雑司ケ谷R.I.P.

“雑司ヶ谷の妖怪”こと、泰幸会教祖・大河内泰が死んだ。享年102。葬儀に参列するため中国から帰国した俺を待っていたのは、ババアが書き残した謎の遺書。教祖のイスと莫大な財産は俺の父親に譲るというが、親父ならとっくに死んでいる。ババアの魂胆は何か?初代教祖の戦前戦後の過去と、二代目就任をめぐる抗争劇の現代が交錯する、衝撃の問題作「雑司ヶ谷」シリーズ第二弾。(「BOOK」データベースより)

前作『さらば雑司ヶ谷』の続編です。一言で言って、残念ながら、私の好みには合わない作品でした。

勿論、と言っていいものかわかりませんが、本書も前作と同じように多数の作品へのオマージュ、パロディ、引用等に満ちていると思われますが、読み手の私が元ネタがさっぱりわからないのです。本書を読みこなす知識などを含めた読み手の力量が無ければ、この本の良さは分からない、というところなのでしょう。

本書は大河内太郎の現況を挟みながら大河内泰の生涯をたどる全四部の物語になっています。

第一部は、泰が泰幸会を作り上げるまで。第二部は、太郎を殺そうとする石田吉蔵という男を中心とする現代の描写がメインで、第三部は、泰幸会は権力の頂点に立ちますが、孤独の中で生きる泰が描かれます。第四部は「アイ・アム・ザ・レザレクション」と題され、泰と太郎の親子の関係が描かれ、そして終幕へと向かうのです。

本書を読んで感じた拒否感の一番は、物語全体を貫く、主人公たちの歴史への絡み方の薄さでしょうか。大河内泰の苦労の描写はあっても、のし上がった大河内泰に時の権力者たちが媚びる、というだけに終始しています。

加えて、特にその第二部に登場する石田吉蔵というキャラクターに対する違和感がありました。あの格闘技漫画『グラップラー刃牙』に出てくる一国の軍隊よりも強い男である範馬勇次郎という人物を思わせるキャラクターで、ミサイルを撃ち込んでも死にません。その存在自体が違和感満載なのです。

強いて本書の魅力を挙げるとするならば、昭和の戦後裏面史とでも言うべき物語の流れの中、大きな出来事に大河内泰を絡めて語っていることでしょうか。でも、その点でさえ伝奇小説としては読めない流れなので心に残りませんでした。本来であれば、それなりに面白さを感じ取っても良い設定のはずですが、細かな歴史的事実の積み重ねの上に虚構を重ねるという伝奇小説としての手続きが無いので、真実味を書いた嘘話に終始してしまいました。

それこそが著者の狙いなのでしょうが、いかんせんパスティーシュ・オマージュの元がわからない私には受け入れられませんでした。

当たり前のことですが、本書をとても面白いと評価する方もおられます。ことの善しあしは別として、物語としてはきちんと書き込みをしてあるので、読み手によっては行間をも読みとる力量を持った方には面白いものだと思われます。

ただ、私にとっては感覚に合わないのです。前作はまだ許容する余裕がありましたが、本作は受け付けませんでした。

「お金を払って読んでくれた人こそ読者です」とはっきりというこの作者は、本書の最後に「公立図書館のみなさまへ この本は、著作者の希望により2011年8月25日まで、貸し出しを猶予していただくようお願い申し上げます。」というお願いを掲載しています。本書は2011年2月25日の出版なので、半年の間、貸し出しを待ってもらえないかという図書館に対する作者のお願いですね。個人的には、この主張自体には諸手を挙げて賛成したいところです。

図書館による新刊の貸し出しと新刊書の売れ行きとの間の因果関係についてきちんと検証されたことがあるのか私は知りませんが、全国の図書館の数は4,741館だそうなので(日本著者販促センター : 参照 )、相当数がタダで読まれていることは想像できます。

この点、有川浩氏が「町の書店さんが次々に姿を消し、出版不況が叫ばれて久しい時代に『本を買う』意味」について書いておられます。言っていることは直接的には異なりますが、本が売れないことによる業界の不振という点では同じことでしょう。( エンタメの未来が危ない!作家・有川浩が決意の緊急提言 現代ビジネス : 参照 )

