熱帯

沈黙読書会で見かけた『熱帯』は、なんとも奇妙な本だった!謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと、「部屋の中の部屋」…。東京の片隅で始まった冒険は京都を駆け抜け、満州の夜を潜り、数多の語り手の魂を乗り継いで、いざ謎の源流へ―!(「BOOK」データベースより)

 

最後まで読み終えた人がいないという一冊の本をめぐって多彩な人物たちが入れ替わり登場する、私にとっては難解な長編の幻想小説でした。

なお、本書は2019年本屋大賞候補作で第160回直木賞候補作にもなっています。

 


 

「私」が学生時代に読んだ佐山尚一という人物が書いた小説『熱帯』について語り始めるところから始まります。場面は「私」の学生時代へと移り、誘われて参加した沈黙読書会で問題の『熱帯』を持った女性を見つけ、その女性が『熱帯』について語り始めます(第一章)。

この物語はこうして始まりますが、このあと物語の展開は通常の小説のようには進みません。

 

そもそもこの物語の「私」、つまり森見登美彦という名の作家は、冒頭から『千一夜物語』について語り始めます。本書は森見登美彦の『千一夜物語』へのオマージュ、もしくは誰かが書いていたように本歌取りのような作品です。

つまりは、異なる物語が次々と語られる、または物語の中でさらに新たな物語が語られる、という構造そのままに本書も紡がれているということです。ただ、本書で語られる話は『熱帯』という小説に関連した話です。

「第一章 沈黙読書会」では「私」こと森見登美彦の『熱帯』との出会いと、「沈黙読書会」でのとある女性による『熱帯』について語りがあり、第二章へと入っていきます。

その「第二章 楽団の男」では語り部の女性白石さんにより、池内氏や「学団」という『熱帯』についての読書会の話が語られます。次いで千夜さんを追って京都に行った池内氏のノートが届いて白石さんが読み始めることにより第三章につながります。

「第三章 満月の魔女」では池内氏の京都での体験が語られます。その中で、池内氏が知り合ったマキさんによる語りがあって、今西さんという人物による千夜さんの父永瀬栄造という人物についての話などの後、第四章、そして第五章へとなだれ込みます。

この「第四章 不可視の群島」、「第五章 『熱帯』の誕生」がよくわかりません。『熱帯』についての話ではありますがこれまでとは独立した話です。

そもそもここでの語り手の「僕」は、これまでの話の流れからは池内氏とおもっていたのですが、最終的にはどうも違うように思われ、結局これまでの物語はは何だったのか、との疑問だけが残り、その答えは分かりませんでした。どうにも中途半端に終わってしまっています。

 

普通の物語のように物語が因果律に沿って流れてはおらず、物語の流れの中で支流に入り、別次元の世界で終わったような、妙に浮遊感しか感じられない結末です。

 

しかしながら、ネットでのレビューを読むと、ある種の冒険物語として非常に好意的なものばかりしかありません。

勿論、物語として独特な雰囲気を持っていて、作者のイマジネーションの豊かさ、幻想文学特有の物語展開のうまさなど感じることばかりではあります。ただ、個人的には、因果の流れに沿ったそれなりの結末のないこの作品は欲求不満の残る物語だったのです。

決して幻想文学が嫌いなわけではありません。それこそブラッドベリの『十月は黄昏の国』『火星年代記』などの作品群のように大好きな作品もあります。

 

 

ただ、2017年本屋大賞候補作で第156回直木賞候補作ともなったこの作者の『夜行』でも感じた 曖昧さと言いますが不可解さは私の感性と少々ずれているとしか言えないようです。

 

夜行

『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』代表作すべてのエッセンスを昇華させた、森見ワールド最新作!旅先で出会う謎の連作絵画「夜行」。この十年、僕らは誰ひとり彼女を忘れられなかった。(「BOOK」データベースより)

「第一夜 尾道」 中井
家を出た中井の妻を迎えに行った尾道という町で出会った不可思議な出来事。
「第二夜 奥飛騨」 武田
武田他三人の飛騨旅行で出会った、ミシマという女の「二人にシソウが出ている」という言葉の意味は。
「第三夜 津軽」 藤村
藤村夫妻と小島の三人で行った津軽への旅で起きた不可思議。
「第四夜 天竜峡」 田辺
豊橋へと帰る途中で出会った佐伯はそこにいた女子高生が岸田を殺したと言いだした。
「最終夜 鞍馬」
10年前の長谷川と同様に、久しぶりに集まった仲間たちがいなくなってしまう。しかし、・・・。

始めて読んだ森見登美彦氏の作品でした。そのためなのかどうかは分かりませんが、とにかくよく分からない、それでいて独特の魅力を持ったホラー作品でした。2017年本屋大賞候補作であり、また第156回直木賞候補作でもあります。

鞍馬の火祭を見に来た際に仲間の一人である長谷川という女性が行方不明となって十年。五人の仲間が久しぶりに集まって昔語りをするのです。

どの話も、物語に結末らしい結末が見えず、それでいて岸田道生という画家の「夜行」という一連の作品に焦点があたっています。しかし、それぞれの話の関連性はそれだけで、一体何を語ろうとしているのかよく分からないまま読み進めることになります。

そして、どことなく座りの悪いまま、五人それぞれの話は、それぞれの話をしている現在とどのように関連しているのかなどの疑問はありつつも、何ら手がかりのないまま、いや岸田道生の「夜行」という手がかりしかないまま、最終話へとなだれ込んでいきます。

その最終夜の「鞍馬」の話で、前提であった筈の現在が前提ではなくなり、この物語全体が、岸田道生の「夜行」という絵画を中心とした、計算され尽くした世界へと移行し、一気に異なる物語へと変貌してしまうのです。

だからといって、それぞれの話で感じた疑問点が解消したのかといえば、そういうことはありません。結局、この物語自体が不安定なまま落ち着いてしったという感じなのです。

本書が私の好みかと問われれば諸手を挙げて賛成とまではいきませんが、本書が2017年本屋大賞と第156回直木賞それぞれの候補作となったのもそれなりに納得する作品でした。この不思議な世界感にはもう一度会ってみたい気はする、そういう物語です。


本書の印象からは、 乙一のホラー作品を思い出していました。彼の作品はまだ『平面いぬ。』しか読んだことはないのですが、日常の中の非日常といっていいものか、ダークファンタジーとも言うべき印象の作品でした。「せつなさ」という言葉で表現されることの多い作家さんらしいのですが、確かに心の隙間にそっと忍びこんでくる、やるせなさや哀しみを感じさせられた作品でした。

そしてもう一点、ホラーではない作品なのですが、第157回直木賞受賞作である、佐藤正午の『月の満ち欠け』という作品を読んでいたとき、本書を思い出していました。

テーマも内容も全く異なる両作品なのですが、日常の生活がいつの間にか非日常の生活に移行しているという一点においてその類似性を感じたようです。