黒川 博行

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 二度のお別れ (角川文庫) [ 黒川 博行 ] へ。


『疫病神シリーズ』の第五巻『破門』で直木賞を受賞した黒川博行のデビュー作を含む、大阪府警捜査一課に勤務するコンビの刑事を主人公とする、『疫病神シリーズ』よりは真面目、と感じる長編の警察小説です。

 

大阪府警捜査一課シリーズ(2020年11月10日現在)

  1. 二度のお別れ
  2. 雨に殺せば
  3. 海の稜線
  4. 八号古墳に消えて
  5. 切断
  1. ドアの向こうに
  2. 絵が殺した
  3. アニーの冷たい朝
  4. てとろどときしん

 

本シリーズ第一作の『二度のお別れ』が著者黒川博行のデビュー作であるためでしょうか、本シリーズは主人公が途中で変わります。

第一、二、四作では黒田憲造巡査部長亀田淳也刑事の「黒マメ」コンビ、第三作で文田巡査部長総田部長刑事との「ブンと総長」のコンビ、他に吉永・小沢コンビもいるそうですが、まだ途中までしか読んでいないので、各巻の主人公がどうなるのかは不明です。

刑事は通常は二人が組んで捜査に当たるということはよく聞くので、本書の主人公もコンビということになっているのでしょう。

 

本シリーズでのコンビも会話が大阪弁そのものであり、当然ユーモアに満ちています。

ただ、黒川博行という作家の『疫病神』という作品での、桑原というヤクザと二宮という素人ながらにヤクザとの付き合いもある男との掛け合いが素晴らしかったので、どうしてもそちらと比べてしまいます。

 

 

そうすると、本書は本書なりにユーモラスであり、おかしみがあるはずなのにどうしても見劣りしてしまうのです。

ただ、『疫病神』シリーズよりも本シリーズのほうが、よりミステリー色を色濃く持っていると思われます。

 

今後読み進めるとともに、シリーズとしての印象も変わってくる可能性が大きいので、読み進めたらまた本稿も修正していきたいと思います。

[投稿日]2020年11月15日  [最終更新日]2020年11月17日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です