寂しい写楽

寛政の改革令に反旗を翻した浮世絵板元の蔦屋重三郎は歌舞伎役者の大首絵刊行を試みる。喜多川歌麿の離反にあい、絵師探しが難航するなか、突然現れたのが正体不明の東洲齋写楽という男だった。助っ人に駆り出されたのは不遇の日々を送っていた山東京伝、葛飾北斎、十返舎一九の三人。謎の絵師を大々的に売り出そうとする重三郎のもと、計画は進んでいく…。写楽とはいったい何者なのか。そして大首絵は刊行できるのか。宇江佐真理が史実を元に描いた傑作長編。(小学館文庫)(「BOOK」データベースより)

これまでの人情時代小説の第一人者としての宇江佐真理の小説とは少々趣が異なる小説です。優しいながらも読み手の心に密やかに染み込んでくる語り手であったはずの宇江佐真理ではなく、より客観的に写楽という実像が分かっていない浮世絵師を浮かび上がらせようとしています。

写楽という絵師についてはその正体にについてさまざまなことが言われています。中でも「現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年〈1763年〉 – 文政3年〈1820年〉)とする説が有力となっている(出典:ウィキペディアより)」らしく、本書でもこの立場に立って書かれています。

ただ、写楽本人を中心に描いてあるわけではありません。藩元である蔦屋重三郎を中心に、山東京伝や葛飾北斎、十返舎一九らを周りに据え、彼らの思惑の中から写楽という人物像を結実させようとしているのです。そういう意味では、松平定信の悪名高き「寛政の改革」を市民レベル、それも出版や芝居などの町民の文化という分野から見た江戸の町ということもできなくはない書き方になっています。

その実像がよく分かっていない東洲斎写楽という人については幾つかの作品が出されています。例えば、私は未読ではありますが島田荘司が著した『写楽 閉じた国の幻』という作品は、現代編と江戸編とが交錯しながらミステリー仕立てで写楽の実像に迫るという構成になっているそうです。

他に泡坂妻夫の『写楽百面相』もあります。この作品も私は未読なのですが、奇術師としても高名な泡坂妻夫の作品らしく、花屋二三という男を主人公として芸者の卯兵衛の死の謎などを絡めたミステリーであり、その中で「幕府と禁裏を揺るがす大事件」へと結びちついていく、らしいです。

おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語

堀の水は、微かに潮の匂いがした。静かな水面を揺らす涙とため息の日々に、ささやかな幸せが訪れるとき―下町の人情を鮮やかに映す感動の傑作短編集。(「BOOK」データベースより)

 

宇江佐真理という作家にしては珍しくファンタジーの匂いを持っている、江戸の各所の堀に絡めた、決して明るくはない物語集です。

 

ため息はつかない
早くに両親を亡くした豊吉は、父親の妹の‘おます’に育てられた。おますは口うるさく、逃げ場のない豊吉は思わずため息をつく。そのうち薬種屋の「備前屋」に奉公し、18歳になった豊吉は行かず後家と陰口をたたかれている備前屋の娘との縁談が進むが、女中のお梅からも思いを寄せられるのだった。

裾継
深川にある岡場所のひとつ裾継(すそつぎ)にある「子ども屋」(遊女屋)の女将である‘おなわ’は、亭主の彦蔵の先妻との娘‘おふさ’との不仲に悩んでいた。十三歳になったおふさは、おなわが父親の彦蔵の浮気に気付かないことがいらいらすると言うのだ。

おはぐろとんぼ
‘おせん’が料理人として奉公していた日本橋小網町の「末広」という料理茶屋に、新しい板前がやってきた。しかし・・・。

日向雪
二男の竹蔵は、女のために皆に無心しているらしい。母親の葬儀に帰ってきた竹蔵は、女のために家族に迷惑をかけて良いのかという梅吉を殴り倒してしまう。

御厩河岸の向こう
‘おゆり’が手を掛けて育てたた弟の勇助はおゆりになついていた。勇介は自分が生まれる前のことを覚えていて、御厩河岸の川向うにある夢堀の傍に住んでいた、と言うのだ。

