。また、作家自身も作風が変わってもいますし、一言では語れませんけどね。

個人的には、ど派手な初期の クーンツマキャモン、そして、ウイルスンが並んでいます。そんななかで、 マキャモンの『少年時代』などがちょっと抜けているところでしょうか。この3人の中では マキャモンのこの作品あたりが一番読み易いかもしれません。

[投稿日] 2015年04月26日  [最終更新日] 2020年7月15日
Pocket