マリア 女性秘匿捜査官・原麻希

警視庁鑑識課に勤める原麻希は、奈良での失態を受けての謹慎中に、友人の離婚式で原田という刑事から相談を持ちかけられる。とあるアパートの一室で見つかった女性の自殺体が、他殺ではないかと言うのだ。現場に残っていたゲソ痕から、麻希は恵比寿の女子高へとたどり着く。そしてそこで、第二の事件と遭遇するが―。ついに宿敵リクルーターの素性が明らかになる!?映像化もされた人気シリーズ第3弾。 (「BOOK」データベースより)

前作『スワン』での事件により謹慎処分を受け、三ヶ月目になる原麻希です。その謹慎中に、原田という刑事から、とある事件の女性自殺体が他殺と思われるので確認して欲しいとの相談をうけるのでした。翌日、早速に現場に残された足跡の写真を見た麻希は、事件の日から今日までの都内の中・高校で体育祭か文化祭をやっているところを探せばいいとあたりをつけ、その条件に合致する私立あけぼの女学館高等学校を捜し出します。

ところが、そこでは新たな事件が起き、そこにリクルーターが関係しているらしい痕跡を見出すのでした。

今回の麻希は家庭内での娘や夫についての悩みを持ちつつも、リクルーターが関係している可能性があるところから、謹慎中でありながらも結局は現場の仕事に借り出されてしまう姿が描かれています。

また、麻希の上司として、伊達警視正という何とも人物像がつかめない男が登場し、麻希の行動におきな影響をえたえます。また多分今後のストーリー上も大きな位置を占めるのではないかと思われるのですが、今のところ何も分かりません。

本書の物語は、麻希も娘である菜月との気持ちのすれ違いや、物語の舞台となる高校生との比較など、親子の関係についても絡ませながら、友人の仁木愛香、倉本織江、そして麻希の元許婚で公安二課の広田達也らと共にリクルーターを追いかけている姿も描かれ、相変わらずにテンポよく進みます。

スワン 女性秘匿捜査官・原麻希

背望会テロ事件から一年。警視庁鑑識課・原麻希のもとに、公安部の広田達也から「背望会リクルーターの指紋が見つかった」という連絡が入る。捜査のため奈良県に向かったふたりだったが、そこで知事選候補者が誘拐され、身代金の運び人に麻希が指名されたという一報が。脅迫状の送り主、「スワン」の正体とは―!?大阪府警vs.警視庁の熾烈な捜査バトルが展開される、人気長編警察小説シリーズ第2弾。(「BOOK」データベースより)

女性秘匿捜査官・原麻希シリーズの第二巻目です。

前作『アゲハ』から一年が経っています。原麻希の夫の則夫も潜入捜査を終え、久しぶりに家に帰っています。しかしながら、娘の菜月との間はうまくいかず、原麻希とも何かと齟齬を感じるのでした。

そんな折に公安部の広田達也から、リクルーターの指紋が見つかったという連絡が入り、麻希は奈良県へと向かいます。そこでは、見つかった指紋の持ち主で、既になくなっている警察官の墓を掘り返したり、おりしも行われていた奈良県知事選挙の候補者の一人である櫛田という男が誘拐され、麻希が身代金の運び人として指名されたりするのです。

その誘拐でも「背望会」の名が使われていて、麻希らはリクルーターを追って奈良県南部の海天村まで来るのですが、そこで映画を撮っていた南条リリスという女優らに絡み新たな事件が起きます。

奈良では、原麻紀は奈良県警のはみ出し者であるマル暴の吾川刑事とコンビを組むことになりますが、加えてもう一人ユニークな人物が登場します。

それが大阪府警刑事部捜査一課の嵯峨美玲警部補であり、まるで 逢坂剛の禿鷹シリーズの第四弾『禿鷹狩り』に出てくる神宮署生活安全特捜班所属の岩動寿満子警部を思い出させる存在です。この岩動警部は、ハゲタカこと禿富鷹秋刑事の女版と言えそうなキャラクターだったのですが、本書の嵯峨警部補もそれに劣らない強烈な個性の持ち主です。

体格もさることながら、この女は、警察官であろうとヤクザであろうと、自分に敵対しそうな人物の弱みを握り、もし自分に逆らえば徹底的に叩きのめすという性格の持ち主です。なかなかに面白そうなキャラであり、本シリーズでの活躍が楽しみな人物だと思えます。

しかし、この人物も本書が進むにつれ存在感が薄くなっていったのは残念でした。本書の後のシリーズでも登場するかどうかは不明ですが、もう少し活躍させて欲しい存在です。

とにかく、次から次へと時間が起きる割にはあまり疾走感を感じない物語でした。物語自体が整理されていない印象しかなく、少々筋立てを整理した方がよさそう、という印象しか持てませんでした。