隠善資正の娘
八丁堀界隈の「てまり」という縄暖簾の店に‘おみよ’という十九歳の娘がいた。「てまり」に足繁く通う北町奉行所吟味方同心である隠善資正は、おみよに行方不明になった自分の娘の姿を重ねていた。

 

宇江佐真理の作品群からすると平均的な作品だと思いました。水の都である江戸に散在する「掘割」をモチーフにした人情小説集です。

 

似たようなモチーフの作品に 藤沢 周平の『橋ものがたり』があります。また、「坂」をテーマにしている作品集として藤原緋沙子の『月凍てる: 人情江戸彩時記』などもあります。藤原緋沙子氏が言うように、結界としての川であり、坂であって、結界を越えることにより変化が生じ、ドラマが生まれるのでしょう。

 

 

本書の「堀」は、「結界」とは少し違い、単に特定の「場所」を強調する意味しかないとも思えますが、内容はここにあげた作品に決して劣るものではありません。

本書は、決して明るくはない物語ですが、かといって悲観的ではありません。この作者の物語らしく常に未来を見据えています、また、心象を表現する情景の描写も相変わらずにうまい、としか言いようがありません。とくに「裾継」は、本作品集の中では私が一番好きな作品で、小気味良い言葉の羅列で終わる最後の行など、私の心にぴたりとはまりました。

残念ながら宇江佐真理氏は 2015年11月に亡くなられましたが、作品はいつまでも残ります。これらの素晴らしい人情物語をこれからも読み続けていきたいと思います。

夜鳴きめし屋

本所五間堀の「鳳来堂」は、父親が営んでいた古道具屋を、息子の長五郎が居酒見世として再開した“夜鳴きめし屋”。朝方までやっているから、料理茶屋や酒屋の二代目や武士、芸者など様々な人々が集まってくる。その中に、かつて長五郎と恋仲だった芸者のみさ吉もいた。彼女の息子はどうやら長五郎との間にできた子らしいが…。人と料理の温もりが胸に沁む傑作。(「BOOK」データベースより)

 

本所、深川という江戸情緒あふれる土地を舞台に繰り広げられる、一膳めし屋を舞台にした宇江佐真理らしい人情劇です。六編からなる物語ですが、これはもう長編というべきでしょう。

 

本所五間堀にある「鳳来堂」は、店主長五郎の父親の音松がやっていた古道具屋でした。しかし、音松亡き後、道具の目利きもできない息子の長五郎ではそのあとを継ぐこともできず、めしと酒を出す見世を出すことにします。

しかし、母も逝き、ひとり身となった長五郎は次第に見世を開ける時間も遅くなり、店の開くのが八つ(午後8時頃)で朝方までやっている「夜鳴きめし屋」となったのです。

 

この店には長五郎の人柄もあって、常連さんを始め様々な人たちも訪れ、色とりどりの人情劇が繰り広げられるのですが、そのうちに長松と惣助という七、八歳位の子供が食事に来るようになります。

そのうちの一人が、むかし、長五郎と思いを交わした娘の子らしいのです。長五郎は、その子らの来るのだ楽しみになり、何かと好みの料理を作り始めるのです。

 

こうした、市井の人たちの人情を描かせたら宇江佐真理という作家さんはやはりうまいですね。本書は宇江佐真理という作家の作品の中では決して出来が良いほうには入らない、どちらかと言えば平均的な物語だと思うのです。

それでもなお、その平均値がとても高いところにあって、物語としての面白さは十二分にもっているのが、宇江佐真理の作品であり、作家さんだと思います。

昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話

松前藩主の嫡子・良昌からの再三の申し出に、側室になることを決意した不破茜だが、良昌の体調が刻一刻と悪化していく。一方、才気溢れる絵を描く弟弟子から批判され、自らの才能に悩む伊与太は当代一の絵師、葛飾北斎のもとを訪ねる。人生の岐路に立つ若者たちに、伊三次とお文はなにを伝えられるのか。(「BOOK」データベースより)

 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの十三作目の連作短編集です。

 

共に見る夢 / 指のささくれ / 昨日のまこと、今日のうそ / 花紺青(はなこんじょう) / 空蝉(からせみ) / 汝、言うなかれ

 

