ライトニング

主人公ローラは人気作家で幸せな生活を送っている。ただローラの幸せの陰にはある秘密があった。それは、ローラが危機に会いそうになると雷鳴と共に守護天使が現れ助けてくれていたことだった。

他の作品とは若干ですがニュアンスが異なります。ロマンスもの仕立てになっているのです。でも、それも後半にはやはりクーンツ節になるのであまり気にしなくていいかも。

タイムトラベルものになってもいるので、そうした視点から読むのも良いかもしれません。

ウォッチャーズ

森で拾ったその犬には、なにか知性のようなものが、意志に似たものが感じられた。孤独な中年男のトラヴィスは犬に〈アインシュタイン〉と名を与え、半信半疑の対話を試みる。徐々にわかってくる信じがたい事実。それにしても、犬は何を警戒しているのだろう。繁みの陰に、暗闇の奥に、なにか恐るべき“もの”がひそんでいるのか。(「BOOK」データベースより)

本書は本当の(と言って良いのか)主人公は犬です。名前はアインシュタイン。この犬が普通ではなく、とある国家機関の実験に供された特殊能力を持つ犬なのです。この犬を保護したのがデルタフォースで鍛え上げられた戦士トラヴィスで、更にヒロインも加わり、この犬を追う国家機関やアウトサイダーと呼ばれる破壊者たちとの逃走劇が繰り広げられます。

犬というツールを持ってきたところがこれまでの設定とは異なりますが、基本は一緒です。クーンツはどれを読んでも同じと言われるゆえんでしょう。でも、理屈抜きで面白いものは面白いのです。

クーンツという作家は「ベストセラー小説の書き方」という本を書くくらいですから、読み手の面白さを感じるポイントを良く理解し、執筆しているのでしょう。

戦慄のシャドウファイア

エリック・リーベン―天才的な遺伝子工学者。彼はその才能を武器にベンチャー・ビジネスを成功させ、莫大な財を築いていたが、別居中の妻レイチエルと口論した直後、自動車にはねられて即死した。しかし、奇怪なことに彼の死体が、市の死体公示所から忽然と消失した。この報せをうけたレイチェルはあることに思い当たったが、それはあまりにも恐ろしい想像だった。信頼する恋人ベンとともに極秘の調査を開始したレイチェルの前に、謎の追手が立ちふさがる。一方、エリックが手がけていたプロジェクト〈ワイルドカード〉の機密流出を恐れた防衛保安情報局の高官アンスン・シャープも二人に対する追跡を開始した。〈ワイルドカード〉とはいったい何なのか?エリックになにがおこったのか?日本でも人気集中、モダンホラーの鬼才クーンツが放つ、超大型サスペンス。(「BOOK」データベースより)

主要な登場人物の一人である遺伝子工学者エリックが早々に死んでしまい、その死体が消失するのですが、エリックと別居中の妻レイチェルには思い当たることがあるのです。恋人のベンと調べていくうちに、防衛保安情報局や正体不明の追跡者が立ちふさがり、驚愕の事実に突き当たるのです。

「ファントム」同様圧倒的なスピード感の中、物語は進みます。とにかく、これでもかという畳みかけです。勿論、敵役の異形の者も登場しますが、今回は正体はそれなりに判明しています。グロさが全くないとは言いませんが、許容範囲でしょう。

この作品も単純に乗っかって読み進めばすぐに読了してしまいます。

他でも書いたように理屈抜きで楽しめる本です。

ファントム

アメリカの田舎町での住民全員が殺されていた。たまたまこの街に来た姉妹がそれを見つけ、警察に連絡する。調べていくうちに、何者かがいつの間にか一人づつ殺されていく。そこにはただ、「太古からの敵」という謎の文字が残されていた。

正体不明の謎の敵がラブクラフトの世界や、キングの「霧」「IT」の怪物にも通じています。この異形のものの取り扱い方が上手いのですね。

でも、何より物語のテンポがすごく、その世界に引き込まれます。勿論、登場人物や舞台設定が十分に書き込まれて居ればこそのスピード感でしょうけど。

このころのクーンツ作品にはこのエネルギーが満ち溢れていたように思えます。

単純にエンターテインメントとしての小説世界を楽しみたい、という人には絶対お勧めの一冊です。