ただ、本書のラストは意外性に富み、それもかなり強烈な意外性であり、出版社の思惑に乗ってしまう終わり方ではありました。

もうひとつ感情移入しにくい物語ではありましたが、キャラクターも筋立て自体も決して面白くないわけではなく、シリーズとしてもう少し追ってみたい作品ではあります。

アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希

警視庁鑑識課に勤める原麻希は、ある日、子供を預かったという誘拐犯からの電話を受ける。犯人の指示のもと、箱根の芦ノ湖畔へと向かった麻希だが、そこには同じく息子を誘拐されたかつての上司、戸倉加奈子の姿があった。殺人現場に届く「アゲハ」からのメッセージの意味は?誘拐は、麻希と加奈子の運命を変えた八年前の事件が関係しているのか―!?女性秘匿捜査官・原麻希が社会の闇に挑む、長編警察ミステリー。(「BOOK」データベースより)

ノンストップの痛快警察ミステリー小説として、楽しく読むことができる長編の警察小説です。

誘拐犯からの子供を預かったとの電話を受けた原麻紀が指示の場所に行くと、そこには原麻紀同様に自分の息子を誘拐された麻希かつての上司の戸倉加奈子がいました。早速捜査を始めようとする二人でしたが、何故か麻希の行動は犯人に筒抜けであり、犯人の指示以外の行動をしようとするとすぐに犯人に伝わるのです。

麻希の身近に内通者がいるとしか考えられない状況ではあるものの、その存在は全く分かりません。そこで二人は、誘拐犯の指示に従うようにと指示されながらも、事件の背景を調べていくのですが、そこにはかつて彼女らがかつて追い、そして敗北したとある事件と、壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのでした。

本書は痛快警察小説として、実に小気味いいタッチで進んでいきます。主人公の原麻紀というキャラクターが、「フルネームで呼ぶな」などとときにはコミカルに、そして時には警察官としてシリアスに犯人を追いつめます。

本書は単純に物語の流れを楽しむ小説でしょう。単純に作者の敷いたレールに乗っていけば楽しいひと時を過ごせる、そんな物語だと思います。

ですから、少々の設定の強引さ物語構成の甘さなどは無視して読むべきでしょう。例えば、自ら罪を認めている強姦犯人が嫌疑不十分で釈放されるとか、鑑識課員が捜査し尽くした筈の現場であるのに新たな証拠品が見つかるなどの疑問点は、一応そんなものとして話を読み進めるべきです。

そうすれば、シリアスな場面が展開するなかに、ときにコミカルな進行があったりする工夫も気楽に楽しめ、面白く読み進めることができます。そして、「背望会」についての謎の解明についてもそれなりに興味を持つことができ、ミステリアスな展開も楽しめると思います。

言ってみれば、ノンストップの痛快警察ミステリー小説であり、文句なしに楽しめる小説です。

女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ

女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ(2017年09月25日現在)

  1. アゲハ
  2. スワン
  3. マリア
  1. エリカ
  2. ルビイ

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希シリーズ(2017年09月25日現在)

  1. 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希
  2. 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 5グラムの殺意
  3. 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者
  4. 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 氷血

主人公は警視庁鑑識課に勤務する警察官です。しかし、それは第一巻現在の話であり、鑑識課に勤務する以前は警視庁捜査一課に在籍していたのです。

第一話から、かつて自分が事件として関係したテロ集団「背望会」の存在が示唆され、このシリーズを通しての敵役として存在します。

とは言っても、このシリーズは途中から『警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希』シリーズとして展開されます。鑑識課から、以前勤務していた警視庁捜査一課に戻り、今度は警部補として女性だけの捜査班の一員として活躍することになります。

まだ、途中までしか読んでいませんので詳しいことは分かりませんが、敵役としての「背望会」も五巻までにはかたがついて、「女性犯罪」捜査班が誕生する第六巻からは、ストーリー構成も代わったシリーズとなると思われます。

その途中まで読んだだけの感想ではありますが、このシリーズは、警察小説としてまず挙げられる佐々木譲作品の、例えば『警官の血』のような、警察官という存在そのものを緻密に書きこみ、人間としての警察官を重厚に描写する小説とは異なります。

言わば、痛快警察小説とでも呼ぶべきものであり、細かな設定の雑さなどには目をつぶって読むべき作品だと思われます。

また、誉田哲也の姫川玲子シリーズの主人公のように、自らの暗い過去を抱えながら、個性的な脇役と共に陰惨な事件の解決に突き進む物語でもありません。姫川玲子の物語は、刑事としてのセンスにも助けられ、事件の裏に潜む人間模様のほんの少しのほころびから事件解決の糸口を見つけますが、原麻紀の場合、物語自体の持つ勢いの中で、少々の齟齬は気にせずに、一気に終盤まで突き進む印象です。

ときにはユーモラスに展開され、家庭内の問題をも抱えながら、常に旦那や娘の心配をしながら、刑事時代の捜査に未練を残しつつ、鑑識課員としての職務にまい進する主人公の原麻紀なのです。

細かいことは無視しながら、物語の流れに乗っていけば、それなりの面白さを得ることができるシリーズだと思います。

ちなみに、このシリーズはフジテレビ系列で「女秘匿捜査官 原麻希」としてテレビドラマ化もされています。主演の原麻紀は瀬戸朝香が演じており、他に吹越満や石黒賢らがわきを固めています。しかし、2012年7月に放映された後、その後は2017年9月の現在に至るまで続編の放映はされていないようです。