宇佐見 りん

宇佐見 りん』のプロフィール

 

宇佐見りん(ウサミ リン)小説家。1999年5月16日生まれ、静岡県出身。2019年、「かか」で、『第56回文藝賞』、『第33回三島由紀夫賞』を受賞。21年1月、「推し、燃ゆ」が『第164回芥川龍之介賞・直木三十五賞』芥川賞を受賞。引用元:ORICON NEWS

 

宇佐見 りん』について

 

2019年、20歳でのデビュー作の『かか』で第56回文藝賞、第33回三島由紀夫賞を受賞し、次に2020年に出版された『推し、燃ゆ』で第164回芥川賞を受賞するという天才ぶりを発揮している作家さんです。

個人的な好みからは外れますが、その才能に関しては否定できない、「驚くべき才能」の持ち主としか言いようのない作家さんであることは否定できないでしょう。

赤松 利市

赤松利市』のプロフィール

 

1956年、香川県生まれ。さまざまな職業を経験した後、2018年「藻屑蟹」で第1回大藪春彦新人賞を受賞して作家デビュー。「住所不定・無職」の大型新人として注目を集める。初長編『鯖』は、今野敏、馳星周に絶賛された。大の魚好きで、学生時代にランチュウを飼育していた経験もある。引用元:ダ・ヴィンチニュース

 

赤松利市』について

 

現時点ではありません。

浅倉 秋成

浅倉秋成』のプロフィール

 

1989年生まれ、小説家。関東在住。第13回講談社BOX新人賞Powersを『ノワール・レヴナント』で受賞しデビュー。2019年に刊行した『教室が、ひとりになるまで』で第20回本格ミステリ大賞と、第73回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にWノミネート。その他の著書に『フラッガーの方程式』『失恋の準備をお願いします』『九度目の十八歳を迎えた君と』など引用元:jiji.com

 

浅倉秋成』について

 

この作者の作品の『六人の噓つきな大学生』の惹句によれば、著者の浅倉秋成は「伏線の狙撃手」という異名があるそうです。

実際、『六人の噓つきな大学生』を読んでみると、伏線の貼り方、その伏線の回収の仕方が秀逸で、意外性に富んだその展開は見事なものでした。

他の作品も是非読んでみたいと思う作家さんでした。

中山 祐次郎

中山祐次郎』のプロフィール

 

1980年生。聖光学院高等学校を卒業後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師(非常勤)として10年勤務。2017年2~3月に福島県高野病院院長を務め、その後、福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、感染管理医師、マンモグラフィー読影認定医、がん治療認定医、医師臨床研修指導医。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。日経ビジネスオンラインやYahoo!ニュースなど多数の媒体で連載を持つ。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。著書に『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと〜若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日〜』(幻冬舎新書)がある。引用元:東洋経済オンライン

 

中山祐次郎』について

 

現時点ではありません。

青山 美智子

青山美智子』のプロフィール

 

青山美智子 : 1970年生まれ、愛知県出身。大学卒業後、シドニーの日系新聞社で記者として勤務。2年間のオーストラリア生活ののち帰国、上京。出版社で雑誌編集者を経て執筆活動に入る。第28回パレットノベル大賞佳作受賞。デビュー作『木曜日にはココアを』が第1回宮崎本大賞を受賞。同作と2作目『猫のお告げは樹の下で』が未来屋小説大賞入賞
引用元:青山美智子|プロフィール|HMV&BOOKS online

 

青山美智子』について

 

青山智子の『お探し物は図書室まで』という作品が、2021年本屋大賞の候補作となっています。

この作品は、ある種のファンタジー小説ともいえる、読みやすく心温まる作品です。

 

加藤 シゲアキ

加藤シゲアキ』のプロフィール

 

1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』 とヒット作を生み出し続け、2020年3月には初のエッセイ集『できることならスティードで』を刊行。アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。
引用元:加藤シゲアキ 『オルタネート』 | 新潮社

 

加藤シゲアキ』について

 

2020年に出版された、現代ならではの青春の一断面を描いている『オルタネート』は、第42回吉川英治文学新人賞を受賞し、2021年本屋大賞と第164回直木賞の両賞の候補作品となり話題を呼んでいます。

 

高田 大介

高田大介』のプロフィール

 

1968年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学、東京芸術大学などで講師を務めたのち渡仏、現在はリモージュ大学(英語版)EDSHS EHICに籍を置き博士論文執筆中。専門分野は印欧語比較文法・対照言語学。2010年、『図書館の魔女』で第45回メフィスト賞を受賞し、デビュー
引用元:ウィキペディア

 

高田大介』について

 

現時点ではありません。

町田 そのこ

町田そのこ』のプロフィール

 

1980(昭和55)年生れ。福岡県在住。2016(平成28)年「カメルーンの青い魚」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。選考委員の三浦しをん氏、辻村深月氏から絶賛を受ける。翌年、同作を含むデビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』を刊行。他著書に『ぎょらん』『うつくしが丘の不幸の家』『52ヘルツのクジラたち』などがある。引用元:町田そのこ | 著者プロフィール | 新潮社

 

町田そのこ』について

 

2020年4月14日に本屋大賞が発表され、 町田そのこ氏の 『52ヘルツのクジラたち』が2021年本屋大賞を受賞しました。

育児放棄や家庭内の虐待という現実をとりあげ、心に沁みる物語として練り上げられています。

長沢 樹

長沢樹』のプロフィール

 

新潟県生まれ。2011年、第三一回横溝正史ミステリ大賞〈大賞〉を受賞。受賞作『消失グラデーション』でデビュー。同作は「このミステリーがすごい! 2012年版」「2012本格ミステリ・ベスト10」にて、ともに第6位となり話題をさらった。他の著書に『上石神井さよならレボリューション』や樋口真由”消失”シリーズの『夏服パースペクティヴ』と『冬空トランス』がある。
引用元:リップステイン 長沢 樹 – 株式会社双葉社

 

長沢樹という人物は、いろいろ調べても映像制作会社勤務という情報があるだけで、詳しいことは何もわかりません。

ただ、『ダークナンバー』という作品の帯に「現役のテレビマン」だという文言があっただけです。

しかし、『ダークナンバー』を読む限りではテレビ局内での打ち合わせの描写などは実にリアルなもので、現場にいた人なのだろうと思わせられる描写がおの人物の一端を知り得るばかりです。

 

長沢樹』について

 

現時点ではありません。