前巻でも書いたことですが、シリーズも十三巻目の本書ともなると、シリーズ当初の伊三次とお文の二人の話はほとんどなく、代わりにその子供達が主役となっています。

とはいえ、伊三次らも引退したわけではなくそれなりの活躍を見せてくれてはいます。ただ、前巻でもそうであったように、お文の影が薄い印象はあります。

 

「共に見る夢」
不破友之進・龍之進親子の物語です。龍之進ときい夫婦の間にに子が生まれますが、友之進の同僚の岩瀬からの祝儀が届かず、その理由が岩瀬の奥方が病で伏せているためであることを知ります。友之進はいなみと共に伊勢参りに行くことを思うのです。

「指のささくれ」
伊三次の髪結いの弟子である九兵衛は、大店である魚佐の娘のおてんとの祝言のことで悩み続けでいます。男としての矜持や気になる娘の存在など、若者の心の揺らぎが描かれています。

「昨日のまこと、今日のうそ」
友之進の長女で蝦夷松前藩江戸下屋敷に別式女として奉公している茜の物語です。松前藩嫡男である松前良昌の茜に寄せる想いをいなしつつ、良昌の病への思いやりとの間で悩む茜の心が、その重さに揺れるのです。

「花紺青(はなこんじょう)」
伊三次の息子で歌川豊光のもとで絵師の修業を続けている伊与太は、なかなかに一人前になれません。葛飾北斎のもとを訪ねた伊与太は、自分の腕の未熟さや嫉妬心などを思い知らされます。

「空蝉(からせみ)」
不破龍之進と緑川鉈五郎は、奉行所内で押し込みと通じているものがいるとして、内与力の山中寛左から内密の調査を命じられます。しかし、龍之進は同輩を疑いきれません。そうした中、父友之進も同様の密命を受けていることを知り、何か不審なものを感じるのでした。

「汝、言うなかれ」
柳町の漬物屋の村田屋を舞台にした、スピンオフのような作品です。青物問屋八百金の主である金助が殺され、村田屋の女将のおとよは、かつて信兵衛から聞いた打ち明け話を思い出して、信兵衛に対しほんの少しの疑いを抱きます。その疑いはやがて伊三次の知る所となり・・・。

 

この作者の、特に本『髪結い伊三次捕物余話シリーズ』は、読んでいる最中も、読み終えてからも、ゆるやかな時間(とき)の流れを感じさせてくれます。

こころ優しさを感じる丁寧な情景描写と共に作中人物の心情が思いやられ、特に、親としての伊三次とお文、不破友之進といなみらの心情を、やはり親としての自らの姿と重ねたりしています。

このシリーズが終わってほしくないと心から思う物語の一つです。

名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話

絵師を目指す伊三次の息子・伊与太は新進気鋭の歌川国直に弟子入りが叶い、ますます修業に身が入る。だが、伊与太が想いを寄せる八丁堀同心・不破友之進の娘・茜は、奉公先の松前藩の若君から好意を持たれたことで、藩の権力争いに巻き込まれていく。伊与太の妹・お吉も女髪結いの修業を始め、若者たちが新たな転機を迎える。(「BOOK」データベースより)

 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの十二作目です。

 

伊三次とお文の子、伊与太やその妹お吉らも自らの生き方を見つめ、問い直す時期に来ています。

不破家と見れば、不破友之進の息子龍之進も友之進の後を継いで同心職に就き、早々に失策を犯したり、茜は松前藩の別式女として奉公しています。

 

当たり前のことではありますが、伊三次とお文が中心として展開していたこのシリーズも、数作前から伊三次と友之進それぞれの家庭の物語にその中心が移ってきています。本作でも、子供達を中心とした物語が語られ、伊三次や友之進らは、子供たちを親として見つめているのです。

そして、不破家では龍之進の妻きいのお腹が大きくなっていたりと、誰がということではなく、登場人物のそれぞれが、それぞれの人生の主役として物語の主人公となって、夫婦の、家族の物語として、たゆとう川の流れのように繰り広げられていきます。

 

派手さは無いものの、折々の場面での背景に映る自然の描写など、季節の移ろいを細やかに感じさせてくれる宇江佐真理の作品は、ゆっくりと心に染み入ってくるようで、やはり落ち着きます。

雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え

浅草は田原町で小さな古着屋を営む喜十は、北町奉行所隠密廻り同心の上遠野のお勤めの手助けで、東奔西走する毎日。店先に捨てられていた赤ん坊の捨吉を養子にした喜十の前に、捨吉のきょうだいが姿を現した。上遠野は、その四人の子どもも引き取ってしまえと無茶を言うが…。日々の暮らしの些細なことに、人生のほんとうが見えてくる。はらり涙の、心やすらぐ連作人情捕物帳六編。(「BOOK」データベースより)

 

本書は二年前(2011年9月)に出た『古手屋喜十為事覚え』の続編で、「落ち葉踏み締める」「雪まろげ」「紅唐桟」「こぎん」「鬼」「再びの秋」の六編からなる連作短編集です。

 

本書では冒頭の「落ち葉踏み締める」で喜十夫婦に子供が出来る話しから始まります。捨吉という名前のその子は夫婦の店の前に捨てられていた子供なのです。この子が何故に捨てられなければならなかったのか、少々重く哀しい物語が語られます。

それでも二作目の「雪まろげ」からは家の中に赤ん坊がいて、その子にどう対応して良いかわからずにいる亭主、という普通の家庭の様が描かれていきます。

北町奉行所隠密廻り同心の上遠野平蔵は変わらずに助っ人の依頼を持ち込んできており、これまた変わらずに文句を言いながらも手助けをする喜十がそこにはいます。

本作では猪の肉などを食べさせる「ももんじ屋」の息子の神隠しの話を聞きに行きます。何か犯罪に絡む話があるのではないかと調べに行くのです。「雪まろげ」とは雪のかたまりのこと。二つ合わせれば雪だるまになります。

 

続く「紅唐桟」では長崎から男を追って出てきた遊女の身の振り方を決めるのに呻吟し、更に「こぎん」では行き倒れの男の身元を探すなかで「こぎん刺し」という着物の縫い方から悲哀に満ちた話が語られます。

また、「鬼」では皮膚病の親子に手を差し伸べ、「再びの秋」では捨吉の兄弟の物語に戻ってくるのです。

 

やはり宇江佐真理の小説は読み終えた後に心が豊かになります。楽しい物語では勿論、どこか哀しみに満ちた物語であっても人情の温かさが溢れており、救いがあるからだと思うのです。

本書では喜十と同心の上遠野平蔵との掛け合いも大きな魅力になっています。上遠野平蔵の無神経なもの言いの裏にある人情味溢れた始末など、喜十が上遠野から離れられないわけがあるのです。

 

ところで、当時世界有数の都市であった江戸の町は効率的な循環型社会だったと何かの本に書いてありました。資源の有効利用が発達し様々なリサイクル業があったそうです。

金属製品の修理をする「鋳掛け屋」、桶や樽の箍(たが)を作りなおす「箍屋(たがや)」等々があり、そして古着屋もそうで四千軒もあったらしいとありました。そういえば、佐伯泰英の『古着屋総兵衛影始末シリーズ』も古着屋が主人公でした。

 

糸車

深川の長屋で独り暮らしのお絹。三年前までは、松前藩家老の妻だったが、夫を殺され息子勇馬は行方不明。小間物の行商をして、勇馬を探し続けている。商いを通じて、同心の持田、茶酌娘などと親交を深めるうち、様々な事件に巻き込まれ、それぞれの悩みに共感し奔走するが…。船宿の不良娘と質屋のどら息子の逃避行、茶酌娘の縁談、そしてお絹に芽生えた静かな愛。下町の人情が胸に染みる時代小説。(「BOOK」データベースより)

 

深川の長屋で独り暮らすお絹を主人公とし市井の暮らしを人情味豊かに描き出す、連作の短編時代小説集です。

 

短編六作の連作という体裁ですが、実際は長編で章立てと思ったほうが良いと思います。

何となく裏のありそうな夫の死と息子の失踪を縦糸に、お絹の身近で起きる親子や恋人同士の争い事の相談に乗りながら、何とか問題を解決しながら物語は進んでいきます。

そのうちに失踪した息子が見つかり話は急展開するのです。

 

