マルドゥック・スクランブル

なぜ、私なの?―賭博師シェルの奸計により、少女娼婦バロットの叫びは爆炎のなかに消えた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にしてネズミ型万能兵器のウフコックだった。高度な電子干渉能力を得て蘇生したバロットはシェルの犯罪を追うが、その眼前に敵方の担当官ボイルドが立ち塞がる。それは、かつてウフコックを濫用し、殺戮のかぎりを尽くした男だった…弾丸のごとき激情が炸裂するシリーズ全3巻発動。(「BOOK」データベースより)

 

第24回日本SF大賞を受賞した、サイバーパンクの匂いが強いSF長編小説です。私は2010年9月に出版された640頁の改訂新版と銘打たれた上記書籍イメージの合本版を読んだのですが、これとは別に同じ年の10月に完全版として文庫本で全三巻、全部で1000頁弱のものも出版されています。

 

 

本書は一口で言えば難解な物語でした。もともとこの作者の「言葉」に対する感覚は。この作者の作品の一つである『光圀伝』を見てもわかるのですが通常人とは少々異なるものを持つ人だとの印象があります。冲方丁という人の場合、単に頭が良いという以上の、詩人が独特の感性で言葉を駆使するような感性を持つのではないかと思うのです。

そした感性を持ちながらも、緻密な論理を駆使する文章も書かれます。それは、この作者の『十二人の死にたい子どもたち』を読んでも分かるように、私にはついていけないロジックの展開です。

 

 

本書の中盤、カジノを舞台とした場面がありますが、そこで主人公ルーン=バロットらはルーレットやブラックジャックといったゲームを勝ち抜くために、一種のコンピューターであるウフコックを利用しています。そこでの描写は、ゲームを論理で支配し、論理的に心理戦を勝ち抜いていきます。本書の三分の一以上を占めるこのカジノの場面は圧巻です。

 

論理を駆使した面白い物語を書く作家としては、『インシテミル』や『折れた竜骨』といった物語としての面白さを有しながらも複雑な論理を構築し、正統派の推理小説を書いている 米澤穂信 という人もいます。この人も、論理を駆使する本格派の推理小説でありながらも、物語としても面白いものを書かれる作家さんです。

 

 

また本書『マルドゥック・スクランブル』では、電脳空間のイメージを強調するためでしょうが、片仮名のルビが特異で、「電子攪拌」「操作」共にスナークと振ってあり、「空中」はエアー、「階級」もクラスなどと随所で振ってあります。論理の積み重ねによる物語の構築の上に、そうした仕掛けでも独特な雰囲気を作り出すことに成功しています。

本書の見どころとしては、先ほどのカジノの場面に加え、終盤で展開される、ウフコックらとシェルに雇われている委任事件担当捜査官であるディムズデイル・ボイルドとの闘いはまた、カジノの場面から一転して、アクション小説としても読み応えのある展開となっています。

 

こうした論理的世界、アクション満載の場面を抱える本書ですが、その前提としてこの物語の世界観の設定がユニークです。

そもそもバロットは、本書の舞台であるマルドゥック市が定める人命保護のための緊急法令の一つである「マルドゥック・スクランブル-09」という法令によって科学技術の粋を集めて蘇生されたものです。

それは、強大な権限を有する法務局が、委任事件担当捜査官であるドクターたちにバロットの事件に関するすべての権限を委任することから始まっています。委任事件担当捜査官とは、法的代理人であって、すべての権限を持つのですから、言ってみれば用心棒としての枠割も兼ね備えているようです。

その点では、シェルの代理人であるボイルドも同じ立場であると言えます。つまり彼等は傍若無人な行いをしているかのように見えて、実は法令の範囲内で行動しているという建前になっているのです。

 

そうした前提のもと、少女娼婦ルーン=バロットは、ギャンブラーのシェル・セプティノスにより車もろともに殺されそうになっていたところを、ネズミ型万能兵器のウフコックとドクター・イースターという男に助けられます。

その、ドクター・イースターの力により金属繊維の人工皮膚を得て蘇生したバロットが、ウフコックやドクターの力を借りて、自分の存在を確かめるためにもシェルを追いつめる、その様子、過程を描いているのです。

