富士山頂   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

石原裕次郎と渡哲也が挑んだ空前絶後のスペクタクル映画。日本列島の南方800kmの台風を察知するため、迫り来る大雪崩や吹き荒ぶ暴風雨の中、富士山頂近くに気象レーダー基地を建設するという無謀なプロジェクトに命を懸けた男たちの … “富士山頂” の続きを読む

武田信玄   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

狂乱の日々を送り、民に恨みの声をあげさせていた父・武田信虎を追放して甲斐の国の主となった信玄は、信濃の国に怒涛の進撃をはじめた。諏訪頼重を甲斐に幽閉し小笠原長時を塩尻峠に破り、さらに村上義清を砥石城に攻略する。信玄は天下 … “武田信玄” の続きを読む

劒岳 点の記   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

日露戦争の直後、前人未踏といわれ、また、決して登ってはいけない山とおそれられた北アルプスの劔岳。測量官・柴崎芳太郎はその山頂に三角点埋設の至上命令を受ける。 山岳信仰から剱岳を畏怖する地元住民の反発、ガレ場だらけの切り立 … “劒岳 点の記” の続きを読む

栄光の岩壁   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

本書の主人公竹井岳彦は18歳のときの八ヶ岳での遭難で両足先の大半を失います。しかし、持ち前の負けん気からその不自由な足に登山靴を履き、マッターホルン北壁に挑戦するほどの世界有数のクライマーへと成長していくのです。 この主 … “栄光の岩壁” の続きを読む

孤高の人   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

昭和初期、ヒマラヤ征服の夢を秘め、限られた裕福な人々だけのものであった登山界に、社会人登山家としての道を開拓しながら日本アルプスの山々を、ひとり疾風のように踏破していった“単独行の加藤文太郎”。その強烈な意志と個性により … “孤高の人” の続きを読む

銀色の雨   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

『銀のエンゼル』の鈴井貴之監督が浅田次郎の短編小説を映画化。父を知らずに育った高校生・和也、引退を勧告されたプロボクサー・章次、身寄りのない孤独な女・菊枝。偶然出会った3人が心の傷を乗り越え、新たな一歩を踏み出していく姿 … “銀色の雨” の続きを読む