警視庁情報官 ハニートラップ

色仕掛けによる謀報活動―「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」の存在に気が付いたが…。「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線。(「BOOK」データベースより)

公安警察官である黒田純一を主人公とする警視庁情報官シリーズの第二弾です。

本書では、まず小笠原の警察署署長として赴任している黒田純一の姿が描かれています。前巻での仕事の後の、一息入れることができる休暇のような勤務先でした。しかし、防衛省が絡んでの情報漏洩問題が発生し、再び情報室が再結成されることになり、黒田は再び中央に呼び戻されることになったのです。

情報漏えいの裏を探っていくと、そこには本書のタイトルにもなっているハニートラップにかかった役人の姿が明らかになってくるのです。描かれている事実が筆者の体験に基づくものなのか、それとも全くのフィクションなのかは分かりませんが、情報獲得の手段としてのハニートラップという言葉は、小説の世界だけではなく聞く言葉でもあります。

こうしたハニートラップの実態を暴くべく、警察が一丸となり、イージス艦絡みの情報漏えいに対する捜査網が敷かれ、黒田らが中心になって活躍するのです。

本書に描かれている情報の量は莫大なものがあり、その多量の情報を消化しきれないままに物語は進みますので、よほどきちんと読みこんでいかなければ、置いて行かれることになりかねません。少なくとも私はそうでした。

この情報を丁寧につぶしながら読んでいくことができれば、より読み応えのある小説だと思えるのではないでしょうか更に言えば、社会、経済情勢に強い人であればもっと面白い小説だと実感できたかもしれないと思います。

ただ、本書の場合文章が説明的です。会話文で流れを作っていくことが多い通常の他の警察小説、エンターテインメント小説とは少々その趣が異なります。

でも、それはもしかしたら濱嘉之という人が小説家としては新人というところからきているのかもしれません。であれば、もっと情報を整理して物語を構築できていれば、もっと読みやすい小説として仕上がったのではないかと思われます。

とはいえ、すでに人気小説としてシリーズ化もされているのですから、こうした意見はここだけのものなのでしょう。

ハニートラップが描かれたインテリジェンス小説としてすぐに思い出す作品は、残念ながらありません。ただ、話の本筋ではありませんが、 柳広司の『ジョーカー・ゲーム』という連作短編小説作品のなかの「ロビンソン」という話の中で、D機関の伊沢が英国の諜報機関にスパイ容疑で逮捕されてしまいますが、その逮捕の原因がハニートラップにかかった外交官が情報を漏らしていた、というものがあります。

他にもあるとは思いますが、インテリジェンス小説自体がそれほど多いものではなく、そんな中で私が思い出すのはこの作品だけでした。

警視庁情報官 シークレット・オフィサー

警視庁情報室。それは警視庁が秘密裏に組織した情報部門のプロ集団である。情報室へ舞い込んだ一通の怪文書。エース情報官・黒田は、抜群の情報収集力と分析力で、政・官・財界そして世界的な宗教団体までもが絡む一大犯罪の疑惑を嗅ぎつけるが…。公安出身の著者による迫真の「インテリジェンス」小説。(「BOOK」データベースより)

著者の濱嘉之氏は公安警察出身であり、自身の経歴を生かし公安警察の内実を描き出す異色の長編所小説です。

端的に言うと、優秀な情報収集力と、集めた情報を分析する能力がずば抜けている公安警察官が主人公のスーパーヒーロー小説です。ただ、一般の痛快小説とは異なるのは、世間には知られていない公安警察の内情を紹介したインテリジェンス(諜報活動)小説だということです。

主人公は高度な情報収集力と分析力を持つ情報官の黒田という男です。彼はホステスは勿論、黒服、呼び込み、更には裏社会の人間などとも人脈を作り上げ、さまざまな噂話を集めています。

この男の素晴らしいところは、そうして集めた単なる噂にすぎない話から、国家の将来に影響を与える可能性のある情報を拾い出す能力を有しているところです。問題なのは、それらの情報はメモとして提出されますが、上司に能力がなければそこで眠ってしまうことです。

結局は組織論でもあるのでしょうが、せっかく得た情報もそれを使いこなす能力やシステムが無ければ無に帰してしまうということでしょう。

こうした現場の描写は現実の公安警察に身を置いた人間しか分かりえないところであり、その臨場感はさすがのものがあります。

ただ、情報を収集する個別具体的な作業の様子はあまり描かれてはいません。黒田は部下に指示し、上がってきた情報を分析するだけなのです。勿論、黒田本人が情報収集に当たることもありますが、それにしても具体的描写はないのです。大切なのは集められた情報の分析だと言わんばかりです。

その道の専門家に聞いたことがありますが、日本の情報組織は決して胸を張れるものではないそうです。そこで、国としての情報を統括する機関をつくるという話は起きるものの、役所のセクショナリズムのおかげか、なかなかうまくいかないのだとか。こうした話は、他でも読んだことがありますね。



公安警察の実際という点では、 竹内明という、TBSテレビの報道局記者出身の作家さんがいます。この人は「オウム真理教事件」などの大事件を取材してきた人だそうで、『背乗り ハイノリ ソトニ 警視庁公安部外事二課』などの作品は、現場を知る人間でないと書けない臨場感満載の小説です。

また、この手のインテリジェンス小説としては、 麻生幾の『ZERO』他の作品を挙げないわけにはいかないと思われます。残念ながら、この人の作品は私はまだ読んでいないのですが、知人の話では実によく調べて書いてあるということでした。近いうちに読もうと思いながら、上下二巻という長さもあってなかなか読めないでいます。

警察小説は数多くあっても、公安警察関連の作品は少ないと思います。その中でも 今野敏が、『倉島警部補シリーズ』という作品を書いておられました。さすがに今野敏であって、公安のリアリティという点では濱嘉之らの物語に及ばないかもしれませんが、小説としての面白さは一日の長があるように思えました。