少々話の設定や展開が乱暴に感じる点が無きにしも非ずだし、私が一番好きな「髪結い伊三次捕物余話シリーズ」程の余韻はありません。

しかし、それでも宇江佐真理という作家の紡ぎだす話は読み手の心を癒してくれるのです。

おちゃっぴい – 江戸前浮世気質

札差駿河屋の娘お吉は、町一番のおてんば娘。鉄火伝法が知れわたり、ついたあだ名がおちゃっぴい。どうせなら蔵前小町と呼ばれたかったけれど、素直にゃなれない乙女心、やせ我慢も粋のうち…。頑固だったり軽薄だったり、面倒なのに、なぜか憎めない江戸の人人を、絶妙の筆さばきで描く傑作人情噺。大笑い、のちホロリと涙。(「BOOK」データベースより)

 

小粋なお転婆娘がコミカルな狂言回しとなって、江戸の町を走りまわります。せりふ回しもいなせで、葛飾北斎やその娘のお栄との絡みも絶妙で涙を誘います。

絶品です。必ず小気味良い読後感が待っていると確信します。

泣きの銀次シリーズ

泣きの銀次シリーズ(2015年11月 完結 )

  1. 泣きの銀次
  2. 晩鐘 続・泣きの銀次
  3. 虚ろ舟 泣きの銀次 参之章

 

事件が起き、現場に駆け付けるが死体を見ると涙が出てくる、馬庭念流の使い手でもある岡っ引き銀次の、人情あふれる物語です。

事件の裏を見据える銀二の世界に引き込まれずにおれません。

是非おすすめです。

 

人情時代小説の第一人者として大変楽しみにしていた宇江佐真理という作家さんですが、残念ながら2015年11月に死去されました。

このシリーズも全三巻で終了となってしまいました。残念です。

髪結い伊三次捕物余話シリーズ

髪結い伊三次捕物余話シリーズ(2015年11月 完結 )

  1. 幻の声
  2. 紫紺のつばめ
  3. さらば深川
  4. さんだらぼっち
  5. 黒く塗れ
  6. 君を乗せる舟
  7. 雨を見たか
  8. 我、言挙げす
  1. 今日を刻む時計
  2. 心に吹く風
  3. 明日のことは知らず
  4. 名もなき日々を
  5. 昨日のまこと、今日のうそ
  6. 月は誰のもの
  7. 竈河岸(へっついがし)
  8. 擬宝珠のある橋

 

主人公の伊三次は、廻り髪結いのかたわら北町奉行所同心の不破友之進の十手を預かる身です。本書は、不破友之進とその下っ引きとしての伊三次が種々の事件を解決していく捕物帳形式の連作短編集です。

 

しかし、主題は主人公の伊三次とその恋仲の深川芸者のお文との日常にあって、その二人を取り巻く人々の暮らし、想い、といった人情話が展開されていきます。「捕物余話」であって「捕物帖」ではないのも、その点に考慮したものではないでしょうか。本格的なミステリーを期待する人には向かないかもしれません。

しかし、丁寧な江戸の町の情景描写や四季に移ろいに対する配慮など、その視線は繊細で暖かです。読後には、心地良いひと時を過ごせたという満足感が残ります。

 

デビュー作の短編「幻の声」はオール読物新人賞を受賞し、シリーズの第一冊目となった『幻の声』という本は第117回直木三十五賞候補にもなりました。

私にとって、伊佐治とお文という二人の姿が人情味豊かに語られるこの物語は、人情時代小説といえばまず最初二思い浮かぶシリーズとなっています。

このシリーズは第9作の『今日を刻む時計』で一気に年月が経過し、話も伊佐治や不破友之進の子らの話に重点が移っていくのです。

 

山本周五郎や藤沢周平といった大御所と比較しても決して引けを取らない作品群が並ぶ作家として楽しみにしていた人でしたが、残念ながら2015年11月に死去されてしまいました。

このシリーズも第十六作の『擬宝珠のある橋』を最後に終了となってしまいました。

 

本筋とは離れますが、このシリーズの挿絵が良い。日本画風のその絵は宇江佐真理と言う作家の丁寧なその文章が作り出す雰囲気をしっかりと捉え、切り取っていると感じます。