三体

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。数十年後。ナノテク素材の研究者・汪森(ワン・ミャオ)は、ある会議に招集され、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする学術団体“科学フロンティア”への潜入を引き受けた彼を、科学的にありえない怪現象“ゴースト・カウントダウン”が襲う。そして汪森が入り込む、三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?本書に始まる“三体”三部作は、本国版が合計2100万部、英訳版が100万部以上の売上を記録。翻訳書として、またアジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門に輝いた、現代中国最大のヒット作。(「BOOK」データベースより)

 

翻訳小説としては勿論、アジア圏の作品としては初のヒューゴー賞長篇部門賞を受賞した本格的な長編ハードSF小説です。

それも中国発のSF小説です。小説に関するいろいろなメディアで必ずと言っていいほどに取り上げられていた作品だったのですが、その評判通りの作品でした。

 

本書は全三部作の第一部であり、基本的に本書『三体』という作品の背景としての物語世界の説明がメインになっている小説です。

第二部は『三体2 黒暗森林 上・下』として既に早川書房より出版されています。訳者は同じ大森望氏であり、ただ、基本の中国語の日本語訳チームだけは第一巻と異なります。

 

 

本書はSF小説でいうファーストコンタクトものに属する物語です。

まず、不満点を挙げますと、個人的には第一巻である本書で登場する異星人の描き方には若干の不満がありました。その外見等の情報はありませんが、彼らの社会体制の描き方が満足いくものとは言えなかったのです。

詳しくは読んでみてくださいとしか言えません。その他登場人物の名前が中国語であり、覚え幾位という点です。

ですが、中国初の小説である以上は仕方のないことであり、また、この点に関しては書籍に登場人物一覧が添付されていて助かります。

 

不満点は以上として、本書の魅力としては、SFらしい仕掛けや小道具の使い方をあげることができます。ガジェットと言い換えてもいいかもしれません。

細かなものを除けば、まずは本書のテーマである「三体」世界があります。天体力学の “三体問題” 、つまり三つの天体がたがいに万有引力を及ぼし合いながらどのように運動するかという、一般的には解けないことが証明されている問題(ラグランジュ・ポイントなどの特殊な場面を除く )に由来する世界です。(Hayakawa Books & Magazines : 参照 )

次に、次にオンラインVRゲーム『三体』があります。高度な技術で作られたゲームであり、本書の中でも一つの世界を形作っています。単なるゲームを超えた、三体世界を体現できる装置としての役割を持つ、重要な位置づけのゲームです。

更には「人列コンピューター」があります。ゲーム内の登場するフォン・ノイマンが数学の人海戦術として三千万人の兵隊たちを使って計算をします。三人の兵士を使ってANDゲートやORゲートほかの論理ゲートを作り計算させるというのです。

ちなみに、この部分を取り出して短編「円」が書かれ、ケン・リュウのSFアンソロジー『折りたたみ北京』に収録されているそうです。

 

 

更には、異星人の場面において作り出される兵器の「智子(ソフォン)」があります。人工知能搭載陽子をいうのですが、その理論的展開は一般素人の理解の及ぶところではありません。でも、引き付けられます。

 

以上は、大きな仕掛けや小道具だけをざっと挙げてみただけです。しかし、その内容をみても分かるようにいかにもSF小説的な材料です。

SFが好きな読者にとってはこうした小道具を見るだけで胸がわくわくします。そして、実際に読むとその期待は裏切られません。

 

その他、本書の中心的な登場人物として主人公格の天体物理学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)とナノマテリアル研究者の汪淼(ワン・ミャオ)がいます。

また、ガラの悪い警察官の史強がまさにエンターテイメント小説の登場人物として光っていて、ストーリー展開上重要な役を担っています。

 

本書に関連する歴史上の大きな出来事として、1960年題から1970年代にかけて中華人民共和国で起きた文化大革命があります。毛沢東主導による文化運動であり、その重要な担い手であったのが紅衛兵です。

この紅衛兵の暴走は当時の日本の私たちも様々なかたちで知ることになりましたが、この暴走が葉文潔という人物の背景として重要の一を占めています。

こうした点を見ると本書の思想的な位置づけもできそうに思えてきますが、作者自身はそうした考えを否定しているそうです( : 参照)。

 

本書も第三部「人類の落日」に入り「21 地球反乱軍」という章になると、物語が一気にエンターテイメント小説として展開されます。

そして、地球三体協会という組織があらわになり、それも降臨派や救済派といった言葉が突然現れてきて訳が分からなくなりかけます。

しかし、これまで垣間見えていた事柄がその意味を明らかにし、次第に壮大な物語がその全貌を明らかにしていくのです。

ここで伏線の回収されて壮大な物語がその全貌を明らかにしていくのですが、その全体は古典的名作と言われている A・C・クラークの『幼年期の終わり』を思い出すものであり、また 小松左京の『果しなき流れの果に』などとも比較されています。

 

 

そうしてみた場合、紅衛兵事件などから作者の思想的背景を推し量ろうとする試みは意味がないと思えてきます。ある種トンデモ話とも言えそうな壮大な物語の展開を見るとき、そうしたことは霧消してしまいます。

 

本書のように異星人の世界を描いたSF作品としては少なからずの作品がありますが、中でも アイザック・アシモフの『夜来る』という作品が多い出されます。

短編集ですが、名作です。その内容は紹介文を引用します。上記の二冊と合わせ是非読んでもらいたい作品の中の一つです。

2千年に1度の夜が訪れたとき、人々はどう反応するだろうか…六つの太陽に囲まれた惑星ラガッシュを舞台に、“夜”の到来がもたらすさまざまな人間模様を描き、アシモフの短篇のなかでもベストの評価をかち得た、SF史上に名高い表題作(「BOOK」データベースより)

 

 

最後になりましたが、本書の魅力は、一般に言われているように原作の翻訳を光吉さくらさん、ワン・チャイさんが行い、それをもとに大森実氏らが日本語訳を担当したという事実が大きいのかもしれません。

中国の人気SF小説『三体』の魅力」を読めばわかりますが、日本語訳の努力のあとは明白で、舞台背景にまで踏み込んだ本役のおかげで、本書の読みやすさは格段にアップしているようです。