平井 和正

イラスト1
Pocket

文庫

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 狼男だよアダルト・ウルフガイ・シリーズ1【電子書籍】[ 平井和正 ] へ。


満月の夜のおれ、犬神明を殺すことのできる者は、どのような手段によろうと、この世には存在しない。おれは犬神一族の生き残り、正真正銘の人狼なのだ。おれはルポライター。トラブルがおれのビジネス。トラブルはいつも向こうから飛びこんでくる。通りすがりの銀行にひょいと入っていくと、銀行強盗がオモチャのコルトを行員につきつけていたり、行く先々でジェット旅客機が墜落したり、追突した車のトランクからは全裸の美女の死体が転がり出す……。月齢が増すにつれ、おれの体臭は強くなり、力はみなぎる。おれは誇り高く心優しい狼男だ――。平井和正“アダルト・ウルフガイ”シリーズ第1作のノン・ノベル版が、生頼範義の表紙画&挿絵で復刻!( Amazon 内容紹介 より )

 

狼男を主人公とする、長編のハードボイルド小説です。

 

少々調べてみると、どうも単に「ウルフガイ」と言ってはいけないようですね。

私がお勧めしたいのは「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」と言わなければいけないようです。

 

確かに「狼男だよ」から始まる「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」とは別に、少年犬神明が主人公のシリーズがあったのは知っていました。しかし、その少年犬神明のシリーズが私が知っているより更に別なイメージで広がっているようです。

 

 

「月光魔術團シリーズ」以降は、その存在は知っていましたが、ウルフガイシリーズの作品だとは全く知りませんでした。勿論、と言っていいのか、全く読んでいません。

 

 

私がお勧めしたいのはあくまで「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」、それとごく初期に書かれた「ウルフガイ・シリーズ」です。

この頃の本作品は、どこか今のルパン三世にも似た能天気さがあり、しかしどことなくの哀しみを抱えたヒーローであり、読み始めたら、一気に最後まで読んでしまったものです。作者によると、アダルト犬神明は「アウシュビッツ帰りのジャン=ポール・ベルモンド」なのでそうです。

 

 

少年犬神明のシリーズも、当初の「狼の紋章」「狼の怨歌」「狼のレクイエム」あたりまでは面白く読んだ記憶があるのです。しかし、それ以降は知りません。何より幻魔大戦が変な方呼応に進み始めた頃からのこの作者の作品はお進めできません。

ちなみに、私が読んだ当時は祥伝社のノン・ノベルとして出ていたのですが、その後角川文庫や徳間書店からも出版されていて、書籍のタイトル、作品の組み合わせが異なることもあるそうです。以下のリストは、ウィキペディアに倣ったものです。

ちなみに、上掲のAmazonへリンクしている書籍リンク写真、楽天へのリンク写真などは、Kindl や Kobo といった電子書籍へのリンクになっています。通常書籍は古書としてしかないようで、電子書籍へのリンクとしています。

アダルト・ウルフガイ・シリーズ(完結)

  1. 狼男だよ
  2. 狼よ、故郷を見よ
  3. リオの狼男
  4. 人狼地獄篇
  5. 人狼戦線
  1. 狼は泣かず
  2. 人狼白書
  3. 人狼天使(第1部-第3部)
  4. 若き狼の肖像

ウルフガイ・シリーズ(完結)

  1. 狼の紋章
  2. 狼の怨歌
  3. 狼のレクイエム(第1部・第2部)
  1. 黄金の少女(全5巻)
  2. 犬神明(全10巻)

月光魔術團シリーズ(完結)

  1. 月光魔術團(全12巻)
  2. ウルフガイDNA(全12巻)
  3. 幻魔大戦DNA

ウルフガイ番外編 (完結)

  1. ウルフランド(狼の世界)
  2. 女神變生
[投稿日]2015年04月18日  [最終更新日]2018年12月18日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です