悪果

大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は、淇道会が賭場を開くという情報を拇み、開帳日当日、相棒の伊達らとともに現場に突入し、27名を現行犯逮捕した。取調べから明らかになった金の流れをネタに、業界誌編集長・坂辺を使って捕まった客を強請り始める。だが直後に坂辺が車にはねられ死亡。堀内の周辺には見知らぬヤクザがうろつき始める…。黒川博行のハードボイルドが結実した、警察小説の最高傑作。(「BOOK」データベースより)

 

悪徳刑事を主人公にした、黒川ワールド炸裂の長編の警察小説です。

 

大阪府警今里署の暴力団犯罪対策係に所属する巡査部長の堀内信也は、管轄内の暴力団である淇道会が賭場を開くという情報を掴み、他の部署からも応援を得て、相棒の伊達と共に開帳の現場へと乗り込む。

そこで捕まえた客らの情報を業界誌編集長の坂辺に流し、強請りの分け前にあずかっていた堀内だったが、次第に身辺にきな臭いものを感じるのだった。

 

本書の前半は、内偵で得た賭博開帳の情報の処理について、逮捕に至るまでの警察の行動の手引き、とでも言うべき流れになっていて、この段階では本書の特色は未だ見えていません。ここでは『疫病神』シリーズのような軽妙な大阪弁による掛け合いもあります。

後半になると、まるで異なる物語であるかのように物語が展開します。

主人公の刑事二人は冒頭から自らの収入源の確保に精を出していて、変わりはないのですが、ストーリーは、堀内の恐喝の相棒である業界誌編集者の坂辺がひき逃げにあうあたりから一気にサスペンス色が濃くなります。堀内と相棒の伊達のコンビが坂辺の死の謎を追うなかで、堀内が襲われ警察手帳を奪われるなど展開が激しくなってきます。

そして前半の賭博の場面が重要な意味を持ってきて、 逢坂剛の『禿鷹の夜』を思わせるワルの活躍する物語へと変身するのです。このことは主人公のコンビだけではなく、登場する警察官皆が同じです。「正義」という言葉は机の上に飾られているだけです。

 

 

本書も『疫病神』シリーズと同様に緻密で丁寧な描写が為されていて、人物の行動の意味が明確です。読者はただ作者の意図に乗って読み進めていくだけとも言えます。この詳細さは警察の裏金や情報収集に不可欠の情報料など、警察の必要悪とされる側面についても同様で、これらの負の側面についての描写が全くの虚構だとも言いきれないのが哀しいところでもあります。こうした警察の負の側面を描いた小説として、北海道警察の問題をついた 東 直己の『南支署シリーズ』や 佐々木 譲の『笑う警官』などを思い出します。共にとても面白い作品でした。

 

 

緻密な構成と、大阪弁で繰り広げられる軽妙な掛け合いが魅力の黒川ワールドは、腰を据えて読む必要はあるかもしれませんが、一読の価値ありです。

破門

「わしのケジメは金や。あの爺には金で始末をつけさせる」映画製作への出資金を持ち逃げされた、ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は邪魔なゴロツキを病院送りにするが、なんと相手は本家筋の構成員だった。禁忌を犯した桑原は、組同士の込みあいとなった修羅場で、生き残りを賭けた大勝負に出るが―。直木賞受賞作にして、エンターテインメント小説の最高峰「疫病神」シリーズ!(「BOOK」データベースより)

 

『疫病神』シリーズの5作目の長編小説で、本作で第151回直木賞を受賞されました。

 

疫病神コンビのひとり桑原や、兄貴分である二蝶会若頭の嶋田は、映画プロデューサーの小清水の話に乗り、映画制作のために出資をするが、小清水は金を握ったまま行方をくらませてしまった。

嶋田は二宮の名義でも出資してあるという。桑原と二宮は小清水を追って飛び回るが、その先で同じ神戸川坂会ではあるものの、二蝶会とは格上の亥誠組系列滝沢組の連中と衝突してしまう。

 

