荻原 浩

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 四度目の氷河期 (新潮文庫) [ 荻原浩 ] へ。


小学五年生の夏休みは、秘密の夏だった。あの日、ぼくは母さんの書斎で(彼女は遺伝子研究者だ)、「死んだ」父親に関する重大なデータを発見した。彼は身長173cm、推定体重65kg、脳容量は約1400cc。そして何より、約1万年前の第四氷河期の過酷な時代を生き抜いていた―じゃあ、なぜぼくが今生きているのかって?これは、その謎が解けるまでの、17年と11ヶ月の、ぼくの物語だ。(「BOOK」データベースより)

 

ワタル少年の青春を描いた長編の青春小説です。

 

母子家庭で育っているワタル少年の、一人遊びの中での少女との出会い、周りから無視される小学生時代、性への目覚めがあり、中学校に上がってからやり投げと出会い、そして旅立ちと、正確には四歳から十八歳までの成長の記録です。

ただ、全編がクロマニヨン人というキーワードによって彩られています。ありふれた少年の記録が、このキーワードによって独特の、そして上質の青春小説として成立しています。

 

北上次郎氏が文庫版のあとがきで、荻原浩という作家について、「普通に書けば陳腐すれすれの話や見慣れたはずの風景を一変させることが出来る」作家だと書いておられます。かならず「ひねり」をきかせる作家だそうで、本書で言えばクロマニヨン人であり、やり投げなのだそうです。

幼いころから自分の父親捜しをしていた小年が、自分の父をクロマニヨン人だと思いこむ理由につては本編を読んで頂くとして、裏山を駆け巡る少年の衝動の根底には大自然の中で生き抜いて行くクロマニヨン人の姿があり、長じて陸上競技、それもやり投げを選択するのも幼い頃に裏山でクロマニヨン人を想定して投げた槍の延長線上に位置づけられるのです。

 

思春期の少年の性に対する畏怖などの細かな心理描写も含め、母親への思いなどのワタルの心の記録は、普通とは少々異なった環境にいる少年の日常を日常として描いた上質な青春小説であるとともに、家族愛を描いた物語とも言えるのではないでしょうか。

[投稿日]2015年04月08日  [最終更新日]2019年1月25日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です