ヤマンタカ 大菩薩峠血風録

四年に一度開かれる御岳の社での奉納試合。「音無しの構え」で知られる剣客・机竜之助や甲源一刀流の師範・宇津木文之丞ら、実力者たちが御岳山に集う。土方歳三はこれに出場するため天然理心流に入門し、自分の強さを見極めようとする。真剣で生命を賭ける男たち。彼らは善も悪もない、ヤマンタカ(閻魔大王をも殺す最凶の菩薩)の世界を生きている―。死闘のゆくえは。そして、互いの因縁が明らかになったとき、彼らがたどる数奇な運命とは…。(「BOOK」データベースより)

本書は中里介山が書いた『大菩薩峠』という未完の大作を夢枕獏流に再構成した長編の剣豪小説です。

中里介山や『大菩薩峠』と言っても今の若い人は多分誰も知らないでしょうが、この物語は幕末を生きた架空の剣豪、机龍之介を主人公にした全二十巻(ちくま文庫版)の未完の大作です。

夢枕獏氏も途中まででやめたそうですが、私自信も二十歳代も終わりの頃に最初の一冊を読み終えずに終わっています。

本書はこの『大菩薩峠』を再構成した作品です。とは言っても、一巻目で描かれる御嶽神社の奉納試合までを再構成したもので、全くの夢枕獏の物語です。

それも後に新選組副長になる土方歳三を中心として、机龍之介と宇津木文之丞その他の人物を絡ませて、夢枕獏のエンターテインメント小説としてとして仕上がっています。




つまりは、『餓狼伝』や『獅子の門』の世界観で書き直された剣豪小説です。剣豪小説とは言っても 津本陽の『柳生兵庫助』(文春文庫版全八巻)や、 海道龍一朗の『真剣』で描かれている、柳生兵庫助や上泉伊勢守信綱と言った剣豪蔵とは全く異なります。

柳生兵庫助や上泉伊勢守信綱を描いたこれらの作品は、「剣」の道を追求し、求道者として哲学的とも言えるほどに人間の内面までをも追及した物語です。

これに対し、夢枕獏の描く剣豪はそれらとは全く異なり、剣戟の場面などはまさに格闘技であり、即物的です。本書に餓狼伝の丹波文七やサイコダイバーの九門鳳介などが登場してきても違和感を感じないのではないかと思えるほどです。

勿論、机龍之介の有名な「音無しの構え」という秘剣の解釈にしても、夢枕獏独自の解釈を施し、机龍之介の立ち合いの場面にも生かしているなどの工夫があり、本書が時代小説として面白くないということではありません。夢枕獏の描く時代小説の世界がそのようなものだということだけであって、エンターテインメント物語としての面白さは十分に備えている小説です。

『大菩薩峠』では机龍之介は武州沢井村の沢井道場の若師範だそうで、つまりは近藤勇や土方歳三らの住む日野宿とも近くにあります。ということは、机龍之介と土方らは江戸で知り合う前に出会っていてもおかしくないということで、土方歳三らと絡ませたのだそうです。( 著者にインタビュー!: 参照 )

こうした解釈が本書の面白さを増幅させているのは当然のことで、他にも原作に登場している盗賊の七兵衛や色気担当のお浜、宇津木文之丞も登場し、奉納試合へと突き進みます。

夢枕獏の描く剣豪小説として、面白い作品でした。

神々の山嶺

カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功したかどうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。羽生丈二。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。( 上巻 : 「BOOK」データベースより)

その男、羽生丈二。伝説の単独登攀者にして、死なせたパートナーへの罪障感に苦しむ男。羽生が目指しているのは、前人未到のエヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂だった。生物の生存を許さぬ8000メートルを越える高所での吐息も凍る登攀が開始される。人はなぜ、山に攀るのか?永遠のテーマに、いま答えが提示される。柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。( 下巻 : 「BOOK」データベースより)

 

伝奇小説の第一人者である夢枕獏が描く、長編の山岳小説です。

 

本作品は実在の人物をモデルにした主人公羽生丈二の冬季単独登攀が描かれています。併せてジョージ・マロリーという登山家がエベレストに登頂したのか、という謎を絡めた話にもなっています。

