紹介作品

著作

  1. 罪の声
イラスト1
Pocket

塩田 武士 雑感

1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業後、神戸新聞社に入社。2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、小説家としてデビュー。同作は第23回将棋ペンクラブ大賞文芸部門大賞も受賞した。2012年神戸新聞社を退社。その他の著作に『女神のタクト』『ともにがんばりましょう』『崩壊』『盤上に散る』『雪の香り』がある。( 塩田武士 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2017年09月08日  [最終更新日] 2017年9月8日
Pocket

本

関連リンク

『罪の声』で話題の塩田武士さんが綴る、異国の本屋さんの思い出
昭和最大の未解決事件・グリコ森永事件をモチーフにした小説『罪の声』が話題沸騰中の塩田武士さん。今回は「本屋さんの思い出」をお題にエッセイをお寄せいただきました。
作家の読書道 第182回:塩田武士さん - WEB本の雑誌
グリコ・森永事件に材をとった『罪の声』で話題をさらった塩田武士さん。神戸新聞の記者から作家に転身した経歴の持ち主と思ったら、実は学生時代からすでに作家を志望していたのだそう。
塩田武士「ともにがんばりましょう」特設サイト|講談社文庫
労働組合に関わったことのある人、誰もが「経験者でなくては書けない」と言う『ともにがんばりましょう』。実際にはどうだったのか。著者の塩田氏に作品の背景について、そして話題作『罪の声』について語っていただこう。
大泉洋の「主演小説」 塩田武士があてがきした新作小説『騙し絵の牙』
グリコ・森永事件をモチーフにした『罪の声』で『第7回山田風太郎賞』や『週刊文春』ミステリーベスト10国内部門第1位を獲得した塩田武士。新刊『騙し絵の牙』は、塩田武士が主人公を大泉洋に「あてがき」して執筆した作品となる。
【新・仕事の周辺】塩田武士(作家) 「待ち会」 - 産経ニュース
昨年10月21日、私は貸し切りとなった都内のバーで、十数人の大人に囲まれていた。拙作『罪の声』が「第7回山田風太郎賞」の最終候補に残り、各出版社の担当編集者や新聞記者とともに、選考会の結果を待っていた。いわゆる「待ち会」というやつだ。