 

先にも書いたように、本書の登場人物の台詞なども含め、文章は実に難解です。

また、本書の筋を一言で言えば上述のようになりますが、本書は七百頁弱にもなる分量の物語であり、そう単純ではありません。その上、文章は改行が少なく、文章の量からすると頁数多さ以上のものがあると思われます。

しかしそうした物語の長さ、言葉の難解さという壁にも関わらず、物語は非常に面白く、作者の設けた世界観に引きこまれてしまいました。

 

なお、本書には講談社から全七巻のコミックスも出ていますし、劇場版のアニメもDVD化されています。

光圀伝

「なぜあの男を自らの手で殺めることになったのか」老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎でその経緯と己の生涯を綴り始める。父・頼房の過酷な“試練”と対峙し、優れた兄・頼重を差し置いて世継ぎに選ばれたことに悩む幼少期。血気盛んな“傾奇者”として暴れる中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて文事の魅力に取り憑かれた光圀は、学を競う朋友を得て、詩の天下を目指す―。誰も見たことのない“水戸黄門”伝、開幕。(文庫版 上巻「BOOK」データベースより)
「我が大義、必ずや成就せん」老齢の光圀が書き綴る人生は、“あの男”を殺めた日へと近づく。義をともに歩める伴侶・奏姫と結ばれ、心穏やかな幸せを掴む光圀。盟友や心の拠り所との死別を経て、やがて水戸藩主となった若き“虎”は、大日本史編纂という空前絶後の大事業に乗り出す。光圀のもとには同志が集い、その栄誉は絶頂を迎えるが―。“人の生”を真っ向から描き切った、至高の大河エンタテインメント! (文庫版 下巻「BOOK」データベースより)

まず、本書は通常のエンターテインメント小説とは異なり、軽く読み飛ばせる小説ではありません。文章(単語)が非常に難しく、一読しただけではその意味が汲み取れない個所が随所にあります。その上、文庫版で上下二巻併せて千頁を超える大作なのです。

ところが、文章が理解しにくい大部の物語でありながら、読みにくくはありません。それどころか読み始めたらなかなか本を置くことが難しいほどに引き込まれました。文章の意味が取りにくいところは勿論再読、三読をし、ときには無視をしたのですが、それでもなお物語の面白さは損なわれないのです。

意味の汲み取りにくい文章も、漢詩などに造詣の深い光圀という人物を描いた作品としての本書の性質を物語るものであり、物語の背景を構築するに役立っているのでしょう。

本書で描かれている水戸光圀は、テレビドラマでよくある黄門様ではありません。大日本史を編纂し、名君と謳われた光圀像です。「義」に重きを置き、兄がありながら自分が世継ぎとなったことについて、常に「なんで、おれなんだ」という問いかけを持ち続けている光圀なのです。

歴史小説である本書も、他の多くの物語がそうであるように、虚実ないまぜにした物語になっています。冒頭での藤井紋太夫が殺されることも史実であるようで、講談などでは光圀失脚を図る柳沢吉保に内通したために殺されたなどとされているそうです( ウィキペディア : 参照 )。

ですから、物語に描かれる出来事も殆どは歴史上の事実であるのでしょうし、そこに光圀がかかわっていく部分こそが読み応えのあるところで、作者の腕の見せ所なのでしょう。



また、脇を固める登場人物たちも魅力的です。父徳川頼房や兄頼重、妻となる泰姫については勿論、特に妻の侍女の左近、親友となる林読耕斎らは彼らを主人公に一編の小説が出来そうな感じさえします。

その上、宮本武蔵や山鹿素行といった歴史上の著名人たちも配置してあり、彼らの存在の大きさが光圀に影響を与えていて、エンターテインメント小説としての魅力も増しているのです。そして、『天地明察』の安井算哲も少しだけですが登場しています。

水戸黄門に関しては山岡荘八(山岡荘八歴史文庫)や村上元三(人物文庫全三巻)などの大御所も書かれているようですが、私は読んでいないので何とも紹介のしようもありません。また、『機龍警察』の 月村了衛も『水戸黄門 天下の副編集長』という作品を発表されています。

