信長の原理

吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあった―どんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。結果、恐れていたことが実証された。神仏などいるはずもないが、確かに“この世を支配する何事かの原理”は存在する。やがて案の定、家臣で働きが鈍る者、織田家を裏切る者までが続出し始める。天下統一を目前にして、信長は改めて気づいた。いま最も良い働きを見せる羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。あの法則によれば、最後にはこの五人からも一人、おれを裏切る者が出るはずだ―。(「BOOK」データベースより)

 

本書は、これまでも多くの作者によって取り上げられてきた信長を描いた長編時代小説で、第160回直木賞の候補作となった作品です。

 

本書の特徴は、信長の生き方を、「パレートの法則」や「働きアリの法則」と呼ばれている現象を通して組み立てているところでしょう。

ここで「パレートの法則」とは、「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論」のことをいいます。

そのパレートの法則の亜種として「働きアリの法則」というものがあって、「組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになる」というのです(ウィキペディア : 参照 )。

 

本書の信長は、幼いころに蟻の働く姿を見てこの法則に気づきます。この法則をもとに二割の精悍な軍勢をより大きく育てようともしますが、なかなかにうまくいきません。

そうした心の動きを緻密に追い求め、描写する場面が本書の各所に見られます。

それはこの法則から武将たちの動きを考察しようとする信長だけのことではありません。時には秀吉であり、柴田勝家であり、その他の武将であったりもするのですが、少々緻密に過ぎる、とも思えてきました。もう少し楽に構えていいのではないかと思えます。

しかし、作者は「僕はこの小説で、事実と事実の間にある登場人物達の内面や思考を、とことん突き詰めて書こうと思」ったのだそうです。そうして、思い通りに動かない部下を持つワンマン社長の苦悩、またそのトップに振り回される部下達の苦悩を描きたかったと書いておられます( 小説丸 : 参照 )。

それが作者の意図である以上は仕方のないことなのかも入れませんが、小説を読む読者の目線からすればもう少し簡潔にあってほしいと思ったのです。

このように、本書は全体的に登場人物の心象が前面に押し出して書かれています。以前この作者が第156回直木賞の候補作になった『室町無頼』の時は、心象描写はずっと抑えてあったのではないでしょうか。その上で人物らをダイナミックに動かして時代の波を描いてあったように思えます。

 

 

本書は歴史的な事実をよく調べ上げて書いておられると思いながらの読書になりました。信長の合戦の様子を、具体的な戦闘の場面などは書かないままに砦や城を落としていく過程を細かに記し、また軍勢の展開の様子を描いてあります。

それはそれでこれまであまりなかった描き方だと思いますし、主だった参考文献の数も膨大な数に上っていて、歴史小説としての労作だと思います。

 

ただ、同じことを繰り返しますが、確かに人物の動向は理解しやすいものの、視点が変わるたびになされる視点の主の内心描写は細かすぎます。

さらに言えば、武将の心象描写が、作者が知っている歴史的事実に合致するように描かれているようにも感じました。例えば、三方ヶ原の戦いに関する家康の本音についての光秀の考察など、普通とは異なる思考過程なのにあえて歴史的事実に合わせているように感じたのです。

 

とはいえ、以上書いてきたことと矛盾するようではありますが、普通ではあまりない柴田勝家という武将や松永弾正久秀などについて少なくない頁数を費やしてあることは歓迎すべきことでもありました。

特に松永久秀に関しての信長の思い入れの描写などは、 花村萬月の『弾正星』を面白く読んでいたので、うれしくなってしまったものです。

本書は、全体的に見て少々食傷気味になるところもあるものの、ユニークな観点の歴史小説として評価できるのではないでしょうか。

 

室町無頼

応仁の乱前夜。天涯孤独の少年、才蔵は骨皮道賢に見込まれる。道賢はならず者の頭目でありながら、幕府から市中警護役を任される素性の知れぬ男。やがて才蔵は、蓮田兵衛に預けられる。兵衛もまた、百姓の信頼を集め、秩序に縛られず生きる浮浪の徒。二人から世を教えられ、凄絶な棒術修業の果て、才蔵は生きる力を身に着けていく。史実を鮮やかに跳躍させ混沌の時代を描き切る、記念碑的歴史小説。(上巻 :「BOOK」データベースより)