 

この作者の筆力が真向に感じされる骨太の作品で、実に面白く、熱くなって読み終えました。

ただ、私にとって山の物語はやはり 新田次郎です。この作品も新田次郎を越えるとまでは感じませんでした。

例えば、昭和の初めの頃「単独行の加藤」と呼ばれた実在の登山家である加藤文太郎という人をモデルとした『孤高の人』があります。
 

 
また実在の登山家芳野満彦臥モデルの『栄光の岩壁』や、今井通子、若山美子といった登山家をモデルにした『 銀嶺の人』などがあります。
 

 

 

そういう意味では 笹本稜平の山岳小説は、『天空への回廊』などの冒険小説的な色合いが豊かな作品や、『春を背負って』などの爽やかな人間ドラマな作品もあり、また違った側面の山を描いてあって、面白い小説でした。

 

NHK版 陰陽師 [DVD]

2001年5月29日からNHKで放送された、夢枕獏原作のドラマをDVD化。SMAPの稲垣吾郎が扮する、“陰陽師”の中でも天才と謳われた安倍晴明が、平安京を舞台に“鬼”や“生霊”となった者達の魂を鎮めていく。第1話「玄象」第2話「這う鬼」の2話収録。(「キネマ旬報社」データベースより)

だい十話までの全五巻DVDです。

未見です。

陰陽師 2 [DVD]

『壬生義士伝』の滝田洋二郎が監督し、原作者である夢枕獏がシナリオ作りに当初から参加した「陰陽師」劇場版シリーズ第2作。アマテラスを天岩戸から誘い出す神話のエピソードをモチーフに、命が保証されない神の領域に陰陽師・安倍晴明が挑んでいく。(「キネマ旬報社」データベースより)

もともとのシリーズを好みでないためもあるのでしょうか、やはり今一つでした。

陰陽師 [DVD]

小説、コミック、テレビドラマで話題となり一大ブームを巻き起こした『陰陽師』の劇場版。平安時代に実在した陰陽師・^倍晴明が、妖怪の跋扈する闇の世界に挑む姿を描く。原作は「上弦の月を食べる獅子」で日本SF作家大賞を受賞している夢枕獏。(「キネマ旬報社」データベースより)

特撮も今一つの出来で、個人的にはあまり面白いと思った映画ではありませんでした。

ただ、野村萬斎の存在感だけはあったと思います。

陰陽師シリーズ

一時期ブームとなった「陰陽師」のきっかけとなった作品です。

個人的にはこの作者の作品の中ではランクは高くはありません。

同じ系統であれば、「闇狩り師」に軍配を上げます。しかし、一般的にはこちらの「陰陽師」シリーズの方が人気があるようなので取り上げました。

妖魔封じを稼業とする、仙道と中国拳法の使い手である九十九乱蔵を主人公とする伝奇小説で、『キマイラ・吼』シリーズに登場する九十九三蔵は乱蔵の実弟です。

 

 

本書は、闇にうごめく妖怪(あやかし)達と陰陽師安倍晴明との戦いの物語です。

ただ、戦いと言いきるには語弊があるようです。平安時代、日々の生活は闇と共にあり、その闇には妖怪が住まっていたのです。妖怪とは即ち人間の怨みや妬みであり、結局は人間そのものなのです。安倍晴明はそのような恨みを持つ妖怪、人間との対話を通して怨みを解き放つのです。

陰陽師シリーズ(2015年04月01日現在)

  1. 陰陽師
  2. 陰陽師 飛天ノ巻
  3. 陰陽師 付喪神ノ巻
  4. 陰陽師 生成り姫
  5. 陰陽師 鳳凰ノ巻
  6. 陰陽師 龍笛ノ巻
  7. 陰陽師 太極ノ巻
  8. 陰陽師 瀧夜叉姫(上)
  9. 陰陽師 瀧夜叉姫(下)
  1. 陰陽師 夜光杯ノ巻
  2. 陰陽師 天鼓ノ巻
  3. 陰陽師 醍醐ノ巻
  4. 陰陽師 酔月ノ巻
  5. 陰陽師 蒼猴ノ巻
  6. 陰陽師 螢火ノ巻