この本は、どうも『大日本史』の編集の遅れに業を煮やした光圀が、自ら原稿を取り立てようと覚さん介さんをお供に旅立つ物語のようです。惹句には「爆笑必至、痛快時代エンターテインメント開幕! 」とありました。月村了衛という作家が光圀をどのように料理されているのか、私としてはこちらの方が気にかかります。是非読んでみましょう。

十二人の死にたい子どもたち

廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は一体何者なのか、誰かが彼を殺したのではないか。このまま計画を実行してもいいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、十二人の子どもたちは多数決を取ろうとする。俊英・冲方丁がデビュー20年目にしてはじめて書く、現代長編ミステリー!性格も価値観も環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。彼らが出す結論は―。(「BOOK」データベースより)

冲方丁初の本格派の長編推理小説で、第156回直木賞の候補作になっている作品です。

安楽死をするために集まった十人の少年少女たちでしたが、予定の場所には誰も知らない死体がありました。そこで、集まった十二人は何故このような事態に陥ったのか話し合うことにしたのです。

このような話の筋道を聞くと、ちょっとした映画好きであれば誰しもがシドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』という作品を思い出すことでしょう。

密室劇であるこの映画はヘンリー・フォンダやリー・J・コッブという名優が出演しており、ある殺人罪の裁判での陪審員評決の様子を描いた作品です。一人の陪審員の主張する疑問に、次第に他の陪審員が意見を翻していく様子を描くものでした。

この映画はテレビ版でのリメイクなどを繰り返され、日本でも三谷幸喜による『12人の優しい日本人』などとして舞台化や映画化されたりと影響を受けた作品が多数出ています。

本書はこの『十二人の怒れる男』をモチーフに、一人の少年の異議により、次第に意見を変えていく少年少女たちの様子を描いた推理小説です。

最初に異議を唱えた少年は、誰も知らない死体があるという異常な状況のもとでは安楽死できないと主張し、この状況を解明しようとするのですが、結局は少年少女らは互いに探偵役となり、それぞれの行動を追いかけようとします。

その際の議論が、私の苦手とする緻密な論理の積み重ねであり、まさに本格派のミステリーというべき展開です。この緻密な論理の積み重ねの物語であることが、私が今ひとつこの物語の世界に入り込めない理由の一つでした。

更に、その延長線上にあるとも言えるでしょうが、本書が安楽死願望で集まった子供たちの安楽死のための議論であるということです。つまりは、『十二人の怒れる男』での陪審員の評決のような必然的な議論とは異なり、自分が死ぬために他人を説得する必然性を感じることができなかったのです。

勿論本書の中ではそれなりの理由付けはありますし、そもそも本格派ミステリーで謎ときのための舞台設定という前提条件にケチをつけること自体がおかしいのかもしれません。

物語としては第156回直木賞候補作となっている作品だけのことはあり、それだけの評価を受ける作品としての面白さは十分にあると思います。ただ、個人的好みから若干ずれているというだけのことであり、冲方丁という作者の多才さを思い知らされる作品ということもできます。

本書のような設定の物語として、 米澤穂信の『インシテミル』という作品があります。この物語は、十二人の男女が時給十一万二千円というアルバイト広告に魅かれ、地下に設けられた「暗鬼館」というゲーム用の専用部屋に集まり、一週間の間ただ何もしないでいるという話です。

しかし、自分以外の者を殺害した者は報酬が二倍などのルールがあるために、この一週間は恐怖しかない次巻となるのです。事実、三日目には参加者の一人が死体となって発見されるのでした。

ついでと言っては語弊がありますが、同様にゲーム性の強い作品として挙げられるのが 貴志祐介の『クリムゾンの迷宮』という作品です。

時間も場所も何も分からない突然放り込まれたままに、目の前にある「携帯ゲーム機」と、そこに表示された文字だけを頼りに、何か行動を起こさなければなりません。次第に明かされていく状況の中、生き延びるずべを探すのです。

