横溝 正史

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫) [ 横溝 正史 ] へ。


信州財界一の巨頭、犬神財閥の創始者犬神佐兵衛は、血で血を洗う葛藤を予期したかのような条件を課した遺言状を残して他界した。血の系譜をめぐるスリルとサスペンスにみちた長編推理。( 内容紹介より )

 

金田一耕助シリーズの一冊である長編推理小説です。。

 

犬神佐兵衛がある遺言を残して死んだ。その遺言書は、「斧(よき)琴(こと)菊(きく)」の家宝を、妾に産ませた三人の娘以外の珠世に与えるというものだったが、この3つの家宝に見立てた殺人事件が起きるのだった。

 

本作品はトリックや殺人の動機等に何かと批判があるように聞きますが、私は謎解きは気にせず、筋立て重視なので気になりませんでした。

つまり、本格推理小説を読む醍醐味として事件のトリックを読み解くことがあると思いますが、私はその点にはあまり関心が無く、それよりもストーリーを追うことの方が面白いのです。

トリックを考えるということは筋立てを追うことを中断することであり、リズムが壊れるように感じてしまうのです。

 

そういう批判はあったにしろ、一般に受け入れられたのは間違いありません。それほどに横溝正史作品の世界観が受け入れられたということではないでしょうか。

[投稿日]2015年04月22日  [最終更新日]2019年6月23日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です