出版文化も含めたエンタメ文化の衰退を防ぐためにも、あらためて考えることが必要でしょうね。でも、もっぱら図書館を利用している私が言うべきことではないですね。

さらば雑司ケ谷

中国から久しぶりに戻った俺を出迎えた友の死。東京、雑司ヶ谷。大都会に隣接するこの下町で俺は歪んだ青春を送った。町を支配する宗教団体、中国マフィア、耳のない男…狂いきったこのファックな人生に、天誅を喰らわせてやる。エロスとバイオレンスが炸裂し、タランティーノを彷彿とさせる引用に満ちた21世紀最強の問題作、ついに文庫化。脳天、撃ち抜かれます。(「BOOK」データベースより)

日本のクエンティン・タランティーノという紹介文に惹かれ読んだのですが、とにかく「猥雑」という言葉が見事に当てはまる、漫画としか言いようがない作品でした。

池袋の東南に位置する町「雑司ヶ谷」。早稲田大学、学習院大学、日本女子大目白キャンパスからほど近くのこの町を支配しているのが大河内太郎の祖母でもある大河内泰です。この町が池袋を根城にするヤクザ達も決して足を踏み入れようとはしない町だというのです。

大河内太郎は中国から5年ぶりにこの雑司ケ谷に帰ってきます。しかし、親友の京介は既に死に、代わりに、京介に耳を引き裂かれた男である芳一がこの町のワルを束ねているのでした。太郎は、祖母の大河内泰から豪雨で5人が死亡した事故の裏を探るように命令され、そして太郎の中国行きの原因を作った男でもある芳一と対決することになるのです。

「エロスとバイオレンスが炸裂し、タランティーノを彷彿とさせる引用に満ちた21世紀最強の問題作」。これは、本書の惹句の一部です。「21世紀最強」かどうかは判りませんが、「エロスとバイオレンスが炸裂」しているのは間違いありません。それも、ストーリーそのものは奇想天外と言うほかなく、その文章は言葉の選択も含め、独特に過ぎます。

難解で「エロスとバイオレンス」に満ちている、という点では、 花村萬月という作家を思い出します。この作家の作品を一つだけ取り上げてみるとすれば、『ゲルマニウムの夜』という作品になるでしょう。この物語は、主人公が保護されている教護院の中での、主人公によって振るわれる暴力や性行為を露骨に描写した作品で、芥川賞を受賞しています。エンターテインメント作品としての要素が色濃い本作『さらば雑司ケ谷』とは、同じエロスとバイオレンスとは言っても、主人公の内面の掘り下げ方が全く異なると言えるでしょうか。

本作と同様なエンターテインメント作品の延長上には 中島らもガダラの豚という作品があります。その荒唐無稽さ、物語の持つ雰囲気においてどこか共通するものを感じました。

この作品の一番の特徴は、先の惹句にもあるように「引用に満ちた」物語だということでしょう。本書(文庫版)の巻末に、「この小説は文中に表記した以外にも、以下の人物と作品へのオマージュ、霊感、意匠、影響、引用、パスティーシュで構成しているところがあります。」とあり、更にあとがきの町山智浩氏の言う数値によると「約60余」もあるネタ元を挙げてあるように、あちこちの作品のつぎはぎでできている物語なのです。

つぎはぎとは言っても、単純に文言をつないでいるだけでないことは勿論で、この作者の持つ独特な言葉のセンスとストーリーの運びを、尊敬する他の作品からの引用で構成しているということです。

ただ、私はタランティーノも好きで殆どの映画は見ているつもりなのですが、特定の場面など分かる筈もありません。また『人間交差点』『グラップラー刃牙』『北斗の拳』といったコミックなどもネタ元になっているのですが、それも引用部分は不明です。

蛇足ながら、『笑っていいとも』のテレフォンショッキングに歌手の小沢健二が来たときのタモリの「小沢健二論」についての描写の部分が、かなり評判を読んだようです。著者本人にもインパクトが強かったからこそ、本筋とは無関係に挿入したのでしょうが、この著者の手で、別途『タモリ論』という作品が出版されていて、評価が高いそうです。