本作では共に金回りがよくないヤクザの世界、そして疫病神コンビが前提となっています。それは、平成23年春から施行された大阪府の暴力団排除条例によって収入手段が厳しくなったヤクザ、そして建築現場でのヤクザ対策として、ヤクザを使う「サバキ」を業務とする「暴力団密接関係者」の二宮という、暴力団に対する現実を背景とする物語です。

 

この二人の掛け合いが本シリーズの大きな魅力であることは異論のないところです。その二人が、互いにけなし合いながら、いざ相手の生命の危機の場面では、自分の身を賭して助けに駆け付けるのですから、読者もつい感情移入してしまうのです。

 

黒川博行氏は、芥川賞受賞に際してのインタビューの中で、「スーパーヒーローではない、地に足のついた二人が主人公」だという意味のことを語っておられます。

確かに、この二人は特別な能力も何も持たないという意味では普通人です。しかし、喧嘩も弱い二宮は別としても、武闘派のヤクザである桑原が「地に足のついた」普通人であるかは疑問のあるところです。

しかし、著者の言いたいことはそういうことではなく、身近に存在してもおかしくない人ということでしょう。そういう意味ではまさに普通人と言えそうです。

 

黒川博行という作家のもう一つの魅力は、丁寧にに書きこまれたその文章ゆえのリアリティでしょう。加えて、綿密に組み立てられた物語が一段とその魅力を増しています。

更には、ヤクザものの物語としての魅力も兼ねそなえています。特に本書においては、若頭の嶋田が掛け合いの前面に出る場面がありますが、腹芸で相手の幹部クラスと渡り合う場面は読み応えがあります。ここらは、昔読んだ『人生劇場 残侠篇(上・下)』などのような作品とはまた異なる面白さがあります。

 

 

リアリティ豊かなこのシリーズは、エンターテインメントとして一級の面白さを持ったシリーズです。ただ、さすがの桑原も騙され続ける本書は、意外な結末を迎えます。続編で早くその後の桑原の消息を知りたいところです。

螻蛄

建設コンサルタント・二宮の菩提寺で起きたトラブルに、ヤクザの桑原が喰いついた。鎌倉時代から続く伝統宗教の宝物「懐海聖人絵伝」。その絵柄を染め抜いたスカーフを作るために住職が振り出した約束手形を使い、ふたりは本山に返却されていない三巻一組の絵巻物を狙う。極道、美人画商、悪徳刑事が入り乱れ、渾沌とする争奪戦の行方は―。ミステリ史上最凶コンビ再び!直木賞受賞作『破門』へ続く、「疫病神」シリーズ!(「BOOK」データベースより)

 

ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮とが活躍する「疫病神」シリーズの第四作目となる長編小説です。

 

就教寺住職の木場は、伝法宗本山から借りた宗派宝物の絵巻物『懐海聖人絵伝』三巻をもとにひと儲けを企むが果たせず、桑原の手元に二千万円の手形がまわって来た。

金になると目星をつけた桑原は、就教寺の檀家である二宮を引きいれてひと儲けを企むが、東京のヤクザも絡んでくる騒動になるのだった。

 

今回桑原が目をつけたのは、宗教界です。シリーズの他の作品も長めなのですが、本書も文庫本で746頁という長編です。しかし、その長さをほとんど感じさせないほどに引き込まれてしまいました。

 

これまでの作品と同様に、作品の根底には綿密な取材が為されています。だからこそ細かなところにも目が届いていて、舞台設定に破たんが無く、物語に奥行きが出てリアリティーが増すのでしょう。

本巻以前の作品の舞台背景を見てみると、一作目『疫病神』は産業廃棄物処理事業にまつわる利権、二作目『国境』では北朝鮮を舞台にした追跡劇、三作目『暗礁』は「宅配業者と警察の癒着に絡む裏金」です。そして本書の宗教界ということになるのです。

相変わらず、桑原と二宮とのやり取りはコミカルです。しかしながら、背景設定が丁寧に描写されているので、二人の掛け合いも生き生きとしながらも物語にきれいに溶け込んでいき、違和感を感じることもないのだと思われます。

 

