辻堂 魁

花川戸町自身番日記シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 女房を娶らば 花川戸町自身番日記2 (二見時代小説文庫) [ 辻堂魁 ] へ。


南町奉行所の端女お志奈が浅草花川戸町の裏店に帰ると、定職をもたない一つ歳下の亭主三太郎が、なぜか旅支度中で、他国に行こうという。前夜に近くの渡しで追剥ぎ騒動があったばかり…。と、戸が激しく音をたて、悪相の用心棒らがどっと入ってきて、三太郎を引きたてていった。残された若い女房お志奈は…。(「BOOK」データベースより)

 

「花川戸町自身番日記シリーズ」の第二巻となる長編の人情時代小説です。

本書もまた、前巻と同様に切なさに満ちた物語となっていて、物語の展開も私好みの話になっていました。

 

本書は目次こそ「第一話」として短編のような印象ですが、第一巻とは異なり短編集ではなく一編の長編小説でした。

第一話「ろくでなし」は三太郎というろくでもない男の話であり、第二話「無謀」は三太郎の健気な若妻のお志奈が巻き起こした事件を中心とした話、第三話の「国士無双」は槍の名手と称えられた小田切常敏とその妻の須磨という食い詰め浪人夫婦の物語だと一応は言えても、少々無理を感じます。

第四話「のるかそるか」は、これまでの話の総まとめのクライマックスとなる物語であって、全体として一編の長編というしかありません。

 

本書では三組の夫婦の物語が語られていると言えそうです。

女房の願いを裏切り続ける三太郎と、その三太郎のために思い切った行動をとる健気なお志奈の切なさに満ちた話がまずあります。

それに、駆け落ちはしたものの夫は病に倒れて日々の暮らしにも事欠き、妻は女郎になってしまう夫婦の話があります。

そしてもう一組、南町奉行と公家筋のお姫様育ちという後添えの奥方である瑞江の話も先の二人に絡んできて、三組の夫婦の物語ともいえそうです。

話のメインはこの三組の夫婦の女たちです。そこに、花川戸自身番の書き役である可一や第一巻にも登場した手習いの師匠をしている高杉哲太郎、それに南町奉行所定町廻り方同心の羽曳甚九郎という男どもが振り回されるのです。

 

丙寅の火事によって父親を亡くしたお志奈は母親と共に花川戸に越してきて、可一を兄さんと慕っていました。

ところがそのお志奈が、やはりどうしようもない父親に捨てられ一人になり、悪さばかりして町内の鼻つまみ者になっていた三太郎と所帯を持ったのです。

その三太郎が更なる悪事を引き起こし、命を取られそうになったために、予想外の行動をとるお志奈でした。

 

こうしてお志奈と瑞江にとって少々都合のいい話が展開します。しかし、そうしたご都合主義的な話の進行もそれほど気にならずに読み進めることができるのは辻堂魁という作者の語り口の上手さでしょうか。

クライマックスも、その大仕掛けな捕物のありようもさることながら、結末も意外な様相を見せる展開となり、読み手の心情も納得させるうまい終わり方になっています。

 

冒頭に述べたように、全体的に切なさが漂う雰囲気ですが、それは辻堂魁という作者の紡ぎ出す物語の一つの特徴だとも言え、個人的には非常に好ましく、私の波長にあった物語となっている作品でした。

ただ、この作品のあとがなぜか書かれていないのです。せっかく面白いシリーズとして展開しているのですから続編が書かれることを期待したいと思います。

[投稿日]2019年12月04日  [最終更新日]2019年12月4日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

あきない世傳金と銀 シリーズ ( 高田 郁 )
高田郁著の『あきない世傳金と銀 シリーズ』は、大坂の呉服商を舞台にした一人の少女の成長譚です。武庫川河口域の津門村で、学者であった父の庇護のもとに育った幸でしたが、享保の大飢饉で兄を、続いて疫病で父を亡くし、九歳で大坂天満の呉服商「五鈴屋」へ女衆として奉公に出ることになるのでした。
濱次シリーズ ( 田牧 大和 )
梅村濱次という歌舞伎の中二階女形を主人公にした作品です。軽く読めるのですが、それでいて舞台小屋の小粋な雰囲気が全編を貫いている、人情小説といえると思います。ミステリー性はあまりありません。
鯖猫長屋ふしぎ草紙シリーズ ( 田牧 大和 )
なんとも不思議な力を持つ三毛猫を陰の主人公とした、連作短編の人情小説です。丹地陽子さんがカバーに描いたサバの凛々しい姿に、一目ぼれすること間違いなしの、猫小説です。
銀の猫 ( 朝井 まかて )
身内に代わって年寄りの介抱を助ける奉公人である介抱人のお咲は、自分の容姿を気にかけることしかしない母親に頭を悩ませながらも、年寄りの介抱に精を出す日々でした。
善人長屋 ( 西條 奈加 )
『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した著者の、人情味にあふれた連作の時代短編小説集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です