武家用心集

不自由な武家社会の中で、不測の事態を切り抜けてゆく人々を描く小説集。郡奉行の一人だった半右衛門は罪を犯した友人の逃亡を助けたために罰を受ける。その後の不遇と人間不信から立ち直る男を描く「田蔵田半右衛門」、種痘術を学び国元に戻った青年医師が、将来を約束していた女性の変貌と向き合う「向椿山」など、いずれも繊細な言葉と、静謐な筆致で紡ぐ短編八編を収録。(「BOOK」データベースより)

 

己を見失うことなく生きようとする人間を描きだす八編の短編からなる時代小説集です。

 

多分四、五年も前に読んだ作品で、メモもとっておらず、その内容を殆ど覚えていません。ただ、藤沢周平に似た雰囲気を持っている、という印象を持ったことを覚えているだけです。

収められている短編夫々が、華々しい展開がある物語というわけではなく、武士のありようを静謐な筆致で描写してある、そんな作品集だったと思います。

またあらためてじっくりと読んでこの稿を書き改めたい、と思っています。

 

ただ、静かな物語を好む人であればまず間違いない作品だと言えるでしょう。

逍遥の季節

早くに両親を失い、同じような出生の二人は、幼い頃から互いを支え合ってきた。紗代乃は活花、藤枝は踊りを生き甲斐にして。だが、いつしか二人は、一人の男に翻弄されていた(表題作)。子を置いて離縁し、糸染に身を捧げる萌に所帯を持とうと言い寄る男が現れる(「秋草風」)。三絃、画工、根付、髪結…。人並みの幸福には縁遠くても、芸をたのみに生きる江戸の女たちを描く芸道短編集。(「BOOK」データベースより)

 

様々な芸道に生きる女性を主人公に据えた短編集です。

 

冒頭の「竹夫人」では、女は、苛酷さしかないその道ではあるけれども「女の旅は終(つい)の棲みかを目指すことであろうかと考え」、自分と同じように三味線を心のよりどころとする男との暮らしを選びます。

男と共に“芸の向かうところ”へ向かおうという女の思いは、作者の自然でしっとりとした描写によって、しずかに情景に溶け込んでいくようです。

 

「秋野」でも、愛してもいない男に捧げた年月の末に、いま女は茶席で知り合った同郷の男の傍にいて、妾の身から旅立つ自分を思っているのです。

 

「三冬三春」の主人公の阿仁は、師匠である酒井抱一の代筆をしていますが、それは自分が書きたい画を殺すことでもあります。自分の心の赴くままの画を書きたいと思う阿仁は、ある日一歩を踏み出します。乙川優三郎が、三月毎に移ろう江戸の四季を繊細な描写で描きだしています。

 

この他に表題作の「逍遥の季節」に至るまで、全部で七編の芸に生きる女たちが、美しい文章で語られる季節感と共に語られていきます。

 

例えば『白樫の樹の下で』での 青山文平文体は叩けば硬質な音がするようですし、 葉室麟の『蜩の記』では山奥の澄みきった空気のような透明感があります。

 

 

でも本書での乙川優三郎の文章はどこか水の中を歩くような、何かまとわりつくものを感じます。それでいて、別に湿った感じはありません。ただ、数年前に読んだ『武家用心集』ではそのような印象を持った記憶はありません。

だからと言って本書の文体が嫌だという訳ではありません。まだ読んだ作品数が少ないので何とも言えないのが本音ですが、文章が美しい作家さんだという思いがまずあります。ただ、本書の場合、芸道に生きる女性を描いているので特に情緒的な側面が強いのではないでしょうか。

 

 

まだまだ、他の作品を読んでみたいものです。