今回は、二蝶会の若頭の嶋田という桑原の兄貴分に焦点が当たる場面があります。この嶋田の、敵対するヤクザとの駆け引きの場面が迫力満点です。

本書は極道の桑原を主人公の一人にしている点ではピカレスク小説の一面もあるのでしょうし、この桑原の魅力、迫力が本書シリーズが人気のある一因でもあるのでしょう。しかし、嶋田のような男がもう少し活躍する場面も読んでみたいと思いました。

東映映画で健さんや文太に、また尾崎士郎が描いた『人生劇場 残侠篇(上・下)』の飛車角に魅せられたように、「侠(おとこ)」の物語を見たい、読みたいとも思います。

 

 

なお、上記『螻蛄』の文庫本画像及び「Amazon」の書店リンク文字は「角川書店」にリンクしていますが、本書は「新潮社」からも文庫本が出ています。下の画像をクリックしてください。

 

国境

直木賞受賞作『破門』をしのぐシリーズ最高傑作!
「疫病神コンビ」こと二宮と桑原は、詐欺師を追って北朝鮮に潜入する。だが彼の地は想像を絶する世界だった。新直木賞作家の代表作!
「疫病神」コンビこと、建設コンサルタントの二宮と二蝶会幹部の桑原は北朝鮮に飛んだ。二宮は重機の輸出で、桑原は組の若頭がカジノ建設の投資話でそれぞれ詐欺に遭い、企んだ男を追ってのことだった。平壌に降り立ったふたりだが、そこには想像以上に厳しい現実と監視が待っていた。シリーズ最高傑作の呼び声高い超大作!
衝撃だった。ここまで悲惨な状況だとは思ってもみなかった。それでもなお、この国は“地上の楽園”なのか。建設コンサルタント業の二宮と暴力団幹部・桑原の「疫病神コンビ」が、詐欺師を追って潜入した国・北朝鮮で目にしたものは、まるで想像を絶する世界だった―。読み出したら止まらないサスペンス超大作。「疫病神」シリーズ屈指の傑作。盟友の故・藤原伊織氏の解説を再録。( 上巻:「BOOK」データベースより)

二宮と桑原のふたりは、自分たちを嵌めた詐欺師を追って、中国との国境から再び北朝鮮に密入国を企てる。北朝鮮の凄まじい現実と極寒の中、詐欺師を追いこんだふたりだったが、脱出には更なる困難が待っていた―。「疫病神」コンビは、本当の黒幕にたどり着くことができるのか!?圧倒的スケールの傑作。( 下巻:「BOOK」データベースより)

 

疫病神シリーズの第二巻目の長編小説です。

第一巻での調子のよいコンビが再び北朝鮮を舞台に飛びまわります。

 

建設コンサルタント業の二宮は自分が仕事の仲介をした相手が詐欺師に引っ掛かった。また暴力団幹部の桑原は自分の兄貴分が、詐欺師の口車に乗せられてしまう。

二人はそのしりぬぐいのために、詐欺師を追いかけて北朝鮮まで行くことになった。例のよって、このコンビが騒動を巻き起こすのだった。

 

本書ではその半分以上(?)が北朝鮮の国内が舞台になっています。

北朝鮮、もしくは北朝鮮を思わせる国の人物が主要人物になっている小説は読んだことがあるのですが、北朝鮮国内そのものが舞台になっている小説を他には知りません。

著者が実際に北朝鮮に行ったことがあるかは不明ですが、描写は実に克明です。巻末をみると六十冊は軽く超えていると思われる資料が記載されています。もしかするとこの資料の読みこみだけで北朝鮮を描写されたのではないかとも思えます。

 

この北朝鮮を舞台に、金の亡者でもあるヤクザの桑原と二宮の二人が珍道中を繰り広げます。とは言っても、単なるコメディとは違い、シリアスでどこか侠気(おとこぎ)に満ちており、ストーリーに引き込まれてしまうのです。

私達がその内実を殆ど知らない北朝鮮という国では、観光客には必ず案内員がつき、その指導に従わなければならないそうです。とはいえ物を言うのはやはり「金」であるらしく、北朝鮮の警察組織にあたる社会安全員さえも金で動きます。