餓狼伝 the Bound Volume

格闘小説なんですが、この作品のように真正面から格闘技と取り組んだ作品はそれまであまり無かったのではないでしょうか。

主人公は丹波文七という空手を初めとする種々の格闘技を学んだ若者で、それに対し、空手家松尾象山、プロレスのグレート巽など現実の格闘家を彷彿とさせる人物が配置されています。他にも柔術や古武術などの使い手も登場する格闘技の一大イベント小説となっています。

武道に対する作者の強い思い入れが感じられる作品です。

エロスは全くなく、純粋に「誰が強いのか」という現実の世界での問いかけを小説の中で表現しようとしているのでしょう。

今では無くなったK-1やプライドが一世を風靡しましたが、それらよりずっと前にこの小説は書かれています。プライド等の格闘技に興味のない人には面白くはない物語かもしれません。でも、少しでもそれらの格闘技を面白いと思った人にはたまらない作品だと思います。

サイコダイバー・シリーズ

そもそも「魔獣狩り(淫楽編)」という一巻目のタイトルからも分かるように、エロスとバイオレンス満載の作品です。

 

「サイコダイバー」とは、人間の精神にもぐり、その隠された秘密を探り出すことを仕事とする、特殊能力者を主人公とした伝奇小説です。

最初は三部作で終わる筈だったものが、結局は全二十五巻の一大ストーリーを展開しています。

最初は九門鳳介と文成仙吉との物語の色合いが濃かったのですが、そのうち敵役の「美空」に焦点が当たり始め、「毒島獣太」という新たなサイコダイバーが登場し、「猿翁」や「黒御所」といった敵役まで登場します。

最終的には高野山から盗み出された空海の即身仏も絡む、壮大な伝奇小説として人気を博したシリーズです。

この本にはそれまで「キマイラシリーズ」や「闇狩り師シリーズ」、「獅子の門シリーズ」等々で使われたアイデアの全てが入っているのではないでしょうか。人の精神の中に潜る、という発想が面白く、また、舞台設定も格闘小説やSFと言っても良い独特の世界で一気に引き込まれました。

 

 

理屈抜きで、単純に物語世界に浸れば、時間はすぐに経ってしまう、そんな作品です。

ただ、エロ、グロ、暴力描写等々が続きますので、そうした描写が苦手な人は避けた方が良いかと思われます。

 

ちなみに、本シリーズは祥伝社文庫のKindle版の魔獣狩り(全十二巻)合冊版と、祥伝社文庫での新・魔獣狩り全十三巻のセット版ともでています。

 

 

サイコダイバー・シリーズシリーズ(完結)

  1. 魔獣狩り 淫楽(いんらく)編
  2. 魔獣狩り 暗黒編
  3. 魔獣狩り 鬼哭(きこく)編
  4. 魔獣狩り外伝 聖母隠陀羅編
  5. 魔性菩薩〈上〉
  6. 魔性菩薩〈下〉
  7. 美空曼陀羅/魔獣狩り外伝
  8. 魍魎の女王〈上〉/新・魔獣狩り序曲
  9. 魍魎の女王〈下〉/新・魔獣狩り序曲
  10. 黄金獣〈上〉/淫花外法編
  11. 黄金獣〈下〉/秘宝争奪編
  12. 呪禁道士/憑霊狩り
  1. 新・魔獣狩り1 鬼道編
  2. 新・魔獣狩り2 孔雀編
  3. 新・魔獣狩り3 土蜘蛛編
  4. 新・魔獣狩り4 狂王編
  5. 新・魔獣狩り5 鬼神編
  6. 新・魔獣狩り6 魔道編
  7. 新・魔獣狩り7 鬼門編
  8. 新・魔獣狩り8 憂艮(うしとら)編
  9. 新・魔獣狩り9 狂龍編
  10. 新・魔獣狩り10 空海編
  11. 新・魔獣狩り11 地龍編
  12. 新・魔獣狩り12 完結編 倭王の城 上
  13. 新・魔獣狩り13 完結編 倭王の城 下