紹介作品

イラスト1
Pocket

伊与原 新 雑感

1972年、大阪生れ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』で横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年、『月まで三キロ』で新田次郎文学賞、静岡書店大賞、未来屋小説大賞を受賞。他の著書に『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』『磁極反転の日』『ルカの方舟』『博物館のファントム』『梟のシエスタ』『蝶が舞ったら、謎のち晴れ 気象予報士・蝶子の推理』『ブルーネス』『コンタミ』がある。
引用元:伊与原新 | 著者プロフィール | 新潮社

 

伊与原新氏は、上記プロフィールにもある通り、横溝正史ミステリ大賞を始めとする各種文学賞を受賞されておられる作家さんです。

ところが、このたび2020年10月に出版された伊与原新氏の『八月の銀の雪』という作品が、2020年下半期第164回直木賞の候補作となり、更には2021年本屋大賞にもノミネートされました。

 

 

残念ながら直木賞は 西條奈加氏の『心(うら)淋し川』に決まりましたが、伊与原新氏の『八月の銀の雪』もかなり良質な作品でした。

 

 

作者の伊予原新氏は「面白くてためになるのが究極のエンタメだと思っている」と発言されています。( KUMON now!OB・OGインタビュー : 参照 )

その言葉通りの面白くそしてためになる物語を期待できる作家さんだと思われます。

ほかの作品も読んでみたいものです。

[投稿日] 2021年01月23日  [最終更新日] 2021年1月23日
Pocket

関連リンク

インタビュー 作家 伊与原新さん|集英社 WEB文芸
江戸川乱歩賞と横溝正史ミステリ大賞。ミステリ界の二大新人賞の最終候補に残り、史上初のダブル受賞か、と大注目。見事『お台場アイランドベイビー』で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、大型新人としてデビューした伊与原新さん。
作家の読書道 第224回:伊与原新さん - WEB本の雑誌
2019年に『月まで三キロ』で新田次郎文学賞、静岡書店大賞、未来屋小説大賞を受賞した伊与原新さん。地球惑星科学を専攻して研究者になった伊与原さんが読んできた本とは、ある日小説を書きはじめたきっかけとは。
【新・仕事の周辺】伊与原新(作家)科学の営みという戦場
私の小説には、その割合に濃淡こそあれ、科学や研究者の世界が必ず登場する。科学研究者といえども人間なので、いろんな間違いをおかす。人生にも悩む。だからこそ彼らの周辺にもドラマがあり、小説が成立する。
『コンタミ 科学汚染』(伊与原 新)|講談社BOOK倶楽部
「ニセ科学」――でたらめな科学用語をちりばめた、まがいもの。大学院生の圭と、指導教員の宇賀神は、ニセ科学批判派の蓮見教授から、信じ難い事実を耳にする。
伊与原新 | ダ・ヴィンチニュース
火星の隕石から生命の痕跡を発見し、一躍時の人となった笠見教授。しかし、科学誌ライターの小日向のもとに、教授の不正を告発するメールが届けられる。その翌日、教授は研究室で死体となって発見された……。
伊与原新さん 小説家(前編)|KUMON now!OB・OGインタビュー - 公文式
大学院で地球惑星科学を専攻し、研究者の道を歩んでいた伊与原新さん。研究中に思いついたトリックを元に書いた小説が編集者の目にとまり、執筆を続け、『お台場アイランドベイビー』で小説家デビューを果たします。