武曲(むこく)

羽田融はヒップホップに夢中な北鎌倉学院高校二年生。矢田部研吾はアルコール依存症で失職、今は警備員をしながら同校剣道部のコーチを務める。友人に道場に引っ張られ、渋々竹刀を握った融の姿に、研吾は「殺人刀」の遣い手と懼れられた父・将造と同じ天性の剣士を見た。剣豪小説の新時代を切り拓いた傑作。

どこかで剣道をテーマにした青春小説、という解説を見ていたので、誉田哲也の「武士道シリーズ」のような青春小説の男子版という感覚で読み始めたところ、全く異なる物語でした。

北鎌倉学院高校に通いラップ命と公言する羽田融(はだとおる)は、剣道部の上級生とのトラブルから防具をつけて試合をすることとなります。そこ折に、剣道部のコーチの矢田部研吾からたまたま一本を取ってしまいます。矢田部は羽田融に剣の才能を見出し、剣道を続けさせることになるのです。

この物語はエンターテインメント小説ではありません。どちらかというとコーチの矢田部研吾という人間の苦悩を描きたかったのではないかと思うほどに、矢田部研吾の心の裡にこれでもかと迫っていきます。

矢田部研吾の父矢田部将造は剣を殺人の道具として捉えている人で、研吾との立ち会いの結果、植物人間となっています。一方、そうした事情もあってか研吾はアル中になり、剣の達人でもある光邑禅師に助けられ、剣道部のコーチとしているのです。

こうした事情を抱える矢田部研吾の内面の描写は、鬼気迫るものがあります。藤沢周という作家の本質が出ているのでしょう。気楽な気持ちで読み始めると少々思惑違いになります。

また、光邑禅師の存在は、研吾や羽田融にとって重要な役割を果たしていて、この物語に一段と深みを加えているようです。

羽田融は剣の道にラップと同じように自分を表現する道を見出し、のめり込んでいきます。この羽田融を描いている面では青春小説的な側面もあるのですが、より内心に踏み込んだ描写が為されていて、コーチである研吾との交流の場面は凄まじいものがあります。

研吾は、羽田融の中にこの父と同じ「殺人剣」を見、更に深くかかわっていくのです。

本の紹介に「超純文学」という言葉を使ってありました。造語でしょうが、本書の特徴をよく捉えた紹介文だと思うようになりました。単なるエンターテインメントではないこの物語は気楽に読める本ではありませんし、剣道をかじったことがあるという、剣道の入り口に立っただけの私には分かりにくい描写もありましたが、それでもなお奇妙に魅かれる本でもあります。

この映画のためかは分かりませんが、『武曲II』という作品が書かれているようです。ただ、「第二弾」とあるだけで中身に関しては情報がありません。

主演・綾野剛で映画化! 青春武道小説、待望の第二弾! 恐るべき剣の才能を持つラップ少年の羽田融。 高校三年生の冬の陣。 恋と、受験と、さらなる剣の高みへ。 壮絶な果たし合いを経てさらに激しい運命が……。

という惹句があるようです。早めに読みたいものです。

蛇足ながら、本書『武曲(むこく)』が映画化されるという話をネットで見つけました。
綾野剛、芥川賞作家原作『武曲』映画化で主演 宿命の相手役に村上虹郎

どんな映画になるのでしょう。今から楽しみですが、本書の谷田部の苦悩などがどれだけ表現できるか、剣道の場面はどうなのか、等々若干の不安はありますね。