辻堂 魁

読売屋天一郎シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 向島綺譚 読売屋天一郎4 長編時代小説 (光文社文庫) [ 辻堂魁 ] へ。


旗本の息子ながら読売屋“末成り屋”の主となった水月天一郎の元に、向島で無理心中があったとの報せが入る。心中したのは、両替商の手代と御家人の娘。調べ始めた天一郎の脳裏に疑念が浮かぶ。なぜ二人は心中をしなければならなかったのか。謎を追う天一郎たちに刺客が迫る。人気急上昇中の著者、渾身の痛快シリーズ第四弾。正義の筆と華麗なる剣が「悪」を断つ!(「BOOK」データベースより)

 

読売屋天一郎シリーズ第四巻の長編痛快時代小説です。

 

末成り屋の彫りと摺りの担当である鍬形三流に縁談が起こります。相手は同じ御家人である小普請役の市川繁一の娘で春世といいました。

その話は去年断っていたのですが、本多家は金貸しもしていた市川家に借金があるらしく、先方には伝えてありませんでした。

ところが、その春世が両替商真円屋手代の充治と心中をしてしまいます。しかし、その直前、森多座の新春狂言の舞台を見に行っていた美鶴らは春世とその接待役の充治を姿を見ていたのですが、とても心中をしそうには見えなかったというのです。

後日、天一郎のもとに市川繁一夫妻がやってきて、春世と充治が心中するはずがなく、春世の死の真相を探ってほしいというのでした。

一方、三流のもとには、共に暮らしているお佳枝の元の亭主だという十三蔵という男が帰ってきたのでした。

 

木更津の傀儡子との異名を持つ殺し屋一味と、天一郎らとの対決、という図式だと一応は言える物語だと思います。その実、仲間の一人である三流をめぐる話になっています。

つまり、三流こと本多広之進の実家の本多家や、三流の現在の家であるお佳枝と倅の桃吉との家族の話が人情味豊かに語られることになるのです。

 

辻堂魁という作者のこの『読売屋天一郎シリーズ』は、「悪」の一味と、それに対する「正義」の末成り屋という痛快小説の勧善懲悪形式のパターンを踏襲しています。

しかし、シリーズ全体を通しての美鶴との話や、それぞれの話ごとに凝らしてある趣向など、ネタ切れしないのかと心配になるほどに各話がよく練られた話として成立しています。

本書にしても、三流の実家と現在の家族との話に加え、シリーズ全体を通しての天一郎と、姫路酒井家江戸家老・壬生左衛門之丞の一人娘である壬生美鶴との話があります。

また壬生左衛門之丞とその相談役の島本文左衛門との会話、それに天一郎との対面の場面などが挟まれたりもして、シリーズ全体としての物語の進行に花が添えられているのです。

 

本書はさらに、今度は和助こと蕪城和助に何らかの問題が発生しそうな雰囲気を残したまま、物語は終わります。

こういう終わり方をする以上、続きを読まないわけにはいかないでしょう。もちろん、こうした終わり方でなくても続編を読むとは思いますが
・・・。

[投稿日]2019年07月28日  [最終更新日]2019年7月28日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

吉原御免状 ( 隆慶一郎 )
色里吉原を舞台に神君徳川家康が書いたといわれる神君御免状を巡り、宮本武蔵に肥後で鍛えられた松永誠一郎が、裏柳生を相手に活躍する波乱万丈の物語です。
鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
言わずと知れた名作中の名作です。
用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )
藩内の抗争に巻き込まれた青江又八郎という浪人者の用心棒としての日常を描いてあります。一巻目では赤穂浪士に関わり、二巻目以降は藩の実権を握ろうとする一派の企みを阻止ずべく、用心棒稼業のかたわら、放たれた刺客と闘う姿が描かれます。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・。
剣客春秋シリーズ ( 鳥羽 亮 )
剣術道場主の千坂藤兵衛とその娘里美、その恋人彦四郎を中心に、親子、そして若者らの日常を描きながら物語は進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です