月村 了衛

イラスト1
Pocket

文庫

早川書房

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上 (ハヤカワ文庫JA) [ 月村 了衛 ] へ。


軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織IRFによるイギリス高官暗殺計画を掴んだ。だが、不可解な捜査中止命令がくだる。首相官邸、警察庁、外務省に加えて中国黒社会との暗闘の果てに、特捜部が契約する“傭兵”ライザ・ラードナー警部の凄絶な過去が浮かび上がる!極限までに進化した、今世紀最高峰の警察小説シリーズ第二作が、大幅に加筆された完全版として登場。( 上巻 :「BOOK」データベースより)

ライザ・ラードナー、警視庁特捜部付警部にして、元テロリスト。自らの犯した罪ゆえに、彼女は祖国を離れ、永遠の裏切り者となった。英国高官暗殺と同時に彼女の処刑を狙うIRFには“第三の目的”があるという。特捜部の必死の捜査も虚しく、国家を越える憎悪の闇が見せる最後の顔。自縄自縛の運命の罠にライザはあえてその身を投じる…過去と現在の怨念が狂おしく交錯する“至近未来”の警察小説第二弾。( 下巻 :「BOOK」データベースより)

 

機龍警察シリーズの二作目です。本書では「龍機兵(ドラグーン)」の操縦者の一人、IRAのテロリストであった過去を持つ、ライザ・ラードナーに焦点が当てられています。

 

鶴見署の刑事は横浜港大黒埠頭で作業中の男に職務質問をかけた。声をかけられた男は懐から取り出した軽機関銃で、一瞬のうちに刑事らを射殺し、コンテナ船に閉じこもった末に自殺してしまう。

そのコンテナ船に格納してあったのは、組み立てのおわった完成形態の機甲兵装、通称キモノであり、日本国内ので大規模なテロが計画されている可能性があるため、警視庁特捜部がその捜査を担当することとなった。

 

本書は、文庫本で上下二巻、頁数で六百七十頁を越える長編です。その半分をライザ・ラードナーの物語に費やしています。ライザの暗く、悲惨な過去を語ると同時に、何故IRAを離脱したのか、何故自ら死を選ばないのかの答えが明らかにされます。

また、龍機兵の操縦者として外部の者を入れた訳や、鈴石緑技術主任とライザとの関係も示されます。

 

本書は第一作に比べ更にパワーアップしているかに感じました。第一作で感じた情緒過多とも言える文章は変わらないのですが、前作同様にあまり邪魔にはなりません。それよりも、舞台となるIRAの描写や、現代での警察組織や政府高官たちの描写はリアリティを持って迫ってきます。

何よりもアクションシーンの描写は秀逸です。特に終盤にかけての場面はどんどん引き込まれてしまいます。

私がSF好きでコミック好きであるために、本書のような作品はより好みなのでしょうが、アクション小説が好みであれば是非一読してもらいたい小説です。

[投稿日]2015年04月14日  [最終更新日]2019年1月30日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です