唐崎の古老のもと、過酷な鍛錬を積んだ才蔵は、圧倒的な棒術で荒くれ者らを次々倒す兵法者になる。一方、民たちを束ね一揆を謀る兵衛は、敵対する立場となる幕府側の道賢に密約を持ちかける。かつて道賢を愛し、今は兵衛の情婦である遊女の芳王子は、二人の行く末を案じていた。そして、ついに蜂起の日はやってきた。時代を向こうに回した無頼たちの運命に胸が熱くなる、大胆不敵な歴史巨編。(下巻 :「BOOK」データベースより)

 

応仁の乱のころ、一人の若者を通して、実在した二人の無頼を描き出す、長編の歴史時代小説です。

 

幼いころからボテ振りをして棒術の基礎ができていた才蔵という少年が、自分が用心棒をしていた蔵を襲ってきた骨皮道賢に気に入られ、蓮田兵衛という無頼に預けられます。更に一人の老人に預けられた才蔵は、過酷な修業を終え、棒術の達人として蓮田兵衛の右腕となるのです。

ここまでが前半であり、後半に入りこの物語は蓮田兵衛という市井の無頼と、同じような無頼でも表向きは治安維持の職についている骨皮道賢という二人の男を軸にして動きます。

蓮田兵衛は一揆をまとめ上げ幕府に立ち向かおうとし、蓮田兵衛と同じ志を持つ筈の骨皮道賢は、最終的には洛中の治安を害する以上はそれに立ち向かわなくてなならないと言います。

この二人の男の間には芳王子という遊女がいて、単に物語に色を添える以上の存在感を示しています。この女が才蔵に語る言葉など、その一言ひとことが実に心に染み入るのです。


何の前提知識もなく読んでいて、 和田竜の『村上海賊の娘(上・下)』を思い出していました。共に、歴史の一時点を切り取り、その時代を劇画調で表現している点で一致したのでしょう。無頼な侠(おとこ)の野放図な生き方、という点でも共通するものがありそうです。

と同時に、この時代の京を描いているので仕方がないのかもしれませんが、地獄絵図と表現されるこの頃の京と続く時代の応仁の乱後の京を舞台とした花村満月の『武蔵』の雰囲気にも似ていると感じていました。そう言えば、『武蔵』で描かれる武蔵も、無頼であり、法の埒外に生きている点では同じです。

 

本書はかなりの部分が史実に立脚して描かれているらしく、その理解の一助に、時代考証の手伝いをしたという京都女子大学准教授(日本中世史)である早島大祐氏の一文があります。本書のクライマックスの一揆自体が「相国寺大塔付近で徳政一揆が蜂起」した歴史的な事実に基づくのだそうです。( 室町小説の誕生 : 参照 )

「骨皮道賢と蓮田兵衛、馬切衛門太郎などはいずれも実在の人物」だそうで、そうした実在の人物に血肉を与え、自在に動かすことで現代と「社会の様相が酷似」している室町の世で、「庶民がその先々に望みを持てない世にあって、自分で納得のできる在り方や生き方をどのように作っていけるのか、才蔵を通して描きたかった」と作者は言います。

そして、「一度でなく複数回蜂起し、ひと月半にわたって戦い、蓮田兵衛の名が残っている史実」に基づいて、この物語を書きあげたのだそうです。また、「道賢は応仁の乱で戦に敗れ、女装して生き延びようとした逸話でも知られ」ているそうで、そうした事実も物語の最後に描写し、僧形で剃髪していた道賢の坊主頭についても思いを馳せているのです。( 以上 室町小説の誕生 : 参照 )

 

本書は、物語の骨格として時代の動きを丁寧におさえてあります。そんな中で男が惚れる魅力的な男を設定し、時代の流れを読み、その流れに乗った、若しくは抗う侠(おとこ)二人のもとで成長する才蔵の姿があるのです。

そういう点では才蔵の成長譚でもありますが、やはり、骨皮道賢と蓮田兵衛という二人の侠の物語というべきなのでしょう。