ちなみに以前は社会安全部と呼ばれていた「社会安全員」は、2000年4月に人民保安省、2010年に人民保安部と改称され、国防委員会の直属機関となり、現在(2015年)に至っているそうです。

 

そのような、自由で平和な国日本の常識が通用する筈も無い、少しの違反でも命取りになりかねない彼の国が舞台でありながら、桑原はあいも変わらずにマイペースであり、その桑原に振り回されているのがこれまた同様の二宮なのです。

著者である黒川博行氏の言葉によると、このシリーズは大ヒット映画『悪名』(今東光原作、1961年)にヒントを得ているそうです。勝新太郎と田宮二郎のヤクザと堅気のコンビが活躍するこの映画は、私が学生の頃にテレビで放映されているのを見た覚えがあります。いかにも勝新らしい痛快極まりない映画で、言われてみればこのコンビだと納得です。

 

 

また、黒川博行氏は「読みやすさ」を意識しているといわれます。

それは「キャラクター」のことであり、「あとは会話やアクションのテンポ」を重視していて、それは「ハリウッドのエンターテインメントが勉強になってい」るそうです。まさに黒川氏が言われる通りの、読者にとってテンポ良く読めて物語世界に違和感なく入っていける物語が出来上がっているのです。

なお、上記『国境』の文庫本画像及び「Amazon」の書店リンク文字は「文春文庫」にリンクしていますが、本書は「講談社文庫」からも文庫本が出ています。下の画像をクリックしてください。

 

疫病神

建設コンサルタント・二宮啓之の生業は、建設現場でのヤクザ絡みのトラブル処理。借金に苦しむ生活の中、産業廃棄物処理場をめぐる高額の依頼に飛びつくが、カネの匂いをかぎつけたヤクザの桑原保彦と共闘することに。建設会社、市議会議員、極道。巨額の利権に群がる悪党たちを相手に、ふたりは事件の真相に近づくが―。(「BOOK」データベースより)

 

じっくりと描きこまれた、コミカルで、それでいて実に読み応えのある長編小説でした。第19回吉川英治文学新人賞と、第117回直木三十五賞の夫々の候補作品になっています。

 

建設コンサルタントの二宮啓之は、富南市(とうなんし)の天瀬(あませ)の廃棄物の最終処分場の作成計画にからみ、地元の水利組合の組合長の弱みを探る仕事を引き受ける。

しかし、処理場の開発には様々な思惑が絡み、巨額の金が動く。そこで、二宮が仕事を依頼している二蝶会の桑原という男が金の匂いを嗅ぎつけ乗り出して来るのだった。

 

産業廃棄物処理場の開発に、ゼネコンから暴力団までの様々な思惑が絡み、金の亡者たちの騙し合いが繰り広げられます。その騙し合いに、金の匂いを嗅ぎつけた二蝶会の桑原が加わるのですから、間に立った二宮はたまりません。

桑原に振り回され、対立ヤクザに袋だたきにされ、果てには命の危険さえ降りかかってきます。

 

この桑原というキャラクタの行動原理は「金」です。一円にもならない仕事は歯牙にもかけません。一方の二宮は堅気とはいえ、博打で借金まみれのどうしようもない男です。しかし、根っこには芯を持っており、途方も無い無茶をしでかしたりします。

この二宮と桑原の大阪弁での会話は漫才です。それも息のあったベテラン漫才師のような掛け合いなのです。この軽妙な語りに乗せられて、ヤクザの絡みも暗いものにはならないのです。

そうしたコンビですが、二宮が、対立するやくざに拉致され監禁されても、桑原は勝ち目が無いと見るや一目散に逃げ出してしまいます。

それでいて、どこかギリギリのところで繋がっているようで、最終的には単なる計算づくではない間柄というものが感じ取ることが出来ます。だからこそ、読んでいて心地よく、感情移入出来るのでしょう

 

文庫本で5百頁を越える分量なのですが、リズムよく読み進めることが出来るのでその長さを感じません。また続編でこの二人の掛け合いを読みたいと思わせられる作品でした。