紹介作品

イラスト1
Pocket

新野 剛士 雑感

1965年、東京生まれ。立教大学卒業後、旅行会社に就職。失踪、ホームレス生活を経て、第45回江戸川乱歩賞を『八月のマルクス』(講談社)で受賞し、1999年に作家デビュー。他の著書に『FLY』『あぽやん』『恋する空港 あぽやん2』(いずれも文藝春秋)『愛ならどうだ!』(双葉社)などがある。( 新野剛志 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

 

新しいハードボイルド小説を読みたくて探していた際に出逢った『八月のマルクス』しか読んでいないので、まだここで紹介する材料を持っていません。

ただ、『八月のマルクス』の執筆時はホームレス状態だったなど、なかなかにユニークな人ではあるようです。

 

 

[投稿日] 2019年07月31日  [最終更新日] 2019年7月31日
Pocket

関連リンク

嗜好と文化:第55回 新野剛志さん「イヤなら逃げろ」 - 毎日新聞
作家デビュー以来16年、着実に著作を増やして、単行本も近く20冊になりますが、3年半のホームレス時代の生活習慣が今に残っていることはありますか。プラスもマイナスも含めて。
編集者コラム 『溺れる月』新野剛志 | 小説丸
健康やダイエットのためにランニングをしているという方は多いのではないでしょうか。本作の主人公もそんな普通の市民ランナーでした。しかし、彼の運命は、走れば走るほどにおかしな方向へと進んでいってしまいます。
著者に訊け】新野剛志氏 半グレ集団を描く『キングダム』
酒はあまり飲まず、金や女にも執着はなかった。それこそ〈犯罪者として、欲望が欠落しているのは、致命的だった〉と自嘲する男として、新野剛志氏は『キングダム』の主人公で元〈武蔵野連合〉リーダー、〈真嶋貴士〉を造形する。
第139回候補・新野剛志 9年0ヵ月前に第45回江戸川乱歩賞受賞
伊坂ショックが駆け巡るなか、こんなに地味に淡々と候補者・候補作のことを紹介してる場合なのかいな、と思いつつ、今日は新野剛志さんの番です。
新野剛志さんインタビュー - ブックファースト
編集者と、過去に勤めていた空港の話をしたことがありまして。僕としては当たり前の話ばかりだったのですが、編集者に「へー!そんなことが!」って驚かれまして「それじゃ、小説にしてみましょうか」となりました。