ところが、私は何故かこの『クリムゾンの迷宮』はけっこう面白いと思って読んでいます。この物語の設定の異常性が振り切れていて、読み手の日常とかけ離れ過ぎていて、物語の世界に入りやすかったからかもしれません。

 

ちなみに、本書『十二人の死にたい子どもたち』が映画化されます。

当サイト内の

『十二人の死にたい子どもたち』が映画化されます。

を参照してください。

天地明察

徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く―。日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。第7回本屋大賞受賞作。(上巻)
「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった。改暦の「総大将」に任じられた春海だが、ここから想像を絶する苦闘の道が始まることになる―。碁打ちにして暦法家・渋川春海の20年に亘る奮闘・挫折・喜び、そして恋。(下巻 「BOOK」データベースより)

食わず嫌いで読んでいなかった作品が、予想外に面白く、且つ感動ものの作品でした。登場人物のそれぞれが実に個性的であり、またその個々人に関心を覚え、魅了されました。それほどに、この作品自体、そして作者の表現力に感嘆したと言っていいと思います。私の好みに正面から合致した作品でした。

時代背景は、戦国の世も終り、世は安定期に入りつつあったころの話です。江戸幕府碁方の安井家に生まれた春海は、1652年に父の後を継いで安井算哲となり、1659年に21歳で御城碁に初出仕することになります。そして、この年から日本各地の緯度経度を計測し、当時の暦法であった授時暦の改暦を試みますが、彼の日食予報が失敗したことから、申請は却下されるのです。

ここらの史実をもとに小説化したのが本書です。作者は本書を書くために暦、神道、囲碁などを相当勉強したそうです。その結果、本書が出来上がっているのですが、その努力は見事報われたと言っていいのでしょう。

本書冒頭で、算学に没頭する春海の姿が描かれていますが、そこで「無術(解答がない問題)」の問題が出てきます。作者自身がその問題を考え、出題していると言いますから、数学嫌いの身としては関心するしかありません。もしかしたら数学が好きな人にとっては大したことではないのかもしれませんが、数学が苦手な人間にとっては天才としか思えません。

そうした数学的な素養も持っていると思われる作者ですが、海外暮らし時代に、自分の宗教について問われたことがあったそうで、帰国してから見た「クリスマス、ハロウィン。お正月は神道」のようなカレンダーに書きこまれているさまざまな宗教的行事を見て、「『日の巡り合わせ』こそ、日本人の信仰の大本にあるものなんじゃないか」との考えにいたったそうです。それから「暦」に関心を持ったと言いますから、そもそもの視点が我ら凡人とは異なります。

物語は、春海が挫折しながらも更に学び、自分の失敗の原因を探り当てる様子が描かれています。それは「ぜひ、渋川春海の生き方から勇気をもらってほしい」という著者の言葉がはっきりと示されているということなのでしょう。( 以上、楽天ブックス|著者インタビュー : 参照 )

本書に関しては、「改暦」という柱となる物語の他に、水戸光圀と保科正之の物語も少しですが語られています。この部分が面白い。水戸光圀に関しては後に『光圀伝』という大作を発表されています。それほどに関心を持った人物ということなのでしょう。

個人的には水戸光圀もさることながら、保科正之という人物に興味を持ちました。それはこの作者の描き方がうまいということももちろんあるのでしょうが、会津藩初代藩主であり、「会津家訓十五箇条」を定めた人として知っていたことが大きいと思われます。『光圀伝』は勿論近いうちに読むつもりですが、『保科正之伝』も書いて欲しいものです。ただ、 中村彰彦が『名君の碑―保科正之の生涯』ほか何冊かの関連書を買いているようです。

蛇足ですが、調べていくと、本書に限った問題ではないのですが、「ここが違うよ『天地明察』」の記事のようなこともあるようです。参考文献と作者の意図との齟齬と言っていいのでしょうか。単なる読者としてはこうしたところまでは全く思いもいたらないのですが、小説家としてもどうしようもないような気もします。面白い物語を書く、その宿命のもと、虚構と事実との境界をあいまいにすることこそ物語の要でもあるでしょうから。