不夜城 [DVD]

馳星周原作のベストセラー小説をリー・チーガイ監督、金城武主演で映画化した、新宿歌舞伎町にうごめくマフィアの対立抗争を描いたハードボイルド・アクション。(「Oricon」データベースより)

マンゴーレイン

「雨期の訪れを告げる夕立」のことをマンゴーレインという、と本文中にありました。

タイで生まれ育った日本人、十河(そごう)将人は幼馴染の富生から女をシンガポールまで運ぶという仕事の依頼を受ける。仏像をも持ちだそうとするその女は何者かの執拗な追跡を受けるのだった。誰しもが「金」のためには何でもするという世界で彼らの行く先はどうなるのか。

本書は、ハードボイルドの定義にもかかわってくるのですが、ハードボイルドというよりも冒険小説と言った方が良いでしょう。主人公の行動の客観的な描写という点ではそうかもしれませんが、主人公個人に対するこだわりよりも物語性に重きが置かれている感じがするからです。

骨太の、読み応えのある作品とは感じるのですが、何故か作品に距離を置いてしまいます。

軽くは読めません。そうではなく、きちんと書き込まれたノワールものが好きな人にはもってこいの作品ではないでしょうか。

古書しか見当たりません。電子書籍ならあるのですが・・・。

不夜城

劉健一は歌舞伎町の中国系やくざの世界で生きていたのだが、かつての相棒呉富春が新宿に帰ってきたことにより、中国系やくざとの抗争が始まる。

これまでの日本やくざとの戦いという枠からはみ出した設定や、登場人物の徹底して情を排した生きざまなど、新感覚のハードボイルドと言われることの多い作家です。

でも、確かに新宿の裏社会を描き中国語が飛び交うという新しい設定ではあるのですが、どちらかと言うと、船戸与一などの雰囲気を感じました。理由は良く分からないのですが、それは書きこまれた描写よるものなのでしょう。

この作品はそれなりに引き込まれて読んだ筈なのですが、何故か次の作品を続けて読もうとはしませんでした。やはり、相性が今一つだったとしか考えられません。

暗いトーンで人間の負の部分を描き出します。重苦しいとまでは言いませんが、明るいタッチを好む方には向きません。でも、人間の負の側面であってもじっくりと読み込もうという方は虜になるかもしれません。