鈴木 英治

口入屋用心棒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 口入屋用心棒 御内儀の業(43) [ 鈴木英治 ] へ。


南町奉行所与力・荒俣土岐之助を突如、頭巾の侍が襲った。辛くも難を逃れた土岐之助は、襲撃者をかつて“人頭税導入”に絡んで因縁が生じた、前南町奉行・朝山越前守と見て取った。配下の同心・樺山富士太郎と女丈夫の奥方・菫子の奮闘が始まる!大好評シリーズ、待望の第43弾!(「BOOK」データベースより)

 

口入屋用心棒シリーズの四十三弾の長編痛快時代小説です。

 

富士太郎は、庄之助に殺された岡っ引の金之丞の下っ引だった伊助の迎えで寒い朝から殺しの現場へと向かった。

殺されたのは養吉というヤクザの嫌われ者だったが、すぐに元大工の棟梁だった源市という男が浮かび捕縛する。しかし、源市は捕縛の際も、また入牢の際もまた笑みすら浮かべていたのだった。

荒俣土岐之介は、井倉家用人の村上孫之丞から、井倉下野守宛に「人頭税を確実に実行せよ」との文が届いたことを聞いた。

しかし、その帰りに、荒俣土岐之介は朝山越前守と思われる人物から斬りかかられるが、住吉のおかげで何とかその場を逃れることが出来たのだった。

奉行は富士太郎に荒俣の陰警護をつけるように命じ、結局左之助が警護をすることになる。

一方荒俣は、一昨日に富士太郎が捕らえた源市が吟味方与力の岩末長兵衛によって解き放ちになっていることに気付くのだった。

 

今回の話はこのシリーズには珍しく、富士太郎の上司である荒俣土岐之介と、その妻の菫子を中心とした話になっています。

荒俣が何者かに襲われたため、左之助が荒俣の陰警護を願うことになります。その際、荒俣土岐之介の妻の菫子が薙刀の遣い手であり、夫の警護まで任せておけるほどのものであることが判明するのです。

 

荒俣土岐之介を狙う朝山越前守のいう「人頭税」とは、「納税能力に関係なく、全ての国民1人につき一定額を課す税金」のことを言うそうです( ウィキペディア : 参照 )。

本書でも、荒俣土岐之介の上司でもある南町奉行曲田伊予守などは、朝山のいう「人頭税」は公儀の要人にごまをするだけのために話を持ち出したに過ぎないのであり、庶民のためになるはずもなく、悪法でしかない、と言い切るほどです。

 

そもそも、「人頭税」を持ち出し、その後職を辞する頃の朝山は常軌を逸しており、心を病んでいるとしか思えなかったのでした。

この設定自体、荒俣土岐之介を守るべき状況を作り出すためのものでしょうから、朝山越前守の人物設定もあまり丁寧にできているとは思えません。

多分ですが、作者は菫子の薙刀の腕を物語の舞台にあげることによって、このシリーズの今後の展開に、具体的には左之助の剣の修行に役立つ相手として登場させたのではないかと思われます。

ですから菫子本人のことについてはまだあまり詳しくは描かれてはいません。

それでも、荒俣土岐之介の妻女であり、薙刀の遣い手であって、気が強く、武士の妻はあっても鈴木作品らしく夫のことは心から慕っていることは分かります。

今回は直之進はほとんど出てきません。出てはくるのですが、すぐにいなくなり、左之助と菫子の活躍の場面になるのです。

 

これだけ長いシリーズになるとなかなかにストーリーを考えるのも大変だとは思いますが、薙刀の遣い手の登場とは意外でした。読み手としては大いに期待したいと思います。

[投稿日]2019年05月27日  [最終更新日]2019年5月27日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

羽州ぼろ鳶組シリーズ ( 今村 翔吾 )
江戸の火消しを主人公に、「一度輝きを喪った者たちの再起と再生」を描いた長編の痛快時代小説です。かつて江戸随一の火消として、"火喰鳥"の名を馳せた男・松永源吾。しかし、ある一件の火事をきっかけに、定火消を辞し浪人として不遇をかこつ日々を送っていた。
剣客商売 ( 池波 正太郎 )
老剣客の秋山小兵衛を中心として、後添いのおはるや息子の大治郎、その妻女剣客の佐々木三冬らが活躍する、池波正太郎の代表作の一つと言われる痛快時代小説です。
夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
獄医立花登手控え ( 藤沢周平 )
羽後亀沢藩の医学所で医学を修め、叔父小牧玄庵を頼り、三年前に江戸に出てきた二十二歳の若者の立花登を主人公とする、連作の短編時代小説集です。叔父の代診で牢屋敷に通うなかで、牢内の様々な科人と触れ合い人間的にも成長していく登の姿が描かれています。
吉原裏同心シリーズ ( 佐伯 泰英 )
薩摩示現流の達人である主人公が、吉原の用心棒として、幕府中核の大物を相手に戦いを繰り広げる、痛快時代小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です