藤原 伊織

イラスト1
Pocket

文庫

講談社・角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


あるカジノで、妻の死以来怠惰な日々を送る主人公の前に死んだ妻そっくりの女性が現れた。その後、何かと面倒なことが起き始める。それらの出来事の中心にはゴッホの「ひまわり」があるらしい。

ゴッホの8枚目の「ひまわり」の謎に加え、主人公の死んだ妻の死にまつわる謎もからめ、様々な個性的な人物が登場し、物語は展開します。

本作品は、この作家の会話の妙が十分に堪能できる作品であることに加え、エンタテイメント作品としての面白さがあります。

郷原宏氏の言葉を借りれば、本書の魅力とは「正確で美しい日本語、時代性を刻印した軽妙な会話、魅力的で彫りの深い登場人物群、奇想天外でしかも臨場感に満ちた物語展開」にあるのです。

また、誰かが本書を評して「愛の物語」と書いていましたが、まさにその通りではないでしょうか。

面白い小説として自信を持ってお勧めできます。

[投稿日]2015年04月19日  [最終更新日]2015年4月19日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です