ひとつむぎの手

大学病院で過酷な勤務に耐えている平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に、三人の研修医の指導を指示される。彼らを入局させれば、念願の心臓外科医への道が開けるが、失敗すれば…。さらに、赤石が論文データを捏造したと告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられる。個性的な研修医達の指導をし、告発の真相を探るなか、怪文書が巻き起こした騒動は、やがて予想もしなかった事態へと発展していく―。(「BOOK」データベースより)

 

2019年本屋大賞にノミネートされた、純正会医科大学の付属病院を舞台とした長編の医療小説です。

 

純正会医科大学付属病院の心臓外科に属する医局員の平良祐介は、心臓手術を数多くこなすことのできる富士第一病院への出向を希望していました。

しかし、心臓外科学講座教授である赤石からは、出向のためには今度くる研修医三人のうち少なくとも二人の入局を条件とすると言い渡されます。

彼ら三人に心臓外科の現実を教えるべきか否か悩みつつも、日々の業務のなかで次第に彼ら三人の研修医との関係を模索する祐介です。

そうした中赤石教授を告発する文書が出回り、今度はその文書の犯人探しまで命じられるのでした。

 

良くも悪くも大学病院の医局を舞台にした小説で、絶対権力者の教授を頂点とする階層社会の中で苦闘する青年医師の姿が描かれています。

こうした医局の問題点を記した作品として 山崎豊子の名作『白い巨塔』がありますが、この時代と現代とは若干医局の構造も変わっているとは聞くものの、絶対権力者としての教授の地位や、地方医療の担い手としての医局の意義などはあまり変わってはいないようです。

そうした医局制度の現状なども本書には詳しく描写してあります。

 

 

医療をテーマにした小説、または現役のお医者さんが書かれた小説は少なからず出版されていますが、本書は現役のお医者さんが書いた医療小説です。正面から医療現場を描き、患者の命と医者としての技術の向上、その先にある出世への道との狭間での悩みなどが描かれています。

現役の医者ならではのリアリティに満ちた医者の話し合いや手術の現場の様子が綿密に描写され、さらには救急医療の現場の様子までも描かれていて、読者が感情移入しやすく、また軽いユーモアも交えて読みやすく配慮されています。

 

このように、本書は直接的には医療そのものが、間接的には「命」がテーマになっていて、確かに感動的な物語として仕上がっています。

しかしながら、今一つ心に残りません。読みながら涙する場面もあるにもかかわらず、読後に心に残るものがあまりありません。

同じようなテーマで書かれた小説としては、 夏川草介の『神様のカルテシリーズ』があります。このシリーズの場合、主人公は地方医療の現場で働くお医者さんであり、大学の医局とはまた異なるとは思いますが、読了後の印象はこちらのほうが心に残ります。

 

 

この感想は多分に個人の好みが入っており、優劣の問題ではないと思います。しかし、本書『ひとつむぎの手』の場合、登場人物のキャラクターがあまりに型にはまりすぎていると思うのです。

主人公のキャラクターからして、自分の医者としての出世を望むことから教授の頼みを引き受けるという一面を持ちながら、緊急時の医者としての対応力などは一流のものを持つ実力者として描いてあり、自分の夢と医療の現実との狭間で思い悩む人物であって、そこでの煩悶の描写はありがちです。

心臓外科医局長の肥後太郎という人物など、この手のドラマとしては典型的なキャラクタ―であり、人物像としては物足らなく感じたものです。

 

繰り返しになりますが、本書は医療というものを正面から描いている点ではとても好感が持てる作品です。ミステリー味を加味してエンターテイメント小説としてもうまく仕上がっている作品だとの感想を抱きました。

ただ、若干物語としての深みが薄かったというだけです。しかし本屋大賞の候補作としてノミネートされているのですから、私の感想は個人的なものにとどまると考えたほうがいいとも思われます。

崩れる脳を抱きしめて

彼女は幻だったのか?
今世紀最高の恋愛ミステリー!!

作家デビュー5周年、
実業之日本社創業120周年記念作品

圧巻のラスト20ページ!
驚愕し、感動する!!!
広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の
碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。
外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる
碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を
通わせていく。実習を終え広島に帰った
碓氷に、ユカリの死の知らせが届く――。

彼女はなぜ死んだのか? 幻だったのか?

ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を
彷徨う。そして、明かされる衝撃の真実!?
どんでん返しの伝道師が描く、
究極の恋愛×ミステリー!!
2度読み必至!(「内容紹介」より)

本書は、主人公の研修医碓氷蒼馬の視点で全編が描かれている、2018年本屋大賞にノミネートされた、現役の医師の手による長編の恋愛ミステリー小説です。

【目次】
プロローグ
第一章 ダイヤの鳥籠から羽ばたいて
第二章 彼女の幻影を追いかけて
エピローグ

 

本書冒頭のプロローグで丘の上の病院に駆けつける「僕」がいて、すぐに第一章の「ダイヤの鳥籠からはばたいて」が始まり回想の場面に入ります。

実習のために広島の病院から神奈川の富裕層向けの療養型のホスピスである「葉山の岬病院」へとやって来た僕、研修医の碓氷蒼馬は、最悪の脳腫瘍(膠芽腫)といういつ爆発するかもしれない爆弾を脳内にを抱えた、自分を濁らずにユカリと呼んで欲しいという弓狩環という名の女性と出会うのでした。

そのユカリは、自分が相続し有している莫大な財産を狙う親戚がいるとして、三階の病室から出ようとはせずに、ひとり絵を書いて暮らしていました。

莫大な借金を抱え、家族を捨て女と共に逃げた父親に対し憎しみを抱いて、金のために医者になるという碓氷でしたが、ユカリと話すうちに次第に彼女に惹かれていく自分に気が付くのでした。

 

本書は主に前後半の二章で成り立っていて、第一章は碓氷とユカリのその頃の状況と、次第につのる二人の秘めた恋模様が語られ、加えて碓氷の父親にまつわる秘密の解明というサイドストーリー的な話も語られます。

そして、第二章になると物語は一転し、ユカリの死という事実に直面した碓氷が、文字通り探偵役となってユカリの死の秘密の解明に奔走する姿が描かれるのです。

第一章は碓氷とユカリの恋愛模様が描かれる回想の恋愛物語であって、第二章は現在に戻りミステリー満載の物語が展開されると言えるでしょう。

本書は、何といっても作者が現役の医師であることによる臨場感のある医療現場の描き方にある、といいたいところですが、『チーム・バチスタの栄光』の 海堂尊や『神様のカルテシリーズ』の 夏川 草介のような描き方はそれほどにはありません。

勿論医学部一年生の時の救急救命部の見学の時の印象など、医師ならではの描写が随所にありはするのですが、余人では描けない、とまではいきません。

でも、この作者の他の作品などを調べると、「博覧強記の天才女医・天久鷹央が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー」と銘打たれた『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなど、現役の医者としての知識を生かした作品が数多く出版されているようで、本書『崩れる脳を抱きしめて』だけで判断してしまうのは間違いのもとと言えそうです。( 知念実希人のおすすめ小説7選 : 参照)

本書ではただ、そこまでの必要性がなかったから書いていないのだと、そのままに受け取るべきもののようです。

神様のカルテシリーズ』はミステリーではなく、一人の青年医師の医師としての生き方を正面から問うている物語なので別としても、 海堂尊の描く物語は、まさに医者ならではの観点で描かれているミステリーです。

代わりにというのも変ですが、ミステリーとしての出来は個人的には面白く読みました。特にどんでん返しの結末もかなりの意外性をもって読むことができましたし、細かな仕掛けもよく効いていたと思います。

でも、すべてに満足したというわけではなく、若干の物足りなさを感じました。それは、人物の書き込みが今ひとつ薄く、私の中で物語の世界観の構築が上手くいかなかったのかもしれません。

それは、碓氷のかつての恋人や勤務先の病院の院長や看護師たち、それにユカリの友人などといった脇を固める人たちの描き方にある様な気がします。

本来は本書について物足りなさを感じた原因をきちんと考察するべきなのかもしれませんが、それはもう個人の楽しみの読書ではなくなります。

単純に、若干の物足りなさは感じたけれども、それないに面白く読めた小説だった、という感想を述べておくにとどめます。