大藪 春彦

イラスト1
Pocket

文庫

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 野獣死すべし (光文社文庫) [ 大薮春彦 ] へ。


主人公の伊達邦彦は普段は優秀な学生であるが、本来の顔は射撃、各種スポーツに長けた孤高の狼であった。その彼が、鍛え上げた体や拳銃の腕を生かし、暴力団を相手に売上金を奪ったり、元気輸送車を襲ったりと犯罪を重ねていき、完全犯罪をたくらむ。

 

とにかく、主人公の行動が終始客観的に描かれていた様に記憶します。

 

この作品で作家デビューということなのですが、既に銃と車、それに暴力の描写は凄まじく、それまで食わず嫌いだった私が一気に引き込まれてしまいました。

小説としての完成度が高いのか低いのか、そうしたことは私にはわかりませんが、それまでの小説とは全く違うそのタッチに引き込まれたものです。

 

好みは別として、松田勇作主演の映画は結構ヒットしました。

 

 

私は未読ですが、この作のあと「復習編」「渡米編」と続き、シリーズ化されているようです。また、出版社も変動があり、光文社文庫から「伊達邦彦全集」が出版されており、上記のリンクは光文社版を取り上げました。

[投稿日]2015年04月07日  [最終更新日]2019年1月4日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です