宇佐見 りん

イラスト1
Pocket

新刊書

河出書房新社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 推し、燃ゆ [ 宇佐見 りん ] へ。


本書『推し、燃ゆ』は、自分が推すアイドルに自らの全てを捧げる一人の女子高生の姿を描く、新刊書で125頁の長編の青春小説です。

第164回芥川賞を受賞し、2021年本屋大賞の候補作となっている文学的な香りは高い作品ですが、私の好みとは異なる作品でした。

 

推し、燃ゆ』の簡単なあらすじ

 

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。(「BOOK」データベースより)

 

主人公の十六歳の女子高生であるあかりの推す「まざま座」という五人グループの一人である真幸(まさき)がファンの子を殴るという事件が起きた。

あかりの推しである真幸の起こした事件はあかりの生き方にも大きな影響を与えるのだった。

 

推し、燃ゆ』の感想

 

本書の主人公あかりは、<まざま座>というグループの真幸という二十四歳の男子アイドルを推す十六歳の女子高校生です。

タイトルにもなっている「推し」とは、自分が応援するアイドルのことを言うそうです。

作者の宇佐美りんはインタビューに応えて、スターや芸能人を応援する側の言葉である「ファン」という言葉に対して、「推し」という言葉は、潜在的に「私の」という所有格が付着した強い言葉だと言っています( 「現代ビジネス」 : 参照 )。

 

個人的には、本書『推し、燃ゆ』のような作品は私の苦手とするところです。

確かに、本書の文章はレトリックが多用され、格調高く仕上がっていて、主人公の内心が感性に満ちた作者の言葉で非常に緻密に、それでいて125頁という分量もあって、わりと読みやすく綴られています。

とはいえ、比喩表現のうまさは時には私の理解の範疇を越えます。

例えば、本書『推し、燃ゆ』の冒頭近くで「肉体の重さについた名前はあたしを一度は楽にしたけど、・・・」という文章は一読しただけでは意味が取れませんでした。

文脈からすると、身体の不調に対して病名がついたことで一度は気持ちが楽になった、ということなのでしょうが、一旦立ち止まると読書のリズムが狂ってしまいます。

それは、読みやすいエンターテイメント小説ばかりを読んでいた私の読解力の低下によるものに間違いないのでしょうが、あらためて自分にとって読みにくい作品を積極的に読もうという気にはなりません。

このような高尚な文章ゆえに読書のリズムが取れない場面が多々あり、文章の見事さに比して読書が楽しくありません。

 

もともと、登場人物の内心を深く掘り下げて緻密に描き出す作品は苦手とするところです。

例えば、西加奈子の『i(アイ)』のように、紙数を費やして緻密に人物の内心を描写している作品は、いい作品ではあっても苦手とするのです。

それが、本書のように一段と文学的に表現されているとそれだけで圧倒されてしまう部分もあります。文章表現の美しさというよりは、心象表現の見事さに圧倒されるのです。

 

 

本書『推し、燃ゆ』は、殆ど主人公のあかりという女生徒だけしか登場しない物語です。

もちろん、友達の成美であったり、家族であったり第三者が全く登場しないわけではありません。

しかしながら、極端を言えばそうした人物は物語の背景であって、具体的な肉体を持った人物としてはあかりだけだと言っても過言ではありません。

そのあかりの人格をひたすらに追いかけてある物語であり、その追いかけ方の表現、単なる状況を描くだけでそれは状況を越えたあかりという人格をも描写しているのです。

その見事さは否定しようと思っても否定できるものではありません。

 

今回は単純に私の好みだけの文章になってしまいました。

こころから圧倒されたという他ありません。

ただ、好みではないのです。

[投稿日]2021年06月21日  [最終更新日]2021年6月21日
Pocket

関連リンク

推し、燃ゆ :宇佐見 りん | 河出書房新社
三島由紀夫賞最年少受賞の21歳、第二作にして第164回芥川賞受賞作 推しが炎上した。ファンを殴ったらしい。
推しがいるということ 宇佐見りん『推し、燃ゆ』について
「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい。」 SNSを日常的に使っている人なら、この二文だけで、すでにさまざまな思いや記憶が脳裡を去来するに違いない。
宇佐見りんさん「推し、燃ゆ」インタビュー アイドル推しのリアル、文学で伝えたかった
推しのアイドルがファンを殴りネットで炎上――。そんな冒頭から始まる、宇佐見りんさんの新作小説『推し、燃ゆ』(河出書房新社)。
宇佐見りん「推し、燃ゆ」書評 見返りない応援 祈りのように
ままならない人生を引きずり、祈るようにアイドル上野真幸を推すあかり。ある日、真幸がファンを殴って炎上し…。デビュー作「かか」が三島賞候補になった21歳の第2作。
宇佐見りん『推し、燃ゆ』が50万部突破! 芥川賞受賞から4ヶ月経過も勢い継続
宇佐見りん『推し、燃ゆ』(河出書房新社 東京都渋谷区/代表取締役社長小野寺優)は、2021年5月20日の重版出来をもって累計発行部数50万部を突破しました。
芥川賞受賞『推し、燃ゆ』の宇佐見りんが語る「“推し”と“癒し”の関係」
ある日、その推しがファンを殴ったことで炎上。さらに芸能界を引退すると突然発表する。生きがいである推しを失い、あかりはどう生きていくことになるのか?というストーリーだ。
48万部突破のベストセラー・宇佐見りん著『推し、燃ゆ』に世界も注目。アメリカ、中国、ロシア……世界7ヵ国・地域で翻訳決定!
株式会社河出書房新社が刊行する宇佐見りん著『推し、燃ゆ』に海外より出版オファーが殺到、早くも世界7カ国・地域で翻訳出版が決定いたしました(2021年4月22日時点)。
宇佐見りん:「推し、燃ゆ」の現役大学生&芥川賞作家が「推し」の元・プリンシパル吉田都と対談
小説「推し、燃ゆ」で第164回「芥川賞」を史上3番目の若さで受賞した、現役大学生で作家の宇佐見りんさんが出演するドキュメンタリー番組「SWITCHインタビュー 達人達」が、6月19日午後10時からNHK・Eテレで放送される。
『推し、燃ゆ』宇佐見りん/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
あたしには、みんなが難なくこなせる何気ない生活もままならなくて、その皺寄せにぐちゃぐちゃ苦しんでばかりいる。
芥川賞に宇佐見りんさん「推し、燃ゆ」 沼津市生まれの21歳
第164回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)=沼津市生まれ=の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)に決まった。
ホーム(ORICON NEWS)芸能 TOP第164回「芥川賞」は宇佐見りん氏『推し、燃ゆ』 クリープハイプ・尾崎世界観は受賞逃す
日本文学振興会は20日、『第164回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川賞は宇佐見りん氏(21)の『推し、燃ゆ』が受賞したことを発表した。
宇佐美りん「推し、燃ゆ」に、加藤シゲアキ「いちアイドルとしてすごく救われた」
2月27日放送の「」(フジテレビ)で、ゲストに作家の宇佐見りんが登場。芥川賞受賞について語ったほか、加藤シゲアキの作品が直木賞にノミネートされたことについても言及し、心境を語った。
芥川賞受賞の21歳、宇佐見りんインタビュー。「書きたいものが作品の芯にはまるとき」
2019年、20歳のとき、デビュー作『かか』で第56回文藝賞を受賞した。痛切な愛と自立を圧倒的な筆力で描き切った同作は翌年、史上最年少で第33回三島由紀夫賞にも輝いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です