彩瀬 まる

イラスト1
Pocket

新刊書

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 新しい星 [ 彩瀬 まる ] へ。


新しい星』とは

 

本書『新しい星』は、2021年11月に刊行された新刊書で229頁の連作の短編小説集で、高校生直木賞受賞作であり、第166回直木賞の候補作となった作品です。

もう、一遍の長編小説と言うべきではないかと思うほどに各短編のつながりが強い作品集で、章ごとに四人の仲間それぞれの視点を借りて綴られる感動の長編小説でした。

 

新しい星』の簡単なあらすじ

 

幸せな恋愛、結婚だった。これからも幸せな出産、子育てが続く…はずだった。順風満帆に「普通」の幸福を謳歌していた森崎青子に訪れた思いがけない転機ー娘の死から、彼女の人生は暗転した。離婚、職場での理不尽、「普通」からはみ出した者への周囲の無理解。「再生」を期し、もがけばもがくほど、亡くした者への愛は溢れ、「普通」は遠ざかり…。(表題作「新しい星」)美しく、静謐に佇む8つの物語。気鋭が放つ、新たな代表作。(「BOOK」データベースより)

 

 

新しい星』の感想

 

本書『新しい星』は、学生時代の合気道部の仲間の男女四人組の生きる姿を描いた連作短編集です。

冒頭にも書いたように、連作とはいえもはや短編集ではなく一編の長編というべき作品だと思います。

 

登場人物は、表題作の「新しい星」に登場する森崎青子、引きこもりの安堂玄也、乳がんで左の乳房を摘出した大原茅乃、コロナ禍で家族と別居生活を強いられている花田卓馬の四人です。

生まれてすぐの娘なぎさを亡くし夫とも離婚をしてしまった青子は、哀しい日々を送りながらも何とか乗り越えようとするのですが、その姿勢を理解できない母親との生活にも疲れています。

そんな青子のもとに親友の茅乃から会いたいと連絡が入り、乳癌になり来週手術になったと聞かされるのでした(第一話「新しい星」)。

 

冒頭から重く、哀しみに満ちた物語だという印象が強く、これで一冊読み切るのは無理かもと思っていました。

そして第二話も、会社でいじめに遭いこの一年半ほどの間、勤めは勿論家から外に出ることもできないでいた玄也の話であり、最初は第一話と同じく重く暗い話だったのです。

しかし、卓馬と共に道場へ行った玄也は、それぞれの現況について「みんな、大人になると色々あるよね」という茅乃の言葉に込められた、誰しもがそれぞれの人生で他人に説明できないことを抱えて生きていることを知ります。

そして卓馬もしんどいことは「四人で耐えた方がいいって思った」という言葉に救いを見出します。

こうして本書は単に重く暗い物語ではないことが明らかになり、つらいことを乗り越えようとする「再生」の物語であることが示されるのです。

 

そして、上記のように言ってくれる仲間がいるということはじつに幸せなことです。

人は生きていく上で必ず何かしらの障害にぶつかり、それぞれの悩みを抱えつつ生きているものでしょう。

そんなときの仲間の存在のは何ものにも代えがたいものであることは、多くの人が首肯する思います。

 

また、傍から見る限りは何の悩みもなさそうで、何の屈託も無さそうに思えた人が深刻な悩みを抱えていたりすることは普通のことでしょう。

本書『新しい星』でも卓馬は青子や茅乃、玄也が抱える苦悩を心配する明るい青年として登場しますが、そうした卓馬自身がなかなか人には言いにくい事情を抱えていたりするのです。

そんな苦悩を抱えた人生を、それでも生きていこうとする人々の美しさ、そして強さを描き出したこの作品は、未来に明るさをもたらしてくれるようです。

そして、すべてを語り合うことのできる仲間の存在のありがたさが心の奥底に染み入ります。

 

全部で八話で、四人の仲間それぞれの視点で語られるこの物語は、作者によれば第158回直木賞の候補作となった『くちなし』の中の一編の話を膨らませたものだそうです。

作者の彩瀬まる氏によれば、本書『新しい星』は、「『くちなし』に収録する最後の一篇を奇想なしで書いてみようと思った」ところから始まったそうです( 文藝春秋Books : 参照 )。

ここでいう「最後の一篇」とは、「山の同窓会」というタイトルの話で、そこから「奇想なしで」書いたのが同じ『くちなし』の中の「茄子とゴーヤ」という作品であり、そこから、本書へと繋がってきたとありました。

そこらの関係性は鈍い私にはよく分からないのですが、一人の女性の自由な生き方を追求した結果なのか、と思っていいのでしょうか。

 

 

ともあれ、『くちなし』で感じた不気味な印象は本書『新しい星』では全くありません。

それどころか、人が普通に生きるということの意味を考え抜くと、つまりは一人では難しいということなのかと思ってしまいます。

そのことの当否は別としても本書の物語としての完成度は高く、さすがに直木賞の候補作となるだけの文章の美しさと、感動とをもたらしてくれる作品でした。

[投稿日]2022年02月12日  [最終更新日]2022年2月12日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。